2017/09/22

アイロンする前には「洗い流さないトリートメント」をつけることでダメージを抑える

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

ヘアアイロンを初めて買ってみたけども使い方も分からずに試行錯誤。。

使い方はもちろん、ケアの方法を知らずに使いまくって、結果として髪がボロボロに・・・。なんてことも少なくはありません。

しかしヘアアイロンを正しく使うことで、髪のダメージも少なく、かつ髪もキレイにまとまった状態を維持することができます。

そのために大切になるのが「洗い流さいトリートメント」の登場です!

髪のキレイを維持するためにも、アイロン×洗い流さないトリートメントの組み合わせをすることで、正しいアイロンの使い方になるので、ぜひ参考にしてください。

洗い流さないトリートメントについて

そもそもですが、アウトバスTRトリートメントの必要性はしっかりと理解しているでしょうか?この記事を見ているということは、洗い流さないトリートメントの存在は知っている方が大半にはなります。

しかし、ちゃんと必要性を理解しているでしょうか?

要約すると、ダメージから髪を守るためには、アウトバスTRトリートメントは必需品となります。髪につけたままにするタイプなので、つけておけば直接のダメージから髪を守ってくれるのです。

そして、洗い流さないトリートメントの1番の特徴は、いつでもどこでも好きなタイミングで、トリートメントをつけることができることなのです。

さらに、アウトバスTRトリートメントにはいくつか種類があり、これらの種類の効果性を知ることが正しい使い方に繋がります。

人には髪質がそれぞれある分、髪の悩みもそれぞれです。つまり、髪の悩みに合わせて使ってあげることによって、あなたに合ったヘアケアになるので、洗い流さないトリートメントは髪質に合ったものを選ぶ必要があるのです。

洗い流さないトリートメントの種類
  • ミストタイプ
  • オイルタイプ
  • クリームタイプ
  • ジェルタイプ

この4種類を悩みに合わせてチョイスしてあげる必要があります。もちろんどのタイプをつけてもキレイにはなりますが、効果的にしてあげることでより良くなるのであればそれの方が良いですよね。

タイプ別にトリートメントの知識を入れて効果的に使いましょう。

これらの知識に加えて効果的に使い方を知りましょう。

アイロンの使用前のケアの方法

次に伝えておきたいのが、アイロンは髪をものすごく痛めてしまうものということです。

これを知らずに毎日のように使用し続けているいると数ヶ月もすれば、髪はパサパサになり、アイロンを使っても髪がキレイにならなくなっていきます。

なので効果的にアウトバスTRトリートメントと組み合わせてキレイな髪つくりをしましょう。

まずはアイロンの手順について

  1. シャンプー
  2. 髪を優しくタオルドライ
  3. アウトバスTRトリートメントを毛先中心につける
  4. ドライヤー&ブロー
  5. 軽めにアウトバスTRトリートメントをつける
  6. アイロンをする
  7. 最後に軽めにアウトバスTRトリートメントをつける

こうやって見るとすごいつけますよね?しかしこれぐらいつけなければいけません。

そもそもアイロンのプレート部分で髪をはさみ、滑らすようにして熱処理しながら伸ばしますが、低い温度にしていても100°前後、高い設定にしてしまうと180°まで上がります、そんな高熱を髪に直接つけていれば当然髪は傷んでしまいます。これぐらいでも足りないことがわかりますよね

つまりはしっかりと髪を保護する必要があるのです。

髪を優しくタオルドライ

乾かす前提になるので、お風呂上がりになりますね。まずはしっかりとタオルドライをしましょう。毛先の水分がたれないようになるくらいにタオルドライしてあげるのが目安です。

36

ここで髪からポタポタと水滴が落ちるくらいの加減だと、アウトバスTRトリートメントも一緒に流れてしまったりと髪に浸透しないので、まずは余計な水分を取り除きましょう。

毛先中心に手のひらで滑らすようにしてつける

39

揉み込むようにしてつけるのも効果的です。髪の中に浸透させるイメージで揉み込んでみたり、髪を整えるようにして、手のひらにはさみ滑らしたりしてつけましょう。

ポイントとしては、1プッシュずつつけてあげると付けすぎる失敗はあまりないので、少量からつけていき髪の状態によって調節することが大切です。

つけすぎてベタつくという失敗はよく聞きます。

37

手のひらに残っている油分で表面を撫でるようにしてつける

表面に軽く油分がつくのでキレイになります。トップや頭皮付近はつけてはいけないという情報(ベタつく、ボリュームがつぶれる)は数多くあるが、手に残っている程度であれば全く問題はなく、キレイになるのでおすすめです

オイルタイプがおすすめ

無難でもあるようですが、「オイルタイプ」がおすすめです。ツヤ感もでる上に効果的にドライヤーの熱から髪を保護してくれます。オイルは使いやすさも抜群なので使い始めはとくにオイルタイプがおすすめでしょう。

N.(エヌドット)

ブラッシングしてあげましょう

とくに抜けがちになるのが、ブラシでのコーミングです。髪にアウトバスTRトリートメントを付けた後にブラッシングをしてあげることによって、髪のキューティクルがより一層にキレイになり、さらにTRが浸透してくれます。

今すぐできることなので試してみましょう。手触りが変わります

少しコストはかかりますが、こちらのブラシがおすすめです。

ドライヤー&ブローでキレイにしよう

38

後はいつもどおりにドライヤーをしてあげましょう。ドライヤーの熱処理によってキューティクルが引き締められ髪にツヤがでるだけでなくまとまりもでてくれます。

乾燥していたり、パサツキが気になるのであれば要所に合わせてアウトバスTRトリートメントを少し加えてあげましょう。

ヘアアイロンは優しくしましょう。

ヘアアイロンにはいくつか注意点があります。とりわけ中心となるのは「優しくする」ということです。アイロンはくせ毛もストレートにすることができる協力なアイテムですが、決して万能ではありません

使えば使うほど髪を痛めてしまいますので、ちゃんと使い方を勉強してアイロンを使いこなしましょう。

アイロンは同じところに何度もしないこと

アイロンはとても強力なので髪を傷めてしまいます。

慣れていない内は、アイロンを使っていると何度も同じところにしてしまいがちですが、慣れてきたら1回〜2回程度に留めておきましょう

アイロンの設定温度は130°〜160°前後に

市販のアイロンでも200°以上の高熱で真っ直ぐにしてくれるものも最近ありますが、これはかなり危険です。最初はストレートヘアに感動するでしょうが、1週間も使い続けると、全く効かなくなります。

おすすめの設定温度は130°〜160°です

この温度の幅は髪質やくせ毛の強度によって変わります。できるだけ低い温度でしてあげましょう。

できるだけ分けながらアイロンするように心がけましょう

をヘアピンなどで分けながら、薄め少なめでしてあげるほうが熱が通りやすく、低温でもくせ毛がストレートになりやすく、短時間で効果的にアイロンを使えます

くせ毛が伸びにくなってきた」や「低温だと真っ直ぐになってくれない」という方はこの方法だとかなり伸びやすくなります。

分かりやすく図解にしてみました。

アイロン

このようにして、量の多い後ろ髪はできれば3つのパネルに分けてアイロンすることにより髪は傷みにくくなります。

髪をまとめてすることによって、くせは熱を通しにくくするだけでなく、中の方まで熱が伝わらないためにストレートの持ちも悪くなります

さらに伸びにくくなるために、アイロンを握る手にも力が入り、熱を加えている時間も長くなり髪に悪影響なことばかりになります。

まとめ

洗い流さないトリートメントは、髪の外側と内側の両面から髪の傷みを補修してくれるもので、オイルやクリーム、ミストタイプといった様々なタイプが存在します。

アウトバスTRトリートメントを使いこなし、組み合わさせることでアイロンの効果を100%発揮することができます。アイロンを初めて使った時は髪を真っ直ぐにできることに対して感動をしたことを覚えています。

しかし使い方を間違えると数ヶ月もすれば、悩みに逆転までもします。そうならないためにも、洗い流さないトリートメントでしっかり髪を保護してあげながら、ヘアアイロンでスタイリングを楽しんで下さい

洗い流さないトリートメントをさらに知りたい時はこちらもご参考ください。

少しでも参考になればと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.