2017/07/25

パーマが似合うための「4つの法則」

 

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

パーマとは髪質、ダメージを考慮し髪を変えます。そしてぼくは「本当に似合うパーマ」という事を大切にしています。

本当にパーマが似合うために必要なことについてまとめてみました。

パーマにとって必要な法則

本来カットだけで理想のヘアスタイルを創る事ができれば、パーマとは必要にはなりません。しかし‥‥

「もっとキレイにしたい」

「もっと可愛くしたい」

そういう思いがパーマを必要とします。しかし、どうなれば可愛くなるか?どんなパーマがあるのか?まずは知ることから始めましょう。

“硬い髪質の方はパーマでやわらかく”

“直毛の方はくせ毛風に”

“細くボリュームが出にくい方はふわふわ”

にと様々な悩みとともにパーマも存在します。

「本当に似合うあなたのパーマを見つけましょう」

では本当に似合うために、

以下の4つの法則をご紹介します。

 

1、質感の法則

質感とは「硬さ」「直毛」「重さ」などの事です。そんなあなたの髪の質感を変化させ似合わせる。それもパーマです。

主にはカーリングスタイル。柔らかさをつくります。ショートからロングまで、スタイル全般。

2、ボリュームの法則

あなたは骨格や髪に悩みをお持ちではありませんか?

そんな時は骨格や毛量に合わせて「ヘアカット」と「パーマ」で表現する事ができます。

コンプレックスを”活かす”事もできます。主にショートスタイルでポイント的なかけ方もあります。

絶壁の修正などもできます。

3、再現性・機能性の法則

スタイリングの時間を極限まで減らす!というテーマ。

それを再現する手入れのしやすいパーマを施す事によりブローせずともキレイにするためにウェーブを活用。

そんな事を叶えるのもパーマです。主にウェーブスタイルで構成し、ロングスタイルがメインです。

 

4、イメージの法則

あなたのパーソナリティーに合わせ、ウェーブの強弱、カールの強弱、くるくる、ふわふわ、ラフ‥‥

様々なヘアスタイルから「カットだけでは叶えられなかった」そんなあなたのイメージを変化させるためのパーマです。

創作パーマで好みに合わせ変化させます。全スタイル共通。

まとめ


    1. カーリングスタイル
    2. ショートスタイル
    3. ウェーブスタイル
    4. イメージパーマスタイル

このように、様々なパーマがあります、そしてこういう知識がパーマへのきっかけにもなります。今もしヘアスタイルについて悩んでいることがあればパーマにチャレンジしてみましょう。

そして、これらの法則を活かし自分に似合うパーマを見つけましょう。

さあ、もっとパーマを楽しみましょう。

是非、参考に。

では。

 

 
 



Copyright© きしろぐ , 2016 All Rights Reserved.