2017/09/22

「マット」というヘアカラーをガッツリと入れてみたら超きれいになった!

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

先日に、【髪のエアリー感の作り方】「髪の空気感」をつくるためには「髪の無駄」から生まれることが多いですよ。というのを、書きましたが今回はスタイル紹介をします。

「マット」というヘアカラーをガッツリと入れてみたら超きれいになった!

マットとは「ツヤなし」というような意味がありますが、ヘアカラーでいうならばグリーン系の色素の事をマットと言います。

美容室にはカラーチャートやヘアカタログという色見本のようなものがあるので、ビジュアルで確認してオーダー出来るのでそちらを参考にすると良いですね。

今回は、ロブからボブにバッサリとカットさせていただき(10cm〜15cmほど)、マット系カラーで染めさせていただきました。

グリーン系のカラーであるマットですが、今回はグリーン系というよりはかなりグリーンをいれました、それはもうふんだんにいれました。

グリーンというと、一般の人はあまりいいイメージをもっていないのですが、染める前の髪の色をしっかりと見極めることがとてもキレイなヘアカラーになります。

ヘアカラー後

光の当て方によっては様々な色の見え方になります、それだけでなくマットな質感にもなるマットカラーはついつい触りたくなるようなヘアカラーですよ。

空気感やエアリー感をつくるのにもぴったりなのがマットカラーです、質感もいい感じになるので、動きをだしたいときなんかは超おすすめですよ〜

きし

こちらの記事もご参考ください。

ぜひ、参考に。

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.