2017/09/22

「手荒れの時に絆創膏をつけても大丈夫なのか?」手荒れにも切り傷にも使える絆創膏の貼り方について

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

美容師をしていると、頭を悩ますことが多い手荒れ問題。

季節による乾燥の手荒れや、1年中手荒れや手湿疹の方は、症状が悪化するとパックリと皮膚が割れてしまうことがあります。

1~2箇所ならまだしも、多い人は10箇所以上も割れて痛みや痒みが伴います。そうなると日常生活にも支障をきたす厄介な存在になります。

傷が開かないようにと絆創膏を貼る方も多いと思いますが、割れた箇所が多い場合や炎症を起こしている場合に絆創膏を貼るとかぶれて悪化する事があります。

美容師がおすすめ絆創膏知識についてをまとめてみました。

手荒れや手湿疹の人が絆創膏をしても大丈夫なのか?

正直なところ、手荒れや手湿疹の人が絆創膏を貼るのはあまり望ましくないと思います。

傷を保護する目的で絆創膏を貼るものの、粘着面と接している部分がかぶれて炎症を起こし痒みがでることによって、手荒は悪化する一方です。

重度な手荒れの症状がでている場合は、一度手荒れが起きれば治りにくく、症状が広がり強い痒みがでる可能性があります。

そのほかにも絆創膏が悪影響になる場合もあります。

アレルギーによるかぶれ

手荒れが治りにくい人は、アレルギー体質の人が多いと言われています。皮膚の表皮にある皮脂や天然保湿因子、角質細胞が低下することによって、乾燥しやすくなります。

絆創膏の粘着性部分が乾燥している肌に、刺激となりかぶれることがあります。

殺菌によるかぶれ

絆創膏は通気性が悪く、汗や水(お湯)を使うことで蒸れることがあります。蒸れることにより細菌が繁殖し、炎症や痒みを発症し手荒れになります。

剥離によるかぶれ

絆創膏の粘着部分の剥離によって皮膚の表皮を一緒に剥がしてしまい、炎症を広げてしまうことがあります。

これらの事から本来であれば絆創膏はおすすめできるものではありせん、というのもやはり絆創膏で悪化させている人を多く見るからです。

しかし、手荒れが悪化すれば必需品ともなる絆創膏。そんな絆創膏も使い方を工夫することによって効果的に使いこなせるようになります、色々とまとめてみました。

絆創膏の貼り方について

上記のことを踏まえても、手荒れの症状が悪化すると絆創膏は必須となります。そのため貼り方には繊細に注意をしましょう。

基本的には作業毎に張り替えるようにしてください。やはり絆創膏は通気性が悪く蒸れやすいものです。作業毎か2〜3時間に一度は張り替えるようにすると、手荒れの症状は回復していくと思います。

そのほかに注意すべきことについてもご紹介します。

手を保湿&プロテクトする

何よりもハンドクリームでプロテクトをする必要があります。乾燥が原因となる手荒れには保湿による対策をしてから絆創膏を貼るようにしましょう。

「修復力」&「高保湿」でハンドケア

ハンドクリーム選ぶ際は、セラミドよりも粒子が細かい「ナノセラミド」が配合されているハンドクリームをチョイスしましょう。

こういった化粧品を購入する際は、まずセラミドの種類をしっかりと見極めることからはじめることが大切になります。中には疑似セラミドや植物性セラミドが含まれている場合もあるので、こういった種類のセラミドが含まれている化粧品は避けた方が良いとされています。

ナノセラミドとは?

セラミドをさらに細かく凝縮した成分を「ナノセラミド」といいます。ナノセラミドは通常のセラミドよりも細かい性質のため、角質層の奥深くまで浸透するという特徴があります。

剥がれにくい絆創膏の貼り方

IMG 5155
IMG 5156
IMG 5157

このように絆創膏に切れ目を入れておくと、ズレが少なくて剥がれにくくなります。その後は切ってある部分を交差するようにして貼ります。

FullSizeRender 205
FullSizeRender 207
FullSizeRender 206

このようにして交差させることによって、剥がれにくくなってくれます。さらに切っているために粘着面が少ないので外しやすく、手荒れ対策にバッチリです。

 

これは、最も剥がれやすいけども必要になる指先にも使えます。このやり方を知っておけば色んな場所に絆創膏を貼ることができます。

この貼り方は手荒れだけでなく切り傷などにも使える万能の貼り方です。

おすすめの絆創膏

ちなみにおすすめの絆創膏もご紹介します。かなりの大容量で貼りやすく蒸れにくい、超万能の絆創膏です。

まとめ

絆創膏の色々についてをまとめました。

  1. 2〜3時間毎に張り替えるようにすること
  2. ハンドクリームで保湿&プロテクト
  3. 絆創膏の貼り方にも工夫をする

このようにして、絆創膏を使いこなして手荒れをやっつけましょう。少しでもたくさんの手荒れで悩む人の助けになればと思います。

こちらの記事もご参考にしてください。

ぜひ、参考に。

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.