【サイトマップ】おすすめ記事一覧
髪知識

カルシウムは健康的な髪を育てるためにも欠かせない栄養

カルシウムって髪にはあまり関係がないって思っていませんか?カルシウム自体とても身体に良いものは一般常識ですが、髪に良いことを知らない方が多いため積極的に摂取させないことが多いのです。

子供の時は「カルシウムをとらないと大きくなれない」と言って摂取することはあっても、成人してからは摂取する機会は減ります。しかし実は成人してからもカルシウムってとても大切なのです。

今回は、健康的な髪を育てるためにも欠かせないカルシウムについて紹介していきたいと思います。

カルシウムとは?

「カルシウムは、骨や歯の材料である」そう思ってはいませんか?実はそれだけではありません。カルシウムはすべての生命活動の中心的役割を果たしているミネラルなのです。

体内で重要な働きをするカルシウムは、骨にしっかり貯蔵されています。そして例えカルシウムを長い間食べなかったとしても、骨を溶かしてまでも濃度を保とうとする機能が人間にはあります。

カルシウムはからだの中で最も多いミネラルとなっており、成人の場合では約1kgのカルシウムが存在するといわれ、そのうちの99%が骨や歯に、残りの1%が血液中や細胞に存在します。

体内のカルシウムの役割

  • 骨や歯の材料となる
  • イライラやストレスなどを静め、神経を安定させる
  • 筋肉(平滑筋を含む)の収縮に不可欠
  • 体内のイオンバランスを正常値に維持する
  • 体内の浸透圧を一定に保つ
  • 血液凝固促進作用
  • 心筋の機能を正常に保つ
  • 抗アレルギー作用

などなどさまざまな役割と効果があります。さらに1日のとるべき摂取量の基準についても。

カルシウムの食事摂取基準

 性別 男性 女性
 年齢 推奨量(mg) 推奨量(mg)
1〜2400400
3〜5600550
6〜7600550
8〜9650750
10〜11700700
12〜141000800
15〜17800650
18〜29800650
30〜49650650
50〜69700650
70以上700600

これを見ていただけたら分かるように成人男性は1日800mg、女性ならば650mgは必要となります。それ以下になるとどんどんカルシウム不足になるとされています。

これらを考えると、日ごろからカルシウムを多く含む食品を上手に取り入れなければいけません、牛乳や乳製品、海藻類、緑黄色野菜、ゴマなどがカルシウムを多く含みます。これと共にカルシウムの吸収を促進するビタミンDを多く含む食品を摂ることが大切です。

日本人はカルシウム不足

残念ながら、カルシウムは日本人に万年不足する栄養素となっています、カルシウム摂取量の平均は約500mg強となっていますが、上記の表にあるように不足していることがわかります。

これから見ると、平均500mgでは毎日150~300mgも足りないことになってしまいます。 生活習慣病予防のためにも、カルシウムは意識してしっかり摂りましょう。

髪にも良いとされるカルシウム

主にカルシウムが含まれる食材は牛乳、魚、チーズ、乳製品などがあります。カルシウムは人の成長に必要な必須ミネラルの1つです。体内のカルシウムは骨や歯に生成にされ残りの1%は血液中に存在し体を循環しているのです。

ちなみにカルシウムが不足すると、体内を循環するカルシウムは神経情報の伝達(筋肉の伸縮や脳への指令など)、人の体をスムーズに動かすために使われています。血液中のカルシウムが不足すると神経伝達が上手くいかずイライラしたり情緒不安定になるなど精神疾患を発症させる原因になります。

抜毛を防ぐにはカルシウムが大切

抜け毛予防のために、さまざまな成分を気にかけて取っている方は多いと思いますが、カルシウムが髪に良いというのは知らないために、積極的にカルシウムを摂っているという方は少ないのですが、とても大切な栄養素になります。

カルシウム不足だとどうして抜毛になるのか?

よくカルシウムが不足するとイライラしてしまうと言われますが、それは脳の神経細胞の働きが低下していることが原因といわれています。

髪の元である毛母細胞は、言い換えれば神経細胞が神経線維束として頭皮上に排出されたようなものであるため、カルシウムが不足すると、髪の土台である頭皮が不健康になり、髪が抜ける現象が起こってしまいます。

また、イライラやストレスなどのメンタルの変化は、抜毛の原因ともなるためカルシウム不足は避けるべきなのです。

まとめ

カルシウムといえば、牛乳を飲めば手っ取り早いのでは?と思う方もいらっしゃることでしょう。

しかし、じつは牛乳は、カルシウム源として適切な飲み物ではないのです、確かに牛乳にはカルシウムが多く含まれているのですが、体に吸収される量は極めて少量でほとんどが体外に排出されてしまうと言われています。

つまり効率よくカルシウムを取り込むには、牛乳だけでなく食事でのカルシウム摂取を心がけていきましょう。その他にも亜鉛にはカルシウムを含む食材が多く、ビタミンDはカルシウムの吸収を促進する効果もあるのでこれらとも組み合わせるのもおすすめです。

関連記事>>>【7種類の髪に良い食物】美容師が薄毛や白髪の対策に良い食材まとめてみた

7種類の「髪に良い食物」|美容師が薄毛や白髪に良い食材をまとめてみた 髪にとっての栄養とは「血液」です。 心臓がポンプの役割とし、血液を身体に流します。 髪にとっても同じことです。 ...

ぜひ、参考に。

ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。