2017/09/23

おもむろに実写版「銀魂」を見に行って来たので好き勝手に語る

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

一般の職業の週末といえば、金曜日です。しかし美容師は日曜日が週末です、その日はたまたま予定がなくなり、することがなくなったので、映画を見に行くことになりました。

おもむろに「銀魂」を見に行って参りました。

FullSizeRender 190

妻と見に行ってきたのですが、妻が大の小栗旬ファンで「銀魂」の原作を見たこともないのに、小栗旬が主演というだけで銀魂を見に行きたいと言い出したました。

ぼくはと言うとそれほど銀魂を見ることはなく、流し読み程度のにわかです。そんなにわかなぼく達が見に行った実写版の「銀魂」についてを好き勝手に書いていきます。

結構笑える

本来の銀魂はギャグテイストの漫画です。最近は戦闘のストーリーばかりで目立っていたのであまり見ていませんが。。

今回の実写版は、ギャグ多めになっていて結構笑いました。映画館特典のオープニングのミー○ュック○Vのギャグも面白かったですね〜笑。

キャストも中々演技派だったので、普通に笑ってしまって妻に怒れれました汗。

キャストが豪華すぎる

  • 坂田銀時役 小栗 旬
  • 志村新八役 菅田将暉
  • 神楽役 橋本環奈
  • 志村 妙役 長澤まさみ
  • 桂 小太郎役 岡田将生
  • 近藤 勲役 中村勘九郎
  • 高杉晋助役 堂本剛

主演が小栗旬に、敵役に堂本剛にってかなり豪華です。とくに堂本剛が役に入りこんでいて、ピッタリだったなぁと思っています。あと妻は橋本環奈も上手だったなぁと言っていましたね、神楽にピッタリでしたね。

小栗旬?うん、小栗旬はやっぱり小栗旬ですよね笑。

映画の舞台は原作の名場面

にわかなので、個人的に名場面になる「紅桜篇」です。これは実写版だけでなく、普通に劇場版もあるので、人気なストーリーなのでしょう。主要メンバーも少なくて、あまりゴチャゴチャ感もなかったのでとても見やすい印象でした。

日本の漫画原作の映画のお決まりでもある、2部3部を期待させる終わり方だったので次回作もある感じでしたね。

総評してみたら、「面白かったけど、映画じゃなくても良かったね」という感じでした。それでも次回作も上映されるってなったら、きっと映画を見に行くと思いますね。

 

次はこちらの記事↓

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.