【サイトマップ】おすすめ記事一覧
ミルボン洗い流さないトリートメント

【ミルボンのみ】美容師がおすすめする「洗い流さないトリートメント」厳選ランキング【最新版】

「ミルボンの洗い流さないトリートメントはどれがいいの?どのトリートメントが一番おすすめ?」

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

ミルボンの洗い流さないトリートメントをランキング形式まとめ

前回の記事では、「ミルボンシャンプーランキング」をつくったので、今回は洗い流さないトリートメントのランキングをまとめました。

女性ならば「ミルボン」というメーカーを聞いたことがあるはずです。

もともとは美容室専売として販売されていましたが、種類の多さから市販のドラッグストアでは、どこにでも置いているようになりました。

女性
女性
でも、種類がありすぎてどれを使っていいか分からない…

という人に向けて記事をつくりました。

ぼく自身もさまざまなミルボン商材を使用した経験があり、それをもとにミルボンの洗い流さないトリートメントを厳選してみました。

当記事は、ミルボンの洗い流さないトリートメント30種類以上を使用した経験を活かして、厳選したおすすめのミルボンの洗い流さないトリートメントランキングです。

 

見たい場所へジャンプ

ミルボンについて

ミルボンシャンプー
きし
きし
まずは、ミルボンについて説明していきます。
つま
つま
ミルボンは、たくさんの人が利用でしている有名なヘアケアブランドです。

ミルボンとは1965年以降、ヘアサロン専用ブランドとして成長してきました美容メーカー社です。

ミルボンのシャンプーはもともと、美容室でしか購入できないものだったことをご存知ですか?

しかし最近では、amazonや楽天などのネットでも販売されています。

元々がヘアサロン専用品ということもあり、品質も高く髪質が改善した・まとまりがよい・ボリュームがアップした・などの口コミが多く、人気の美容メーカーなのが「ミルボン」です。

 

ミルボンの特長①「種類が豊富」

ミルボンの商材は、とにかく種類が豊富なのが特徴です。

髪質を改善したい」というお悩みに合わせて選ぶことができるので、髪質だけでなく頭皮のケアなど、さまざまなオーダーメイドでケアができていくのも、種類が多いからこそできるのです。

きし
きし
女性はケアアイテムの種類が多いと、色々なものを試してみたくなってしまうので、種類の多さというのとても強い武器となります。飽きさせないとのは魅力の1つということです。

ミルボンの特長②「デザインが魅力的」

アイテムのデザインも超重要です。

中身も重要ですがボトルの見た目で選ぶというかたもいらっしゃいます。

ミルボン洗い流さないトリートメントの容器は手にフィットしたり、色にもこだわりがある高級感のある容器によって使う人の気持ちを高揚させてくれます。

きし
きし
美容師が使いやすいように設計させてもいるので、普段何気なく使う洗い流さないトリートメントをワンランクあげてくれるのも超魅力的です。

ミルボンの特徴③「好まれやすい香り」

ミルボンの洗い流さないトリートメントは、フルーツや花など女性が好きな香りを採用しているため、香りも人気の一つです。

好きな香りで洗い流さないトリートメントを選ぶということも少なくありません。その香りがあなたの香りになりますからね。

きし
きし
香りにより、アロマテラピー効果もあるので、髪だけでなくメンタルケアにも繋がるので、香りはやはり良いものを選びたいですよね。

洗い流さないトリートメントだけでなく、ミルボンのシャンプーも人気なのでおすすめです。

ミルボンの洗い流さないトリートメントの選び方

きし
きし
ミルボンの全ての洗い流さないトリートメントがあなたの髪質に合うわけではありません。
つま
つま
髪質に合わせる洗い流さないトリートメントを選ぶポイントについてお話します。

ここまで、ミルボンの魅力をお伝えしましたが洗い流さないトリートメントを選ぶときに気をつけるべきポイントを話します。

どんなことで悩んでいるかを明確にする

髪、髪質、ヘアダメージ、ヘアスタイルの、何を悩んでいるかを明確にすることがなによりも大切です。

例えば「髪のダメージが気になる」という悩みがあるとします。しかし、これは具体的な悩みではありません。

  1. 毛先が絡まる
  2. パサつく
  3. くせ毛がまとまらない
  4. ハリこしがない
  5. 髪が広がる
  6. 頭皮の抜毛が気になる
  7. 頭ニオイをどうにかしたい

などなど、自分の悩みを具体的にすることが大切となります。

ミルボンで迷ったら「オージュア」がおすすめ

オージュアシリーズは少しコストもかかりますが、品質はワンランク上です。

バランスが良いだけでなくさまざまな種類の中から、あなたにあったヘアケアが見つかります。どんな人でもキレイにまとまることができます。

さまざまなミルボンの洗い流さないトリートメントを使いましたが、最もおすすめできるのがオージュアです。

できれば美容師に相談しましょう

やはり髪質に合うかどうか自分ではわからないこともあります。

もちろんアイテムは自分の好みで決めるものですが、相談して決めるのも一つの考え方です。

アドバイスをもらうことで視野が広がります。

 

ミルボン洗い流さないトリートメントランキング

きし
きし
さまざまなミルボンの洗い流さないトリートメントを使ってきたぼくたちのおすすめを話します。
つま
つま
実際に使っているのでお墨付きですよ。

豊富な種類のミルボン社の洗い流さないトリートメントの中からおすすめの洗い流さないトリートメントを厳選してお話します。

ミルボンの洗い流さないトリートメント一覧
  • エストクアル
  • レミュー
  • アプラウ
  • エルジューダ
  • ジェミールフラン
  • オージュア
  • グローバルミルボン

豊富な種類のミルボン社シャンプーの中から、おすすめの洗い流さないトリートメントを厳選してご紹介します。

  1. 個人的な主観と判断
  2. 人によって順位は違う
  3. 価格<内容

判断基準は、価格+有効成分+使用感=で判断しています。

 

1位 「オージュア エイジングケア」

きし
きし
ミルボンの洗い流さないトリートメントの中で最もおすすめになるのがオージュアシリーズのエイジングラインです。
つま
つま
幅広いラインナップがさまざまな髪質に合わせることができるだけでなく、ヘアケアとエイジングケアの両方をできるのでおすすめです。
種類 評価
補修力
保水力
まとまり
総合

「イミュライズ エクシードセラム」

きし
きし
イミュライズは傷みやすくなった髪におすすめの洗い流さないトリートメントでオイルなので軽いのにしっとり仕上がります。

「イミュライズジェルステムライザー」

きし
きし
エクシードセラムで物足りない人にはジェルステムライザーがおすすめです。ダメージが気になる人にもおすすめです。

「タイムサージエッセンス」

きし
きし
ツヤが欲しい人にはタイムサージがおすすめです。ツヤ感がしっかりでてくれます

「エクイアル フォースミスト」

きし
きし
ボリュームが気になる人はエクイアルを使うとボリュームをつくりやすくなります!

エイジングケアに特化しているオージュアシリーズ。エイジングケアラインは加齢による水分不足を補ってくれるのでアラサー女子には圧倒的におすすめになるシリーズです。

オージュアエイジングライン
  1. イミュライズ(オイル・ジェルオイル)
  2. タイムサージ(クリーム)
  3. エクイアル(ミスト)

2位 「オージュア ヘアケアライン」

きし
きし
次いでオージュアシリーズのヘアケアラインが2位です!
つま
つま
エイジングケアラインよりも多用なラインナップは髪の悩みを解決できることは間違いありません!ロングからショートまで幅広く使用することができます。
 種類 評価
補修力
保水力
まとまり
総合

「クエンチ ミスト」

「クエンチ セラム」(オイル)

「クエンチ フルイド」(クリーム)

「アクアヴィア セラム」

「アクアヴィア モイストセラム」

「スムース セラム」

「フィルメロウ ミルク」

オージュアシリーズのヘアケアラインは、万能に使えるラインであなたの悩みに合わせて全部で4種類全7個の中からチョイスすることができるトリートメントです。

それぞれの特性を活かしてケアをすることができます。ミストタイプ・オイルタイプ・クリームタイプとさまざまな種類と特性があるのも特徴の1つです。

オージュアヘアケアラインナップ
  1. クエンチ(ミスト・オイル・クリーム)
  2. アクアヴィア(オイル)
  3. スムース(オイル)
  4. フィルメロウ(ミルク)

3位 「グローバルミルボン」

きし
きし
オージュアの次におすすめになるのがグローバルミルボンシリーズです!
つま
つま
オージュアに負けず劣らずのラインナップと性能なので、オージュアが合わなかったという人におすすめの商品です!
 種類 評価
補修力
保水力
まとまり
総合

「ルミナスファイングオイル」

「ルミナスソフトニングオイル」

「リプレニッシングミスト」

「リストラティブブローアウトプライマー」

「リストラティブブローアウトプライマー」

「ヒューミディティ ブロッキングオイル」

ハイダメージ毛を補修してしなやかな髪にしてくれます。

弾力のある質感を求める人や、髪にハリがないと感じる方に使用しても効果が実感できるので、さまざまな人に使うことが出来ます!毛髪補修成分が浸透しなやかな髪にしてくれます!

グローバルミルボンのラインナップ
  1. スムース
  2. モイスチュア
  3. リペア
  4. アンチフリッズ

さらにツヤ、サラサラの質感を求める人や、指通りが気になる人におすすめの洗い流さないトリートメントです。

髪の表面をやさしく包みこんで、毛先までツヤやかで、とても優しい髪質にしてくれます!

うるおいのある輝きと、指通りをなめらかな髪になります!

 

4位「メルティバターバーム」

きし
きし
メルティバターバームは、性能は良くて固形なので使う人を限定しますがハマれば、かなり良いトリートメントです!
つま
つま
ロングでダメージの気になっている人におすすめします!ただ少し使うまでに慣れが必要かも・・
 種類 評価
補修力
保水力
まとまり
総合

メルティバターには、まとまりを記憶してくれる「モイストモリンガバター」が配合されています。この成分に加えて、シアバターを加えている固形タイプの洗い流さないトリートメントです。

特徴としては、成分濃度がクリームタイプよりも高く保湿力は髪をキレイにするのは当然ですが、ハンドクリームとしても効果の高いです。

さらに、固形な分補修力が高い洗い流さないトリートメントです。

 

5位「プラーミア デイエッセンス」

きし
きし
プラーミアデイエッセンスはとても使い勝手の洗い流さないトリートメントなのです。
つま
つま
ドライ用に濃厚になっているのでちょうど良い質感がつくれるのでおすすめのアイテムの1つです。
種類 評価
補修力
保水力
まとまり
総合

洗い流さないトリートメントだけでは、ちょうど良い仕上げの方法がなかったのですが、ちょうど良いスタイリング剤のラインとして使えるのがプラーミアデイエッセンスです。

  1. お風呂上がりに「アウトバス用洗い流さないトリートメント」と使う。
  2. ドライ&ブローをする
  3. プラーミアデイエッセンスを使用してスタイリングする。

つまり、洗い流さないトリートメントですがプラーミアデイエッセンスを使用するのにはアウトバス用と組み合わせる必要があります。

プラーミアデイエッセンスを使う考え方としては・・

  • アウトバス=「化粧水
  • プラーミアデイエッセンス=「ファンデーション

というような考え方が良いです。

 

6位「メルティバター 」

きし
きし
メルティバターバームのクリームタイプです。
つま
つま
バームよりは使いやすくなりましたが、しっとり感に物足りなさを感じるかもしません!
種類 評価
補修力
保水力
まとまり
総合

普段のライフスタイルでは、夜にドライヤーをかける人がほとんどです、そしてシャンプーのしたての状態で乾かすことで、まとまりはとても良いものになります。

そのままの状態がキープしてくれるのが理想ですが、中々うまくはいってくれません、そのキープ力を上げてくれるのがメルティバターの成分「モイストモリンガバター」なのです。

オリーブスクワランがケアクリームとなってくれているクリームタイプの洗い流さないトリートメントです。特徴として、なによりもつけやすいことがポイントです。クリームタイプなので初心者にもあつかいやすくて、ムラなくつけることができます。

 

7位「エルジューダエマルジョン」

きし
きし
エルジューダシリーズのエマルジョンが6位です!
つま
つま
オージュアやグローバルミルボンに比べるとやや物足りなさを感じてします。エルジューダを使うのならば上位のトリートメントをおすすめします!
 種類 評価
補修力
保水力
まとまり
総合

「エルジューダエマルジョン」

「エルジューダエマルジョン+」

エルジューダはダメージ補修型のクリームタイプのトリートメントです。無印と+の2タイプがあり髪質に合わせて変えます。

ケラチンが配合されているので保水性に優れており、しっとりとしたまとまりが持続します。「バオバブオイル」と「アクアコラーゲン」が配合されており、ドライヤーからの熱作用からも髪を守ってくれます。

 

8位「エルジューダFO・MO」

きし
きし
ボリューム感を出すエルジューダシリーズ。
つま
つま
エマルジョンに比べると水分力が物足りないのでランクダウンです!
 種類 評価
補修力
保水力
まとまり
総合

「エルジューダ FO」

「エルジューダ MO」

エルジューダシリーズ、FO(リンバーセラム)MO(メロウセラム)の違いは根本からつけることができる洗い流さないトリートメントです。

このトリートメントはエルジューダと違いオイルタイプのサラッと軽めのタイプになっております。「シアオイル」「アクリルオイル」によって毛先だけでなく根本から扱いやすい髪にしてくれます。

ミルボン エルジューダ徹底解説|洗い流さないトリートメントの特徴やエマルジョン・FO・MOの違いについてトリートメントと言えばどんなイメージをお持ちでしょうか、 キレイになる 髪を保護する ツヤを出す などなど、...

 

きし
きし
ここからはレミュー・アプラウ・エストクアルの紹介になりますが、個人的に型番も古くてこれらを使うのなら、早めの買い替えをおすすめします!
つま
つま
年々、髪に良い物が生まれていますからね。上位陣の洗い流さないトリートメントを使うことを強くおすすめします!

 

9位「レミュー」

「レミューフルイド」

「レミュー セラム」

「レミュークリーム」

 

10位「アプラウ」

「アプラウ ウォーターゲル」

「アプラウ ミルクモイスチュア」

 

11位「エストクアル」

「エストクアル SL」

「エストクアル SO」

 

ランキングの終わりに

きし
きし
ミルボンの洗い流さないトリートメントについてまとめてみましたがいかがでしたか?
つま
つま
私はオージュアを使っています。髪がサラサラにしっとりしているのでお気に入りです。

いかがでしょうか?ミルボンの洗い流さないトリートメントばかりを集めてみました。

ぼく自身も、さまざまなミルボンの商材を使っていましたが、今や「エルジューダ」と「オージュア」の2強に加えた「メルティバター」がおすすめとなっています。

しかし、どの商材も素晴らしく使う事にキレイになるだけでなく、お客さまのニーズに合わせて進化していくのでとても楽しみでもあります。

一般の方にも知られることの多くなってきたミルボン社ですが、この記事が何かの役にたってくれると幸いです。

次のページでは「ミルボンの全スタイリング剤まとめ」を作ったので、良ければ一緒にご参考くださいね。

 

ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。