2017/09/21

美容師も身体の「デトックス」が必要だと思う話

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

先日スタッフ(20歳)とランニングをしてきて「ヒー、ヒー」言わせてしまいました、その時に感じたことを色々と書いてみました。

やはり身体のデトックスは必要

20歳の男の子が「ランニングついていかせてください」というのでランニングを一緒にしました。

やはり室内の職業なために、身体には老廃物がどんどんと溜まっていきます。贅沢な悩みですが室内にいてるのであまり汗をかかずに(冷や汗はかきますが)身体の悪いものってとても溜まっていくと思います。

さらに紫外線を浴びないためにビタミンDが生成されずに、どんどんカルシウム不足になり不健康になります。だからやっぱりランニングとかスポーツ全般は大切です。

バカにされるおっさんになりたくない

美容師って結構インドア派な方も多く、出不精なども多いです。昔はサーファーとかチャラチャラしている人も多かったですが、最近はあまりそんな話は聞かないですね。

そうなってくると「動かないおっさん」じゃなくて「動けないおっさん」ってバカにされるだけになると思うんです。ぼくはそんなおっさんになりたくないなぁなんてことを考えます。

もちろん、開き直るのも個人の自由だとは思いますが、少なくともぼくはイヤかな。

美容師さんは、セミナーとか撮影とかレッスンとかサロンワーク後も何かとしなければいけないことが多くて大変だけどそれでもそればっかりよりもいいんじゃないかなぁ。

毎日10〜15㌔ほどランニングしています

自分のペースでゆったりと時間をかけて走ります。あいだで歩いたりして身体に負荷をかけすぎないようにして、しっかりと身体のデトックスをします。身体を壊したら仕事になりませんからね。

今回スタッフと走りましたが、こんなコミュニケーションもよいのかなと思いました。ちょっと「ヒー、ヒー」言わせてしまったので、もう少しペースを考えて走れたらいいなと。

美容師といえど身体は鍛えましょう。

こちらの記事も良ければご参考ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.