2017/09/24

美容室でもウチくらいのもんだろ「鉛筆デッサンを飾っているのは」

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

先日まで「デッサン」と「表彰状」をペアにして飾っていましたが、ふと掃除なんかしている時に見ると、少し「品」が悪く見えました。

飾るのやめました

どうせなら気持ちよく見てもらいたいので。そうすると良いのか悪いのか「デッサン」という事に気が付いてもらえないです。

よくよく思い返せば、表彰状に「デッサン」と記入されていて、それを見て、これはデッサンなんだという認識になっていましたね。

「写真かと思ってた〜」「え、鉛筆⁉︎」なんて事を。嬉しい事なので良いのですが‥‥。そして、昨日コンテストに出品していたデッサンの作品が帰ってきましたが、改めて見ると‥‥

すごく書き直したい!!!

そんな衝動に駆られます。抑えますが‥‥

粗が見えて、気になって気になって仕方ないですが、書き足すとなんかズルしたみたいになるので

きし

んでも、今までのと一緒に並べてみると、それなりには見えるなぁ、なんて思いながら。

こんなものですが誰かの「心」に残る何かになればと思います。

美容室に来て「デッサン」なんてもん、飾っているのはうちくらいのもんだろ。と、思います。(あるかもしれませんが‥‥)

ぜひ、見てやって下さい。よろしく。

んで、追記で全国大会に出場することになり、

しました〜。結果が楽しみ〜当日はサロンワークがあるのでいけないので結果報告待ちですね〜。

明日が全国大会です‼︎

当日は、サロンワークがあるので会場には行けませんが、オーナーは会場に行くみたいなので、表彰されるときは、壇上に上がって欲しいですね。なんてこと言ったら「そのへんにいてる若いやつ捕まえて、壇上にあげさすわ」なんてこと言うんです。

信じられん‼︎なんてこと言うんだ。オーナーが上がってください、よろしくお願いします

きし

ではでは〜。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2016 All Rights Reserved.