2017/09/22

ヘアカラーが上達するためには「楽しむこと」で見える世界が変わる。

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

ヘアカラーの技術が上達してまいりました。

中田さんのヘアカラー技術がメキメキと上達してまいりました、「さすがはスロウカラーだな」と感じるとこもありますが、それを使いこなしてきている感があるのはヘアカラー技術ではないでしょうか。

最近は知人や友人を積極的に招待し、アシスタントながらに接客と技術でキチンと料金をいただき、日々楽しく仕事をしているもうすでにプロですな〜。

「楽しむ」ということはとても大切だけど難しいこと

タイトルにもあるようにヘアカラーが上達するには、まずは「ヘアカラーを楽しむ」といったことで見える世界が変わります。しかしそんな楽しむことが口でいうのは簡単なことですが、いざやってみると難しいのです。

なぜ「楽しむ」ということが大切かと言うと・・お客さまとの気持ちを同じすることが大切なのです。

本来、ヘアカラーをしにご来店いただけるお客さまはワクワクした状態で来てくれます。「今日はどんな色になるかな?」「どんな色にしよう」大なり小なりあるものの、気持ちの昂ぶりはあるのです。

施術する美容師は少しでもそこの気持ちに近づけなければいけないのです、そうするおことで、一つ一つのカラーを大切に楽しくすることができます。

同じ気持ちにするということ。

とても大切なことではないでしょうか。

さぁ、楽しく仕事するぞ〜

こちらの記事も良ければご参考ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.