2017/10/14

【ゴム手袋が汚い人はダメ】よく見ませんか?美容師あるある事例!

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

ということで、早速ブログにしてみました。

「見え方」

というものにこだわっています。

ヘアカラーをする上で業務になったり、また雑にハケを洗ってすぐ使うとか…

そういった思考を排除したいからです。

かっこよければかっこ良いほど背筋が伸びる

そう思っている僕はそういったサブプロダクトに非常にこだわっています。

美容師あるあるの1つの手袋(カラーブローブ)

グローブの種類にもよりますが、「使い切りタイプ」と「使いまわすタイプ」があります。

多くのグローブが使い回すタイプが多いですし、自分もそのタイプであります。消耗品でもある美容師のツールの1つでもあるグローブですが、過度な節約や気の回らなさに、結構汚れていても使用してしまうケースもあります。

ヘアカラーで汚れるとはいえ、汚れているグローブは技術者が萎えるだけでなく、お客さまも萎えてしまうと思います。そりゃキレイなものを使用した方がプロフェッショナル感も上がりますし、何よりも不安がなくなります。

当然ながらお客さま自身もヘアカラーをする前から「汚れているグローブ」を装着してくると不安になる

キレイなものを使うというのもプロっすね。ぼくも手回りはかなり注意をしていて、あえて耐久度の低いグローブにして、こまめにグローブを取り替えたり、常にキレイな状態を意識しています。

そういうのってお客さまだけでなく、アシスタントも見ていて萎えていますよね、おそらく。

そういうちょっとした気遣いが安心に繋がったりすると思います。これからも気をつけていきたいですね〜。

勉強になりました。

運営者のプロフィール

とりあえず読むべき記事10選

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.