「髪」と「美容師」のことをテーマに発信している美容師ブログ

きしろぐ

カテゴリー

月別カテゴリー

Instagram

Twitter

Facebook

読みたい記事が分かる!おすすめのサイトマップ
【厳選】効果がある美容室のサロンシャンプーランキング!〜様々なお悩みように〜
【洗い流さないトリートメント人気ベスト5選】美容師が厳選したアウトバス・ランキング
【厳選】効果がある美容室のサロンシャンプーランキング!〜様々なお悩みように〜
【洗い流さないトリートメント人気ベスト5選】美容師が厳選したアウトバス・ランキング

スタイリング・スタイリング剤の基本についてを学ぼう!

 
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で美容室B’WAVEで美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマ。役立つコンテンツを日々更新しています。

詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

パーマやヘアカラーなど髪のおしゃれが楽しめる時代、それとともにスタイリングでも楽しめる時代ともなっています。そこで重要になってくるのが「スタイリング剤」です。

今回はそんなスタイリング剤の特徴とメカニズムについてを解説します。

スタイリング剤の基本

パーマやヘアカラーなどいろいろと髪のおしゃれが楽しめる時代から、ドライヤーやコテ、アイロンなど自分で気軽にスタイリングを楽しめる時代になりました。

でも楽しめる時代だからこそ、ヘアスタイルへの欲求(クオリティ)が高くなり、いつしかスタイルを再現してそして維持するのは、自然に髪を乾燥させただけでは難しいものばかりになっています

そのためにスタイリング剤というのは必需品となっています。

そんなスタイリング剤は、ちょっとしたタイミングや使用量またスタイリング剤の特徴を理解することでその効果は大きく変わってきます。

スタイリングとは?

スタイリングの定義

  1. デザインの形を整えること
  2. 服飾・アクセサリーなどを効果的なスタイルを形にすること
  3. 髪を整えること

スタイリングとは基本的には形をつくることや、整えることです。さらにわかりやすく解説すると、目的によってもスタイリングの意味合いは変わるということです。

スタイリングの目的

  • 自分の悩みを解消するためにスタイリングする
  • なりたい自分のためにするスタイリング

共通しているために、とても似たようなことですが、実は大きな違いがあるのです。

自分の悩みを解消するために整えるスタイリングなのか、それともなりたい自分のためにデザインするスタイリングなのか、ということです。

スタイリング剤とは?

1960年代。ボブにはクリームやオイル、セットスタイルにはヘアスプレーが使われていました。そして70年代にはブロー、さらに後半からはフォームタイプなどが生まれ、90年代にはワックスで毛先に動きをつけるスタイリング剤が生まれました。

スタイリング剤とはヘアスタイルをつくりやすくして、さらにそのスタイルを保持しやすくする「剤」のことをスタイリング剤と言います。

そして、スタイリング剤はスタイリング中に使用してヘアスタイルをつくる「プロセス剤」と主に出来上がったスタイルを保持する「フィニッシュ剤」に分けることが出来ます

  • プロセス剤・・・
    フォームワックス、ワックス、クリームなど
  • フィニッシュ剤・・・
    ヘアスプレー、ワックス、ムースなど
しかし、最近ではプロセス・フィニッシュをまとめてできるようにスタイリング剤も高品質なものも増えてきています。

スタイリングのメカニズム

1スタイリング

水もしくは剤にて水分を含んだ髪は、その水分によって髪の内部の「水素結合」が切れて柔らかくなり、その状態でなりたいスタイルのクセをつける わけです。

そして水分が乾くことによって、つけたクセの通りのスタイルで再び髪の内部で水素結合をします。

さらにスタイリング剤が髪の表面についていますのでヘアスタイルを固定することが出来ると言うのがスタイリングのメカニズムとなります。

樹脂皮膜のタイプ、つまりヘアスプレーのセットタイプやヘアフォーム、ローションなどはあくまでも皮膜で髪を固定しますので、一度その皮膜が離れるつまり髪が乱れると再整髪性がありません。

それに対して粘着性のタイプ、例えばワックス、クリーム、ミルクなどは、油脂やポリマーを用いたもので粘着性のある油脂ですので一度離れても、再整髪性があります。

まとめ

スタタイリングの基本とスタイリング剤についてを解説しました。とてもニッチな内容でしたが、何かのお役に立てれば幸いです。

普段何気なくしているスタイリングと何気なく使用しているスタリング剤のことから知ることで、効果が大きく変わります。

ぜひ、参考に。

おすすめシャンプー
この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で美容室B’WAVEで美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマ。役立つコンテンツを日々更新しています。

詳しいプロフィールはこちら
 
 
月別コンテンツ カテゴリー
ワードで検索






Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.