美容師おすすめのヘアケアセット

【HC染料】美容師が酸性カラーに含まれる染料を分かりやすく解説

【HC染料】美容師が酸性カラーに含まれる染料を分かりやすく解説

この記事の内容

「HC染料」の特徴の解説

塩基性カラー」ってご存知ですか?

塩基性カラーとは、普通には聞き慣れないヘアカラーですが、一般的なドラッグストアなどでも購入できるカラートリートメント」の正式な名称を「塩基性カラー」といいます。

カラートリートメントでは、美容室専売だけでなく一般市場でも販売されるようになっており、さまざまな人が使いやすいヘアカラーの1種になっています。

その塩基性カラーは、塩基性染料とHC染料の2つで成り立っています。

今回の記事では、その1つのうちの「HC染料」について、は分かりやすくお話します。

 

「HC染料」について

「HC染料」について

 きし
HC染料について分かりやすくお話します。

つま

HC染料ってあまり聞きなれない名前ですよね?

HC染料は2001年4月の化粧品規制緩和により、 新たに使用可能となったヘアカラー用の原料です。

ヘアマニキュアやカラートリートメントだけでなく、口紅などの化粧品で利用されている染料です。

電荷を持っていないためイオン結合ができないが、分子が小さいために毛髪の内部まで染着します。

【塩基性カラー】美容師がカラートリートメントでもある塩基性染料についてを語る【塩基性カラー】美容師がカラートリートメントでもある塩基性染料についてを語る

ただし、分子が小さいために染着すまでには時間がかかります

 

昔から多用されている「タール系色素」(赤色○号や青色○号などと標記されている旧法定色素)に比べ、 分子量が小さいという特徴があります。

同じく分子量が小さい天然ヘナの色素とも容易に吸着し、重合する形でキューティクルの間に浸透するので、髪を傷めずに色相を維持できます。

このHC染料というのは酸性染毛剤の色のサポートに含まれています。

 

HC染料の特徴

 きし
普通のヘアカラーは染料と、他の2剤(オキシ)との酸化反応によって髪の内部で染料の分子が大きくなり、キューティクルの隙間から流出しにくくなることで色持ちがよくなります

しかし、同時に髪や頭皮への負担も大きくなります。

美容師がヘアカラー『2剤』のオキシ濃度の違いを解説【 6% 5% 3% 図解付】美容師がヘアカラー『2剤』のオキシ濃度の違いを解説【 6% 5% 3% 図解付】

それに比べて、HC染料は分子量の小さな直接染料で、髪の内部に深く入り込みます。

髪の内部で他の薬剤と反応して分子が大きくなる作用がないために髪への負担が少なく、さらには中性で刺激もなく安全性が高いだけでなく、マニキュアカラーと違ってイオン吸着しないので頭皮を染めないという特徴があります。

【ヘアマニキュア】美容師が教える酸性カラーの特徴とメリット・デメリットまとめ【ヘアマニキュア】美容師が教える酸性カラーの特徴とメリット・デメリットまとめ

HC染料は直接染料である

直接染料とはビビットな黄色や赤色など鮮やかな色味をもっています。

粒子が大きくキューティクルの周りに染色します。つまり、髪や頭皮にダメージがなくてキレイに染めることができるということが特徴です。

 

HC染料は酸性染毛剤にも含まれている染料の1つ

 きし
HC染料は酸性染毛剤にも含まれている染料の1つです。

酸性染料が使われている「マニキュア」と、塩基性染料が使われている「塩基性カラー」です。

それぞれをグラフにしました

脱色剤酸化染毛剤酸性染毛剤
一般名称・パウダーブリーチ
・ライトナー
・アルカリカラー
・中性カラー
・酸性カラー
・塩基性カラー
分類・医薬部外品
・脱色剤
・医薬部外品
・永久染毛剤
・化粧品
・半永久染毛剤
原理メラニンを壊し(脱色)、髪の明度を上げるという事に特化しています。メラニンを壊し(脱色)、明度を上げつつ酸化染料が毛髪内部で酸化重合して発色します。酸性色素がキューティクル付近でイオン結合し、着色します。

[box04 title=”酸性カラー一覧”]

[/box04]

絵の具やペンキのような、ビビットなヘアカラーをしたい時には、HC染料の配合されているヘアカラー剤がおすすめです。

HC染料が高彩度の色を表現してくれ、アルカリカラーに比べてより光沢のある髪色をつくることができます。

 

終わりに…

ヘアカラーコンテンツのまとめ

 きし
HC染料ってものすごくキレイな髪色をつくるときに多用します。

つま

基本はブリーチした後のダブルカラーなどに多用する染料になります。

最近では、HC染料が多用されることが増えてきました。

少し前までは、マニキュアやカラートリートメントの酸性カラーにしか配合されていませんでしたが、最近は普通のヘアカラー剤にも配合されるようになり、かなり鮮やかなヘアカラーをつくれるようになっています。

そんな感じで以上です。

ご参考ください。