2017/09/22

【世界の子供達へ髪の寄付】ヘアードネーションとは素晴らしいプロジェクト!

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。


ヘアードネーションとは頭皮・頭髪に関わる何らかの病気が原因で髪の毛を失い、ウィッグを必要としている子ども達に、医療用ウィッグの原料となる毛髪を間接的に提供すること。
寄付された髪の毛は、当団体によって選別・加工の工程を繰り返したのち、ウィッグとして生まれ変わり、レシピエントの元に届けられています。
ウィッグを必要とする子供たちと誰かの為に役立ちたい人を『ヘアードネーション(髪の寄付)』によって繋げたい。

そして『髪』を寄付した一人一人のアクションが次の人へと『繋がり』活動の輪が広がって欲しいという願いが込められています。また2人に1人がガンになるという時代に、医療用ウィッグの重要性、安心して使用できる品質のあり方を認知していただき、医療用ウィッグを必要とする人への理解と支え合う温かい社会作りを目指します。

今回もまたヘアードネーションにご協力いただきました

サロンでは最年少になる高校生です、ほんとありがとうございます。

この後は責任をもってキレイな状態にさせていただきます。

ヘアードネーションは自分でされる方もいらっしゃいますが、その後のヘアスタイルのためには美容室でカットをすることをおすすめしています。

ヘアカット後

もっともっと拡散してほしい活動

このヘアードネーションという活動は、まだまだ認知度は低いものとなっています。それこそ若い方なんかは知らないということもよくあります、しかし美容師にとってはとても素晴らしいと感じる活動です。

なぜなら、ぼくたちは髪の大切をよく知っているからです。

ヘアスタイルが変わるだけで、見える世界も変わります、気持ちが変わります。今まで踏み出せなかった一歩が踏み出せるようになります、髪にはそれほどの大きな力が宿っています。

そんな子供たちのための活動です、もし何気なく切っていた髪があるのならぜひとも子供たちに髪を贈りましょう。

こちらの記事も良ければご参考ください。

協力よろしくおねがいします。

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.