お酒が髪に与える影響は!?アルコールの飲酒は髪に悪いのか解説!

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

「酒は百薬の長」ということわざがあります、医者も「ほどほどの飲酒であればストレスを解消し身体にもいいですよ」というな情報もたくさんあります。

しかし、適度な飲酒のおかげで健康になるという見方も、原因と結果を取り違えていて健康だからお酒を飲めるわけで、その逆では決してありません。

今回は、お酒が髪に与える影響について、アルコールの飲酒は髪には悪いのかを解説していきます。

そもそもお酒は髪にダメなのか?

上記にもあるように「酒は百薬の長」というわれるぐらいですが、髪にとってはどうなのでしょうか?そもそもですが、髪が生えるためには頭皮の血行によって髪に必要な栄養素を行き届かせることが大切です。

実はお酒も血液循環を助ける作用があります。お酒を飲むと顔が赤くなるのはそのためであり、お酒が頭皮の血流を促進してくれる役割を果たします。

さらに飲酒のメリットとしてもう1つ挙げられるのが、ストレス解消に役立つということです。過度なストレスや慢性的なストレスは血液の循環を滞らせ、髪の成長に必要な栄養素が行き届かなくなってしまいます。またストレスによって引き起こされる睡眠不足なども育毛に必要な成長ホルモンの分泌が阻害され、薄毛を引き起こす恐れがあります。

このようなストレスを軽減してくれる手段の1つとしては、適度なアルコールの飲酒というのは大きな役割を果たしてくれます。

過度なアルコール飲酒が髪に悪いということ


しかし、適度であれば良い飲酒も過度なアルコール飲酒になると大きく変わり、身体にも髪にも悪いものになります。

まず、大量の飲酒は肝臓に悪影響を与えます。悪影響というのは肝臓を弱らせて栄養素の吸収を阻害するということ。

  • ビタミンA・B・D・E
  • 葉酸
  • 亜鉛
  • カルシウム

などの栄養素の吸収する細胞を弱らせてしまいます。肝臓がアルコールの分解に追われてしまうことで代謝が阻害されてしまうからです。

さらに、肝臓がアルコールを分解するためにはアミノ酸が必要です。アミノ酸は発毛のための重要な栄養成分ですが、アミノ酸がアルコールの分解に使われてしまうため、大量に飲酒を行うと髪にアミノ酸が行き渡らなくなる恐れがあります。

また、飲み過ぎてしまうと肝臓の分解作用が追い付かず、脂肪肝やアルコール依存症、肝硬変など重大な病気を引き起こす恐れがあります。さらに、アルコールには大量の糖分が含まれるものが多く、飲み過ぎは糖尿病などの一因にもなります。

お酒が髪に悪い原因は「アセトアルデヒド」という悪玉物質

肝臓が、アルコールを分解する際に「アセトアルデヒド」という名前の物質が発生するのですが、この「アセトアルデヒド」は有害な物質です。

しかし、通常であればこれも肝臓で分解され、無害な酢酸になるので、問題はありません。ところが、アルコールの摂取量が多いことによってはアセトアルデヒドが分解されないことがあります。

実は、アセトアルデヒドが体内にある男性ホルモンのテストステロンを悪玉のジヒドロテストステロン(DHT)に変換する働きをもっています。

男性ホルモンの一種でもあるジヒドロテストステロン(DHT)が髪のた生えてくる健全な育毛サイクルを妨げてしまい、髪を細くし、薄毛になってしまう悪玉ホルモンになっています。

アセトアルデヒドは、血液中のアルコールが肝臓のアルコール脱水素酵素(ADH)によって分解された中間代謝物質になります、アセトアルデヒド自体は、吐き気、呼吸促拍、心き亢進を起こすなど、アルコールよりも数倍も強い生体反応を起こす有害物質です。

どのくらいの摂取量にすべき

髪に良いアルコールの摂取量とは、どれくらいのお酒を飲むのがいいのでしょうか。よく適度な飲酒と言われますが、具体的な数字をご紹介したいと思います。

  • 男性・・・10g〜19g
  • 女性・・・9gまで

これぐらいが身体や髪に悪影響にならないと言われている摂取量になっています。さらにお酒の種類別にもまとめてみました。

 お酒の種類 適度な摂取量(男性)
日本酒1合
ビール500ml
ワイン200ml
焼酎70ml
ウィスキー60ml

アルコールを分解する能力は個人差があるので、女性や、元々アルコールを分解しにくい体質の人、高齢者の方はこれよりも自分に合わせた摂取量にして下さいね。

まとめ

まとめると、注意すべきなのは飲酒する量になります。「酒は百薬の長」ということわざにあるように、飲み方では髪にも良いものにもなりえます。

お酒を飲むことによっては・・

  • 神経をリラックスさせる
  • 血行・血流の促進
  • 睡眠促進
  • 食欲増加

健康にもなります、おそらく多くの方の飲酒は日々の習慣やストレス解消のためだと思います。しかし飲み方を少し変え、量を調節すればそれこそ、「百薬の長」となるのです。

適度なアルコール摂取を心がけましょう。

是非、参考に。