2017/11/04

ぼくの妻が可愛すぎて(有能すぎて)ヤバイだろって話

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

あの〜ちょっと自慢してもいいですか?というかさせて下さい。

今回は、ただただ自慢をしたくてこのブログを書いています。というのも、うちの妻が可愛すぎて(有能すぎて)ヤバイんです。

ぼくは美容師という仕事を10年以上しているので、接客をしていると様々な夫婦論を聞く機会があります。亭主関白や嬶天下といったケースや、最近ではイクメンや共働きの家事分担など、それこそ様々なので中々面白いです。

そして当然ですが、その中には「不平不満」「愚痴」などもあり、そういう話を聞くたびに「だったらこうすればいいのになぁ〜」なんて思うようなことまであったりします。

例えば、最近だったら「スマホゲームをしすぎて、家事育児を夫が手伝ってくれない」なんてよくある話ですが、旦那様の方はスマホゲームしながらでも手伝ってあげればいいのにとか思うし、逆に奥さんの方にもちゃんと話してあげればいいのにとも思います。

もちろん夫婦論なので言わないですし、聞いてスッキリするのであれば全然聞きますが、ぼく達にはない話です。そんな事言っている暇があるんだったら、言うべきことあるんじゃない?ってことです。

そんな中、ぼくの妻が可愛すぎる(有能すぎる)ヤバイだろって話です。

うちの妻が有能すぎてヤバイ

美容室では早朝出勤というものがあります、ご予約によってはお客さまの都合に合わせてサロンワークの時間と関係なく出勤する事です。

フリーランスとは違い雇用美容師であるぼくは、規則に合わせてキッチリと出社しなければいけません、サラリーマンと同じですね。その枠を変えることがあるのが早朝出勤です。

今回の場合、「9時に大阪まで行けるようにしてほしい」ということで、ぼくのサロンから式場まではおよそ1時間ほどかかりますので、髪のヘアアレンジをする時間とを逆算すると、早朝の6時30分に出社ということになりました。

いつもより2時間ほど早起きする計算になります。普通の人からすると早くないかもしれませんが、美容師というのは朝はゆっくりな人が多いのです。(出勤時間が遅め)

そして、その日の前日は少し早めに帰宅。次の日のために身体のコンディションを整えて早めに休もうと思っていました。

ここからが妻の有能さが発揮されます。

帰ったら夕食の準備にお風呂の準備

ぼく達、夫婦は共働きなので家事は分担作業です。なので早朝出勤の場合などは事前に報告をします。でも、すっかり妻に報告をすること自体を忘れてしまっていたんです。しかし・・

FullSizeRender 192 (早朝を総長と間違えています、お恥ずかしい)

妻は基本、オンラインでぼくの予約状況を確認することができます。バッチリ確認していてれたのです。

中々やるじゃねーか。さすがだねぇ。

きし

ということで、そのまま帰宅、そしたらお風呂の準備をしてくれ、食事の用意までしてくれていました。

早く休めるように、準備をしておいたよ〜。早くお風呂に入ってご飯を食べよう♪

うお、あなたは神ですかっっっ!なんて良くできた妻なんだ!

きし

報告するの忘れていたんですよ?ねぇ奥さん?優秀すぎやしませんか?めちゃめちゃ助かるんですけど!!惚れてまうやろっ!

ということで、サクッとお風呂を失礼して、ご飯をいただき、寝る前のブログやSNSのチェックなど終わらせて就寝させていただきました。いつもよりも2時間ほどおかげで休めましたね〜。

就寝時には別室で

先に就寝したので、妻がお風呂から上がってきた辺りで記憶は無くなっていたのですが、起きた時には1人でした。

基本的にぼく達、夫婦は一緒に寝るというスタンスを守っています。しかし妻は別室で就寝してくれていました。

早朝出勤の時に1番辛いのは相方に気を使うこと

一緒に寝ると、

  • アラームの音に気を使う
  • どうしても起床時に気を使う
  • 出社の支度をする時に気を使う

と早朝だからこその悩みが存在します、そして妻はそんなことにまで気にしてくれて別室で就寝してくれていました。ほんとによくできた妻だとおもいます。

さらにまだまだ続きます。

おにぎりと専用スムージー、お昼ごはんにお弁当

そして早朝出社し、朝から朝食です。

 

普段は出社して、ゆったっりしながら朝食をとるようにしているのですが・・

FullSizeRender 193

身体の健康を気遣ってくれてこんなことまで。

しかもスムージーって・・

思わず・・

可愛すぎて(有能すぎて)ヤバイだろ!!!

きし

と早朝にも関わらずツッコんでしまいました。

おかげ早朝で身体のリズムが崩れずに過ごせました。

妻が可愛すぎる

妻が有能すぎて、可愛すぎてヤバかったのです。

これが可愛いから有能なのか、有能だから可愛いのかというのはわかりませんが、それはどちらでも良いことです。

共働きだからとか、新婚だからとかもどちらでも良いことです。

 

トータル的にぼくの妻は可愛すぎてヤバイだろってことです。

そういいう話です。

夫婦論をもっと自慢したい

ぼくは結婚して良かったなぁとも感じるし、とても幸せを感じています。

今回のきっかけに参考記事。


(リンク失礼します)

もっと夫婦間の幸せの話や、自慢話などすればもっと平和なのになぁとか思います。というかもっと自慢をしよう。

粗を探せばきりがありません、もっと良いところ(可愛いところ)を見つけてどんどん褒めてあげましょう。みんな幸せになりますよ。

幸せって言っちゃいけないの?

ある人に言われたことがあります。

幸せっていう言葉を使っちゃダメだ、幸せと言ってしまうとその段階より上の幸せはなくなる

その言葉を信じていた時期がありましたが、妻と出会ってからそれは嘘だと思っていいます。

もちろん喧嘩もしますし、一人になりたくなる時だってだってあります。

でも、毎日幸せです。

何かある度に、新しい幸せがあります。

だったら「幸せ」って言わないと損なんですよ、言った分だけ幸せが集まりますから。

それは自分はもちろん、周りもそうだと思います、今だってこのブログで今日の分の幸せが集まりました。

ぼくは今日も、妻のおかげで幸せです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.