2017/09/22

洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)の正しい付け方を分かりやすく解説!

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

洗い流さないトリートメントはとても使いやすい商材になっています。その使いやすさのおかげでたくさんの髪をキレイにしているものですが、ちゃんと正しい付け方をしているでしょうか?

もし、「ちゃんと正しい付け方をしているか不安・・」という思いがあるのであれば、この記事を参考にしてもらい、少しでもキレイのサポートになれば良いなと思います。

というのも、

  • つけたらちょっとペタっとしてしまった。
  • 髪がベタついた。
  • あまり効果を感じられなかった。

などの意見もあり、正しく洗い流さないトリートメント(以下 アウトバスTRトリートメント)を活用していないと感じてこの記事をつくりました。

今、付けている方も付けていない方も何かのサポートになればと思います。

洗い流さないトリートメントの正しい付け方について

そもそもですが、アウトバスTRトリートメントの必要性はしっかりと理解しているでしょうか?この記事を見ているということは、洗い流さないトリートメントの存在は知っている方が大半にはなります。

しかし、ちゃんと必要性を理解しているでしょうか?

要約すると、ダメージから髪を守るためには、アウトバスTRトリートメントは必需品となります。髪につけたままにするタイプなので、つけておけば直接のダメージから髪を守ってくれるのです。

そして、洗い流さないトリートメントの1番の特徴は、いつでもどこでも好きなタイミングで、トリートメントをつけることができることなのです。

さらに、アウトバスTRトリートメントにはいくつか種類があり、これらの種類の効果性を知ることが正しい使い方に繋がります。

人には髪質がそれぞれある分、髪の悩みもそれぞれです。つまり、髪の悩みに合わせて使ってあげることによって、あなたに合ったヘアケアになるので、洗い流さないトリートメントは髪質に合ったものを選ぶ必要があるのです。

洗い流さないトリートメントの種類
  • ミストタイプ
  • オイルタイプ
  • クリームタイプ
  • ジェルタイプ

この4種類を悩みに合わせてチョイスしてあげる必要があります。もちろんどのタイプをつけてもキレイにはなりますが、効果的にしてあげることでより良くなるのであればそれの方が良いですよね。

タイプ別にトリートメントの知識を入れて効果的に使いましょう。

これらの知識に加えて効果的に使い方を知りましょう。

ミストタイプ

1番お手軽に使用できるタイプです、そのため効果を感じにくいものでもあります。霧降きのようなになっているので、髪から離しすぎると髪にちゃんとついていない場合があるからです。

毛先を手のひらにおき、直接髪にかけるようにしてかけます。そのあと髪を「ギュッギュッと揉み込む」ようにします。多くの方がこの揉み込みをせずにかけるだけで、終わっているために効果がでにくいというケースもあります。

とくに髪のひっかかりやダメージが気になるところへは多めにつけるようにして、まんべんなくつけてあげましょう。

オイルタイプ

万能であるオイルタイプですが、ミストやミルクに比べてつけている手がベタつきやすい傾向にありますが、そのベタつきがとれるほど、髪にこすりつけるようなイメージで使うのがコツです

まずは、オイルを1プッシュほどだし、手の平に伸ばします、その両の手のひらで髪をはさみ、優しくすべらすようにして何度も髪を整えます。多少の残っている感じで表面を撫でるようにしてつけるとツヤ感もアップします。

多くはその手のベタつきを、水などで洗い流してしまうのですが、実はその状態では髪にはあまりついていません。

それがとても大事なのです。オイルは「油」ですが、髪は多い時で約30%ほどの水を含んでいます。

つまり、正反対のものをつけようとしているわけなので、中々オイルが髪に浸透してくれません。なのでしっかりと付けてあげないと、中々効果がでないというものなのです。

手のベタつきがとれるまで、手の平の中で髪を滑らすように、こするようなイメージでつけるのがコツです

クリーム&ジェルタイプ

クリーム&ジェルタイプは、基本的にはオイルタイプと同じになります。

クリーム&ジェルタイプは追加としての使い方になります。多くはくせ毛や硬毛、髪が太いといった方がメインに使われているために、オイルやミストだと物足りないという方がほとんどになります

そのために、オイルの使い方に加えて自分の好みの質感になるまで量を増やしながら使うのがおすすめです。使うタイミングなども乾燥やくせ毛が気になる場合は増やすと効果的です。

洗い流さないトリートメントをつけるタイミング

次にどのタイミングでつけるべきなのかについても解説します。実はつけるタイミングによっても効果は大きく変わります。

  • お風呂上がり
  • ドライヤー前orブロー前
  • スタイリング剤として
  • 出かけ先で

まとめるとこれだけありますが、上記に書いたようにアウトバスTRトリートメントのメリットはいつでもどこでも好きなタイミングでトリートメントをつけることができるのが最大の特徴です。

つまりダメージになりそうな時の前につけてあげるのがベストなつけるタイミングなのです。

お風呂上がり

お風呂上がり、全ての方がシャンプーをしています。

シャンプーをすると髪の水分量は約30%ほどに上がります。その状態で髪の表面にあるキューティクルというものが開いている状態になってしまい、髪を痛める原因にもなります。

そんな時にアウトバスTRトリートメントを付けて予防しまよう。

ドライヤー前orブロー前

上記にある開いたキューティクルを閉じるためには「ドライヤー」で乾かすということが必要になります。しかし熱というは髪を痛めてしまいます。ここで矛盾が生じるかとは思いますが、スタイルをキレイにしてなおかつダメージをすくなくするためには、ドライヤー&ブローが必要なのです。

なので、熱で痛める前にアウトバスTRトリートメントを付けて予防しましょう。

スタイリング剤として

アウトバスTRトリートメントは紫外線予防やスタイリング剤としても活躍してくれます。スタイリング剤ほどのセット力はありませんが、毛先のまとまりやツヤ感のアップしてれるので、かなり使えます。

出かけ先で

アウトドアなどで1日中外出している場合や、紫外線を浴び続けている時などは、アウトバスTRトリートメントを付け直してあげることで、髪を守ってくれます。持ち運びもしやいというのも特徴の1つで、1日中外出する時のお供にしてあげると、効果的に使うことができます。

まとめ

いかがでしょうか?アウトバスTRトリートメントの正しい付け方を、色々とまとめてみました。要約すると・・

種類別の付け方
  • ミストタイプは毛先中心に揉み込むように付ける
  • オイルタイプは手の平で滑らすようにしてこする
  • クリーム&ジェルタイプはしっとりするまで付ける
付けるタイミングはダメージになる前に
  • お風呂上がり
  • ドライヤー前orブロー前
  • スタイリング剤として
  • 出かけ先で

「付け方がわからない」「効果が感じられない」と感じている方は、一度試してみると大きく変わるのではないでしょうか?それでも変わらないのならは使う商材を変えてみることもおすすめします。

オージュア

髪質などで選ぶことができる幅広いジャンルがあり、どんな髪質にもあわすことができます。

オッジィオット

こちらもかなりの幅広いジャンルになっています。軽い質感が好きな人におすすめ。

N.(エヌドット)

こちら1タイプしかありませんが、とてもしっとりするタイプです。とにかくしっとりさせたい方におすすめのトリートメントです。

洗い流さないトリートメントをさらに知りたい時はこちらもご参考ください。

ぜひ、参考に。

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.