美容師が作る「10種類」のシャンプーランキング

【ミルボン】美容師がおすすめする「洗い流さないトリートメント」厳選ランキング【最新版】

【ミルボン】美容師がおすすめする「洗い流さないトリートメント」厳選ランキング【最新版】

 

6位「メルティバター 」

 きし
メルティバターバームのクリームタイプです。

つま

バームよりは使いやすくなりましたが、しっとり感に物足りなさを感じるかもしません!
このアイテムの評価
補修力
(3.0)
保水力
(4.0)
まとまり
(4.0)
総合評価
(3.0)

トリートメントの特徴

普段のライフスタイルでは、夜にドライヤーをかける人がほとんどです、そしてシャンプーのしたての状態で乾かすことで、まとまりはとても良いものになります。

そのままの状態がキープしてくれるのが理想ですが、中々うまくはいってくれません、そのキープ力を上げてくれるのがメルティバターの成分「モイストモリンガバター」なのです。

7位「エルジューダエマルジョン」

 きし
エルジューダシリーズのエマルジョンが6位です!

つま

オージュアやグローバルミルボンに比べるとやや物足りなさを感じてします。エルジューダを使うのならば上位のトリートメントをおすすめします!
このアイテムの評価
補修力
(3.0)
保水力
(4.0)
まとまり
(3.0)
総合評価
(3.0)

「エルジューダエマルジョン」

「エルジューダエマルジョン+」

トリートメントの特徴

エルジューダはダメージ補修型のクリームタイプのトリートメントです。無印と+の2タイプがあり髪質に合わせて変えます。

ケラチンが配合されているので保水性に優れており、しっとりとしたまとまりが持続します。「バオバブオイル」と「アクアコラーゲン」が配合されており、ドライヤーからの熱作用からも髪を守ってくれます。

 

8位「エルジューダFO・MO」

 きし
ボリューム感を出すエルジューダシリーズ。

つま

エマルジョンに比べると水分力が物足りないのでランクダウンです!
このアイテムの評価
補修力
(3.0)
保水力
(2.0)
まとまり
(4.0)
総合評価
(3.0)

「エルジューダ FO」

「エルジューダ MO」

トリートメントの特徴

エルジューダシリーズ、FO(リンバーセラム)MO(メロウセラム)の違いは根本からつけることができる洗い流さないトリートメントです。

このトリートメントはエルジューダと違いオイルタイプのサラッと軽めのタイプになっております。「シアオイル」「アクリルオイル」によって毛先だけでなく根本から扱いやすい髪にしてくれます。

 きし
ここからはレミュー・アプラウ・エストクアルの紹介になりますが、個人的に型番も古くてこれらを使うのなら、早めの買い替えをおすすめします!

つま

年々、髪に良い物が生まれていますからね。上位陣の洗い流さないトリートメントを使うことを強くおすすめします!

 

9位「レミュー」

「レミューフルイド」

「レミュー セラム」

「レミュークリーム」

 

10位「アプラウ」

「アプラウ ウォーターゲル」

「アプラウ ミルクモイスチュア」

 

11位「エストクアル」

「エストクアル SL」

「エストクアル SO」

 

「ミルボン」について

「ミルボン」について

 きし
まずは、ミルボンについて説明していきます。

つま

ミルボンは、たくさんの人が利用でしている有名なヘアケアブランドです。

正式社名「株式会社ミルボン」。英文社名「Milbon Co., Ltd.」。化学工業。昭和35年(1960)「ユタカ美容化学株式会社」設立。同40年(1965)現在の社名に変更。本社は大阪市都島区善源寺町。業務用頭髪化粧品メーカー。

ミルボンとは1965年以降、ヘアサロン専用ブランドとしてさまざまな商材をヒットさせている美容メーカー社です。

ミルボンのシャンプーはもともとは、美容室でしか購入できない美容室専売品でした。

しかし、最近では楽天などのネットでも販売されており、元々がヘアサロン専売品ということもあるために、品質も高く「髪質が改善した・まとまりがよい・ボリュームがアップした」などの口コミが多い、美容師だけでなく一般にも人気の美容メーカーがミルボンなのです

美容師をしているとミルボンの情報というのは、とても多く流れてきます。

そこで美容師が感じるミルボン社のシャンプーの特徴をまとめ人気の理由を話します。

 

ミルボンの特長①「種類が豊富」

ミルボンの商材は、とにかく種類が豊富なのが特徴です。

髪質を改善したい」というお悩みに合わせて選ぶことができるので、髪質だけでなく頭皮のケアなど、さまざまなオーダーメイドでケアができていくのも、種類が多いからこそできるのです。

 きし
女性はケアアイテムの種類が多いと、色々なものを試してみたくなってしまうので、種類の多さというのとても強い武器となります。飽きさせないとのは魅力の1つということです。

ミルボンの特長②「デザインが魅力的」

アイテムのデザインも超重要です。

中身も重要ですがボトルの見た目で選ぶというかたもいらっしゃいます。

ミルボン洗い流さないトリートメントの容器は手にフィットしたり、色にもこだわりがある高級感のある容器によって使う人の気持ちを高揚させてくれます。

 きし
美容師が使いやすいように設計させてもいるので、普段何気なく使う洗い流さないトリートメントをワンランクあげてくれるのも超魅力的です。

 

ミルボンの特徴③「好まれやすい香り」

ミルボンの洗い流さないトリートメントは、フルーツや花など女性が好きな香りを採用しているため、香りも人気の一つです。

好きな香りで洗い流さないトリートメントを選ぶということも少なくありません。その香りがあなたの香りになりますからね。

 きし
香りにより、アロマテラピー効果もあるので、髪だけでなくメンタルケアにも繋がるので、香りはやはり良いものを選びたいですよね。

洗い流さないトリートメントだけでなく、ミルボンのシャンプーも人気なのでおすすめです。

 

ミルボンの洗い流さないトリートメントの選び方

ミルボンの洗い流さないトリートメントの選び方

 きし
ミルボンの全ての洗い流さないトリートメントがあなたの髪質に合うわけではありません。

つま

髪質に合わせる洗い流さないトリートメントを選ぶポイントについてお話します。

ここまで、ミルボンの魅力をお伝えしましたが洗い流さないトリートメントを選ぶときに気をつけるべきポイントを話します。

どんなことで悩んでいるかを明確にする

髪、髪質、ヘアダメージ、ヘアスタイルの、何を悩んでいるかを明確にすることがなによりも大切です。

例えば「髪のダメージが気になる」という悩みがあるとします。しかし、これは具体的な悩みではありません。

“ポイントは…”
  1. 毛先が絡まる
  2. パサつく
  3. くせ毛がまとまらない
  4. ハリこしがない
  5. 髪が広がる
  6. 頭皮の抜毛が気になる
  7. 頭ニオイをどうにかしたい

などなど、自分の悩みを具体的にすることが大切となります。

ミルボンで迷ったら「オージュア」がおすすめ

オージュアシリーズは少しコストもかかりますが、品質はワンランク上です。

バランスが良いだけでなくさまざまな種類の中から、あなたにあったヘアケアが見つかります。どんな人でもキレイにまとまることができます。

さまざまなミルボンの洗い流さないトリートメントを使いましたが、最もおすすめできるのがオージュアです。

できれば美容師に相談しましょう

やはり髪質に合うかどうか自分ではわからないこともあります。

もちろんアイテムは自分の好みで決めるものですが、相談して決めるのも一つの考え方です。

アドバイスをもらうことで視野が広がります。

 

終わりに

洗い流さないトリートメントコンテンツのまとめ

 きし
ミルボンの洗い流さないトリートメントについてまとめてみましたがいかがでしたか?

つま

私はオージュアを使っています。髪がサラサラにしっとりしているのでお気に入りです。

ぼく自身も、さまざまなミルボンの商材を使っていましたが、今や「エルジューダ」と「オージュア」の2強に加えた「メルティバター」がおすすめとなっています。

しかし、どの商材も素晴らしく使う事にキレイになるだけでなく、お客さまのニーズに合わせて進化していくのでとても楽しみでもあります。

一般の方にも知られることの多くなってきたミルボン社ですが、この記事が何かの役にたってくれると幸いです。

以上です。

次のページでは「ミルボンの全スタイリング剤まとめ」を作ったので、良ければ一緒にご参考くださいね。

こんな感じで以上です。

参考に慣れば幸いです。