美容師おすすめのヘアケアセット

【ヘアドネーションの教科書】美容師が教える長さ・条件・方法・切り方の全まとめ

【ヘアドネーションの教科書】美容師が教える長さ・条件・方法・切り方の全まとめ

ヘアドネーションの条件や方法を知りたい!

髪も長いし、自分の髪を誰かの役に立てたい!!

こういった初心者の方にも分かる内容にしています。

この記事の内容

ヘアドネーションの内容、方法、条件などの解説

あなたは「ヘアドネーション」は知っていますか?

ヘアドネーションとは、髪を寄付できるボランティア活動のことをです。

最近では、メディアやSNSのおかげで、だんだんと認知度が上がってきていますが、まだまだ知らない方も多いのが当記事を書くキッカケになりました。

これまで、さまざまなヘアドネーションのヘアカットを担当させていただいた経験を活かして、ヘアドネーションや、調べただけではわからないことも紹介させていただきたいと思います。

一人でも多くの方がヘアドネーションへの理解や興味を持っていただいて、参加してくださるように、当記事ではヘアドネーションの長さ・条件・方法・切り方を分かりやすくお話していきます。

この記事で分かること

  • ヘアドネーションについて
  • 条件・切り方・方法など
  • 美容師目線でのアドバイスなど

「ヘアドネーション」について

【ヘアドネーションの教科書】美容師が教える長さ・条件・方法・切り方の全まとめ

 きし
まずは、ヘアドネーションについて分かりやすくお話します。

つま

ヘアドネーションは、NPO法人が主体となって髪をボランティアする素晴らしい活動です。

まずは「ヘアドネーション」について分かりやすくお話します。

  • ヘア→『髪』
  • ドネーション→『寄付』

通常のヘアカットでは、美容室でカットしカットした後の髪は産業廃棄物として処理されます。しかし小児がんや無毛症などの病気を抱える子どもたちや、事故などで髪の毛を失ってしまった子どもたちは、 医療用のウィッグが必要になります。

子ども用のかつらやウィッグなどは、サイズやデザインもバリエーションが少なく帽子を被ったりして隠す手段しかないのが現状なのです。

MEMO

人工毛のウィッグよりも、人毛でのウィッグが高級で人毛でつくるフルウィッグはとても高価となり、医療用ウィッグを求めている子どもたち全員が手にするのは難しい。

 

髪で繋がる「社会貢献活動」と「医療用ウィッグの認知」が目的

 きし
へアドネーションとはプロジェクトにはウィッグを必要とする子供たちと誰かの為に役立ちたい人を「ヘアドネーション(髪の寄付)」によって繋げたい、というところからなっています。

そして、髪を寄付した一人一人のアクションが次の人へと繋がり、活動の輪が広がって欲しいという願いが込められているそうです。

また2人に1人がガンになるという時代に、医療用ウィッグの重要性と安心して使用できる品質のあり方を認知していただき、医療用ウィッグを必要とする人への理解と支え合う温かい社会作りを目指します。

日本では、まだあまり認知度の低い活動でしたが、 メディアや有名人のSNSによって 少しずつですが、日本にも浸透してきました。

人毛のフルウィッグは高級品となるためにショートウィッグでも5万円以上しますが、フルオーダーだと10~50万もするとのことらしいです。

また大人用のウィッグは市販品のバリエーションも多いのですが、子供には大きすぎます。大人用のかつらを無理に使って、ずれないようにテープなどで留めると皮膚がかぶれることもあります。

なにより思春期な時期に体に合わない装具を付けるのは、心身共に負担が大きくなります。しかしオーダーウィッグは高い。

そのため世界的に見てもヘアドネーション団体は小児用医療かつらのが中心という印象です。

“参考”

小児がんや無毛症、事故などで髪の毛を失ってしまった子ども達は、 医療用のウィッグが必要になります。

子ども用のかつらやウィッグはサイズやデザインもあまりなく、帽子を被るなどの対処しかできない場合もあります。 また、人工毛より人毛が好まれるものの、人毛のフルウィッグはとても高価で、医療用ウィッグを求めている子ども全てが手にできるものでもありません。

ヘアドネーションとは、人毛100%の医療用ウィッグを無償で提供するために髪の毛を寄付する活動を指します。

 

ヘアドネーションをするための「宛先・アクセス」など

【全ての宛先】

〒531−0072 大阪府大阪市北区豊崎3−8−18 Japan Hair Donation & Charity (ジャーダック・JHDAC)

【郵便物等の発送用電話番号】

050ー3357-3860 ※送り先番号明記専用の番号となっております。

お問合せの際のは下記メールアドレス宛に ご連絡いただきますようお願い申し上げます。

【お問合せ先】

info@jhdac.org

※お問い合わせいただく前に「よくあるご質問」など、 各ご案内ページをご確認いただきますよう、ご協力お願いいたします。

※子どもたちへのウィッグの出張採寸(土・日・祝日を利用) や、 各工場への出荷・入荷なども事務局のスタッフにて行っております。

また、現在多くのお問い合わせを頂いておりますため、 返信にお時間をいただく場合がございます。 あらかじめご了承くださいませ。

【アクセス】

大阪市営地下鉄 御堂筋線「中津」駅 南口④番出口より徒歩3分 阪急「梅田」駅 茶屋町口より徒歩6分

 

【次のページではドネーションのメリットや方法についてお話していきます】

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください