オージュア・バージョンアップ版を体験してみたので前バージョンとを比較検証と様々な考察しました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

先日

オージュアからオージュアバージョンアップはどのように違うのか?

講習を経て大きな違いとなることをまとめてみました。

  • パッケージのビジュアルの変化
  • 各シリーズの廃盤
  • 新たな成分
  • 価格改正

この4つが大きな違いになりました。

パッケージのビジュアルの変化

オージュア,バージョンアップ
まだ開封までされていないオージュアの、バージョンアップシリーズの各々半数です。

約4年ほど使用してきたオージュアなので、思い入れが強い分かなりテンションが高いです。

パッケージが変わるというのは、もはや新製品を導入するかのような気持ちになるので、これだけでもとてもワクワします。

一部シリーズの廃盤

バージョン2ndにともない、いくつかの商品が廃盤となります。

  • ウィンタードライ
  • インナーバウンス

この2シリーズが廃盤となります。これはとても残念なかたも多いのではないでしょうか。

 

ぼく個人では「インナーバウンス」シリーズはサロンケアから、リーブインのミストは気に入っていたので残念に感じています。しかし代用は他シリーズでもできるバージョン2ndからできるようです。

新たな成分

新たな成分として、「iDTコンプレックス」が全シリーズに採用されています。

iDTコンプレックスの2つの効果

  • 自己再生力
    ダメージを受けたαヘリックスに働きかけ、構造の再生を促進します。
  • ダメージ耐性力
    あらかじめ髪に作用させることで、カラー、熱、シャンプージの物理的ダメージを抑制します。

iDTコンプレックスによるケラチンタンパク質構造(αヘリックス)の再生率を算出すると、効果的に構造を再生させることが確認できたらしいのです。

「たんぱく質は生きている」という新たな視点

髪は死んだ細胞「死滅細胞」であると考えられており、ダメージを受けるとも元の構造には戻らないというのが、今までの常識になっていたのですが、ダメージから自身の力で構造再生させる成分が、「iDTコンプレックス」というものなのです。

価格改正

これに関してはデメリットとなるものです。

全ラインナップが「¥200」ほど実質値上がりします。まぁ上記のことを踏まえると妥当なことなような気がしますが。

それでも形式上はシャンプー&トリートメントは¥200ほど、リーブイントリートメントは価格は変わらずに容量が少なくなります。これは今回のバージョン2ndにおいての唯一のデメリットでしょう。

実際にオージュアを触ってみた

実際に、色々のオージュアバージョン2ndを触ってみたので色々と感想を書いてみました。

シャンプー

なんと開封の儀からさせていただくことになりましました。

オージュア,バージョンアップ 
オージュア,バージョンアップ 
オージュア,バージョンアップ

第一印象はとにかく「手に馴染む」ということです。前ラインに比べると、デザインパッケージにかなりアールがきいていて手に馴染む設計はとても好印象。

それだけでもワクワクします。まるでAp○leのようです。

オージュア,バージョンアップ
(左:バージョン2nd 右:前バージョン)

 

そして、前バージョンとのシャンプー剤比較をしてみました。濃厚さが全く違い、水分量の違いが一目瞭然です。 

トリートメント

オージュア,バージョンアップ
オージュア,バージョンアップ

トリートメントのビジュアルも大きく変更!フタ部分もさわり心地が抜群です。

これは超高まります。

洗い流さないトリートメント(リーブイン)

オージュア,バージョンアップ
オージュア,バージョンアップ

次はリーブイントリートメントの「イミュライズ」シリーズ。前ラインとの比較です。

オージュア,バージョンアップ
(左:前バ ージョン 右:バージョン2nd)

こちらはオイルなので見難いですが、濃厚さが目に見えて分かります。髪へのしっとり感も半端ないです。

オージュア,バージョンアップ

ぼくはてっきり、ビジュアルが変わっただけのものかと思っていましたが、それは大きな間違いでした。

オージュア,バージョンアップ

ビジュアルデザインの変化も当然嬉しいですが、成分も負けず劣らずの変化になってくれているようです。

オージュア,バージョンアップ

とにかく無駄に並べて見ました。

そういうワクワク感ももたらしてくれるオージュアは飛躍的な進化を遂げてくれました。

オージュア,バージョンアップ

オージュア,バージョンアップ

発売当初から人気の「クエンチ」も、ビジュアルはもちろん色や香りも濃厚にバージョンアップしています!

実際にオージュア(バージョン2nd)体験

今回、使用するのはオージュア代表の「クエンチ」です。

ほんとはイミュライズやスムースなども使いたかったのですが、ここはオージュアのバージョン2ndの良さをシンプルに感じたかったので工夫を一切せずに施術に入ります。

事前状態

事前状態は少し髪にパサつきのある状態です。カラー毛で熱変性させている髪です。

そではいざトリートメントに入っていきます。


とにかく、シャンプー剤のきめ細かさと、濃厚さが目に見えて分かるのに感動します。

オージュアの導入した時の気持ちが蘇ります。とにかくシャンプーの良さに感動した記憶があります。

オージュアバージョン2ndの途中経過

オージュアの仕上がりはツルツルすぎてやばいですね。さわるだけで感動します。

オージュア・バージョンアップ版の仕上がり

ツヤ髪になりました。

これはかなりキレイになりました、「クエンチ」のみのシンプルな構成でここまでキレイに。

ちなみに、オージュアトリートメントの大きなデメリットと言えば、「人によって仕上がりの差が出てしまう」ということです。

しかし今回のバージョン2ndによって技術ムラがなくなるそうなので、その辺も安心して使用していけるみたいです。それはありがたいです。

ミルボンメーカーさんも今回使用するのが初めてというようなことで、みんなでテンション高めで施術していたのはとても楽しかったです。色々とオージュアのバージョン2ndを使い倒して、様々な情報を発信していこうと考えています。

少しでももたくさんの髪のキレイに繋がると幸いです。

是非、参考に。

 

次の記事はこちら↓

 
Site map


チェックエントリー

シャンプー剤の教科書

くせ毛の教科書

スタイリング剤

洗い流さないトリートメント



 
この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.