2017/09/23

文字を継続して書くという事でしか得られない成長というものがある

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

きっかけはこちらのTweet。

(リンク失礼します)

人気者になりたい(なりたくないとも言ってない)というわけではないですが、最低限という話ではとても共感できました。

これはむしろ人気者になりたいわけじゃなくとも、文字は継続して書き続けるべきだと思うまでもあります。

文字を継続して書くという事でしか得られない成長

やはり文字を継続して書くことでしか得られない成長というのは確かにあると思います。というか継続して書くことはそんな簡単なものでもありませんから当然っちゃ当然なのですが。

文字を継続して書くということ生まれるマインドアップ

文字を継続して書くということは、多くのインプットをアウトプットできるということです。もちろん書く内容にもよりますが。

つまり頭の整理ができマインドアップに繋がります。これは素晴らしく効率的・効果的に繋がります。視覚化は効果的にマインドアップはする方法になります。

過去の自分メッセージ

文字の素晴らしいことって、消さなきゃ消えないっととこです、きちんと形が残るんですよね。まさに自分の分身のようにして残っているんです。

最近のぼくはブログ記事を加筆はするけど、記事自体をリライトすることはあんまりなくて、それってその時の自分のダメダメなところがそのままでている感じを消したくないということなんです。

それは日記というか過去の自分のアルバム的な感じで、写真のアルバムじゃなくて文字のアルバムとして残している気分なのです。

それらも含めて文字を継続して書くことでしか得られない成長

これらのことは、少なからず文字を書き続けることでしか得られない成長です。もちろん美しいストーリーや、脚本を目指すんですけどまだまだなので、いつかそういう成長ができればとかは思っています。

でも何ヶ月後か何年後かにまたこの記事を書いて、「うわー恥ずかしー、消したい!」とか言いながら見る度に、文字を書き続けているからこそ感じれる成長を味わいたいと思います。

思ったことをそのまま書いた記事なので、誰かの役に立てるとは思いませんが、こういうのを見て「よし、なんか書こう!」って思ってくれると幸いですね。

ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.