ヘアカラー

カラートリートメントでもある「塩基性カラー(塩基性染料)」について

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

 

塩基性カラー」ってご存知ですか?

塩基性カラーとは、普通には聞き慣れないヘアカラーですが、一般的なドラッグストアなどでも購入できるカラートリートメント」の正式な名称を「塩基性カラー」といいます。

 

カラートリートメントでは、美容室専売だけでなく一般市場でも販売されるようになっており、さまざまな人が使いやすいヘアカラーの1種になっています。

 

ヘアカラー剤は大きく分けると「永久染毛剤のアルカリカラー」と、「半永久染毛剤のマニキュアやカラートリートメント」に分類されます。

 

今回の記事では、ヘアカラー剤の種類の1つである塩基性カラーについてを、分かりやすく紹介していきます。

塩基性カラーは「塩基性染料」と「HC染料」

きし
きし
まずは塩基性カラーについてを紹介していきます。
つま
つま
塩基性カラーというのは「塩基性染料」と「HC染料」が特徴になります。

 

塩基性カラーとは「カラートリートメント」のことです。

分子が大きく髪の内側には浸透せず、髪表面に付着してイオン結合することで色を付けることができます。

 

アルカリカラーはジアミンなどが配合されている通常のヘアカラーに使われるもので、反対に半永久染毛剤はマニキュアなどの酸性染料と言われるダメージが少ない(ほぼない)というヘアカラー剤になっています。

【パラフェニレンジアミン】ジアミンアレルギーの症状と原因と対策を美容師が徹底的に調査した

あわせて読みたい
【パラフェニレンジアミン】ジアミンアレルギーの症状と原因と対策を美容師が徹底的に調査した こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。 ヘアカラー剤を使用して地肌トラブルの経験はありませんか? ...

 

 

「+」電化を帯びており、髪が「-」の電化を帯びている状態、つまり髪の状態がアルカリに傾いているほど、染まりが良くなります

 

塩基性染料だけでは、色数が少ないため、HC染料のようにさまざまな色合いを出せないのがデメリットにはなりますが、ジアミンフリーなのは、とても嬉しいはずです。

 

※健康な髪のpHは、4.5~5.5の弱酸性です。

ヘアカラーやパーマをすることで髪はアルカリに傾いていきます。

 

【pHって一体なに?】髪とpH(ペーハー)について美容師が分かりやすく紹介

あわせて読みたい
【 pH徹底解説 】髪とpH(ペーハー)について美容師まとめ こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。 「pH(ペーハー)」をご存知ですか? よくpHというワードを見かけます、...

 

 

塩基性染料について

 

塩基性染料とは、2001年の国の規制緩和で使用できるようになった染料です。

塩基性染料も酸性染料と同じように、分子が大きくプラスの電荷を持ち、毛髪表面のマイナスの電荷とイオン結合することによって、色が定着するようになっています。

 

きし
きし
毛髪内部までの浸透はしないのでヘアカラーに比べて、格段に色持ちが下がってしまうのがデメリットです。

さらに化学反応も起こさないために、髪や頭皮に負担はないものの染料の染着は髪の表面のみとなります。

 

HC染料

 

HC染料は2001年4月の化粧品規制緩和により、 新たに使用可能となったヘアカラー用の原料です。

 

ヘアマニキュアやカラートリートメントだけでなく、口紅などの化粧品で利用されている染料です。

電荷を持っていないためイオン結合ができないが、分子が小さいために毛髪の内部まで染着します。

 

ただし、分子が小さいために染着すまでには時間がかかります

 

昔から多用されている「タール系色素」(赤色○号や青色○号などと標記されている旧法定色素)に比べ、 分子量が小さいという特徴があります。

同じく分子量が小さい天然ヘナの色素とも容易に吸着し、重合する形でキューティクルの間に浸透するので、髪を傷めずに色相を維持できます。

このHC染料というのは酸性染毛剤の色のサポートに含まれています。

 

【HC染料とは?】HC染料についてを分かりやすく紹介!

あわせて読みたい
酸性カラーに含まれる「HC染料」について分かりやすく解説! こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。 「塩基性カラー」ってご存知ですか? 塩基性カラーとは、普通には聞き慣...

 

 

全てのカラー剤をグラフにするとこのような感じになります。

 

脱色剤 酸化染毛剤 酸性染毛剤
一般名称 ・パウダーブリーチ

・ライトナー

・アルカリカラー

・中性カラー

・酸性カラー

・塩基性カラー

分類 ・医薬部外品

・脱色剤

・医薬部外品

・永久染毛剤

・化粧品

・半永久染毛剤

原理 メラニンを壊し(脱色)、髪の明度を上げるという事に特化しています。 メラニンを壊し(脱色)、明度を上げつつ酸化染料が毛髪内部で酸化重合して発色します。 酸性色素がキューティクル付近でイオン結合し、着色します。

 

 

「マニキュア」と「カラートリートメント」の違い

 

ここまでの特徴ならば、マニキュアとカラートリートメントとの違いが分かりづらいので、それぞれの違いについてもご紹介します。

そもそもの染料が違うということです。

マニキュアは「酸性染料」、カラートリートメントは「塩基性染料」です。

 

その他にも・・

 

  • 施術時間
  • HC染料の濃さ
  • 自分でできるのが「カラートリートメント」
  • 美容師にしてもらうのが「マニキュア」

 

このような違いがあります。

 

大きな違いは「施術時間」

主に、カラートリートメントとマニキュアでは施術時間が大きく違います

塩基性染料が多く配合されているのがカラートリートメントで、HC染料が多く配合されているのがマニキュアです。

塩基性染料は短時間でも表面に染色するので、自分でも容易にすることができます。

 

マニキュアの場合は、酸性染料は時間がかかる上に頭皮に薬剤がつくと、地肌にも染着してしまうので、地肌にはつかないように美容師にしてもらう必要があるのです。

もちろんデメリットだけでなく、カラートリートメントに比べて格段に色持ちが良かったり、内部まで染料が入るので手触りなども良いという違いがあります。

塩基性カラーのメリットとデメリット

きし
きし
塩基性カラーのメリットとデメリットについても紹介していきます。
つま
つま
あなたの髪や頭皮の状態に合わせて使い分けてくださいね♪

 

塩基性カラー(カラートリートメント)は、塩基性染料+HC染料で配合されています。

普通のヘアカラーやマニキュアとの特徴を見分けて、髪質や色によって使い分ける必要があるのです。

 

通常のアルカリカラーやマニキュアと比較して、塩基性カラーのメリットとデメリットについても紹介します。

 

塩基性カラーのメリット

 

塩基性染料はトリートメントに配合していることが多く、カラートリートメントをすることによってアルカリカラーやマニキュアに比べると、手触りの良い仕上がりになります。

 

  • 自宅で気軽にできる
  • ブリーチカラーのメンテナンス
  • サクッと済ませることができる
  • カラーとトリートメントを同時にすることができる

 

アルカリカラーよりも髪のダメージが全くなくて、トリートメント中心の構成のために毛先のツヤやハリコシを出すこともできます。

 

さらにブリーチカラーのメンテナンスにも使えます。

絵の具やペンキのような、ビビットなヘアカラーをしたい時にも塩基性カラーはおすすめ。

 

HC染料が高彩度の色を表現してくれ、アルカリカラーに比べてより光沢のある髪色をつくることができます。

【ブリーチカラー15選】外国人風カラーのヘアカラーカタログ

あわせて読みたい
【ブリーチカラー15選】外国人風カラーのヘアカラーカタログこんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。 あなたは、外国人風カラーってご存知でしょうか? 外国人風カラーとは、外国人のよう...

 

キレイなヘアカラーをつくることができるブリーチカラーのデメリットは「色持ちの悪さ」。

それを補うことができるのがカラートリートメントやシャンプーの塩基性カラーです。

髪や頭皮に負担なくできる上に、自宅でもサクッと済ませることができるのは大きなメリットの1つです。

 

さらにジアミンアレルギーによる身体への不安が一切なく染めれるのは、アルカリカラーとの差別化になります。

安心して、ヘアアカラーができるのが塩基性カラーの最大のメリットとなります。

 

応用編として、アルカリカラーで脱色・染色した後に、塩基性カラーの同系列やクリア剤や同系色を使用することで、色の持ちがより良くなります。

【アッシュシャンプー】スロウカラーの「カラーシャンプー」を実際に比較検証をしてみた

あわせて読みたい
【アッシュシャンプー】スロウカラーの「カラーシャンプー」を実際に比較検証をしてみた こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。 「スロウカラー」というのをご存知でしょうか? 究極のアッ...

 

 

塩基性カラーのデメリット

 

 

塩基性カラー単体では、効果が薄いことにあります。

基本的な使い方としては、ヘアカラーやマニキュアカラーの色持ちや調整などに用います

 

そのため、髪や頭皮に負担はないもの、ヘアカラーとしての効果や効力は力不足なのです。

 

その他にも・・・

 

  • 色持ちが良くないため頻度が多くしないといけない
  • 白髪の染まりはあまりよくない
  • カラーとトリートメントなのでどちらも中途半端

 

というものがあげられます。

カラーやトリートメントの良い部分をいいとこ取りしたようなアイテムなので、中途半端になることは想像できますよね。

もちろん悪いわけではありませんが、ヘアカラーのメインで「塩基性カラーを使う」といったような使い方はできないので、そこはデメリットとなります。

まとめ

きし
きし
塩基性カラーについてをまとめてみましたが、ヘアカラーのサポートに使える便利なアイテムになっています。
つま
つま
ヘアカラーの色持ちを良くしたいという悩みにピッタリのアイテムなんですよ♪

 

塩基性カラーを理解することで、使い方が明確になります。

カラーシャンプーやカラートリートメントでは、ヘアカラーをベースに色持ちをよくさせるためのアイテムという考えを持つことでとても便利なアイテムになります。

 

ヘアカラーをしたけどすぐ色が落ちてしまう・・

という悩みがある人。

そんな人にはヘアケアと別に塩基性カラー(カラーシャンプー・トリートメント)がピッタリなのです。

 

シャンプーは毎日するし一緒にトリートメントもしますよね?

それを少し変えるだけで色持ちがよくなるんであれば、かなり効率も良くなるのでおすすめです。

ご参考ください。

 

ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。
きしろぐサイトマップ