美容師が作る「10種類」のシャンプーランキング

髪の主成分である「たんぱく質」をもっと摂取して健康な髪を育てよう!

髪のケアには、「たんぱく質」という成分が欠かせないということをご存知でしょうか?

髪の主成分は「たんぱく質」からできています。 このたんぱく質が不足すると、髪をつくろうと思っても素材がない状態となってしまい健康な髪が生成できなくなってしまいます。

今回は、たんぱく質について分かりやすくお話します、髪が元気に早く伸びるために必要なたんぱく質について知っていきましょう。

髪の99%を構成している「ケラチンたんぱく質」

髪は、たんぱく質で構成されているというのは有名ですが、正確にはたんぱく質の1種である「ケラチンたんぱく質」が髪を構成しています。

そしてこの「ケラチンたんぱく質」が髪の毛の99%を構成しています。育毛・発毛の促進には、髪を作るたんぱく質を日頃から摂取することは必要不可欠なのです。

つまり、頭皮の血行促進も大切ですが、その前提には髪の栄養が十分に摂取する生活習慣にすることが重要です。

たんぱく質の働きについて

そもそもたんぱく質とは、どんな働きがあるのでしょうか?

実は、人が生きていくために必要なことに、たんぱく質はほとんどが構成されていると言われているのです。

身体を作る

たんぱく質の働きの1つ目として、生命の維持が挙げられます。多くの人がたんぱく質を摂取する目的になります。

人が生命を維持する為に必要な臓器の多くは、このたんぱく質が構成しているのです。 人の体のほとんどは「水」でできているというのは有名ですよね。 実はその次に多いのがたんぱく質だといわれているのです。

主に筋肉や皮膚・内臓器・体中を流れる血液から爪など… つまりたんぱく質は人体にとって大事な物質なのです。

髪の主成分

生命の維持というかなり大切な役割を担うたんぱく質ですが、先程からも説明しているように、上記にもあるように書いたようにたんぱく質は髪の主成分でもあります。

しかし、摂取したたんぱく質が消費される他の臓器などと比べて、生命維持と直接関係のない髪が伸びるという現象は、優先順位が低くなっています。 日頃からたんぱく質が不足していると髪が伸びにくくなるのはそのためなのです。 本来髪が伸びる為に使われる分のたんぱく質が、生命維持の消費でとられてしまっているのです。

髪は1日当たり約0.3mm~0.4mm、1ヶ月でおよそ1cm程伸びると言われていますが、十分なたんぱく質を摂取できていない場合、髪が伸びるのを遅らせることになります。

逆を言えば十分なたんぱく質の摂取は、髪が伸びるのを助けることに繋がりますよ

記事の途中ですがCMです
『プレミオールシャンプー』を使ってみた あなたは「プレミオール」というシャンプーを知っていますか? もし、今のシャンプーやトリートメントに不満を抱いているという方には要チェックの内容のヘアケアセット! アイテムの特徴
  1. 高品質のヘアケア
  2. 頭皮にも優しい
  3. くせ毛や猫毛の方でも使える
  4. 21日間のお試しセットがキャンペーン中
今ならシャンプーだけでなく、トリートメント+アウトバスのヘアケアセットで「1,980円」と破格すぎる内容になっています! 正直言って、試すだけでも価値アリ!!!
シャンプーの特徴 「プレミオール」は、多くの女性が悩むくせ毛やダメージ毛を改善するための商品です。 くせ毛やダメージ毛による悩みは、髪の水分不足が原因となって起こります。これらの髪の水分不足は、主に髪に欠かせないケラチン・コラーゲン・たんぱく質の不足が元になっています。 髪の水分不足を改善するためには、高濃度の有効成分が必要です。
このプレミオールは水を一切加えずに美髪成分のみで構成しているシャンプー&トリートメントです、 髪の水分不足を改善しくせ毛・ダメージ毛を軽減する事が出来ます。

これが正直、破格すぎます。

このサイズをたった2000円で、しかもシャンプー+トリートメント+洗い流さないトリートメントの21日間分が試せるので、まだプレミオールをまだ使ったことのない人はこれだけでも使う価値あります!

ポイント

  • 水分保持力が高い
  • シャンプーの使用感も良い
  • ヘアケアセットで使いやすい

たんぱく質が多く含まれる食材

たんぱく質が多く含まれる食材には、 類牛乳・牛肉・豚肉・鶏肉・大豆・納豆・豆腐・豆乳・魚・卵など、日頃から口にする食品の多くにたんぱく質が含まれています。

では、その中でも髪が伸びるために必要な「良質」といわれるたんぱく質はどのような食品に含まれているのでしょうか?

育毛・発毛を促していく為に「バランスのとれた食生活をしよう」と言われていますが、髪の栄養であるたんぱく質の吸収を高める為に必要な栄養素があります。

たんぱく質の吸収を高め髪を育てる栄養素

  • ビタミンB群 ・ タンパク質の分解・髪の成長を促す・頭皮の皮脂分泌量のコントロール
  • ビタミンC アミノ酸の合成やタンパク質の構成
  • ビタミンE 血中の活性酸素抑制や血行促進作用
  • ミネラル タンパク質の吸収促進
  • 亜鉛 ケラチンタンパク質の構成を促す

特に、亜鉛やビタミンなどは体内で合成されない栄養素となっているので、たんぱく質の吸収を高める為にも普段の食事から意識的に取り入れていく必要があります。

発毛・育毛効果のある「ビタミンB」とはどのうよなものなのか? ビタミンEは「若返りのビタミン」って呼ばれているのを知っていますか?

まとめ


髪の栄養であるたんぱく質ですが、たんぱく質は筋肉・爪・皮膚・臓器・血液・細胞など、人が生きていく為に必要なほとんどをたんぱく質が構成しています。

そして、生命維持とは直接関係ない髪は、タンパク質が消費される優先順位が低いので、日頃から不足しないようにしておく必要があります。つまりダイエットなどで食事制限されているとさらに、不足してしまい髪の生成に遅れがでます

特に、以下に当てはまる場合は注意が必要です。

  • 偏食
  • 好き嫌い
  • 食事を抜く
  • 添加物食品が多い
  • 過度な筋肉トレーニング
  • 便秘

加えて、たんぱく質だけでは身体には吸収されません、吸収できるようにバランスの悪い食事は身体だけでなく、髪にとっても栄養不足になっています。育毛・発毛を効率的に促していくためには、たんぱく質が不足しないように普段から意識して摂取する必要があります。

関連記事>>>【7種類の髪に良い食物】美容師が薄毛や白髪の対策に良い食材まとめてみた

【髪に良い食物】美容師が薄毛や白髪に良い食べ物を教える!!【髪に良い食物】美容師が薄毛や白髪に良い食べ物を教える!!

ぜひ、参考に。