【簡単スタイリング法】女性のミディアム〜ロングの上手な乾かし方

 

この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

みなさん髪をどうやって乾かしていますか?

私は髪が傷むから自然乾燥派です!」なんて人もいるのではないでしょうか。実は乾かした方というのがスタイリングが段違いにしやすくになるのを知っていますか?

この記事では・・

  • 美容師が教えるスタイリング上手になれる髪の乾かし方
  • 髪質やヘアスタイルに合わせたドライヤー法

についてをわかりやすく解説していきます。

女性の髪の上手な乾かし方ドライ&ブロー

髪というのはとても繊細です。ちょっとしたことによって影響を受けます。

髪が影響を受けるもの

  • 乾かさない
  • 湿度
  • 湿気
  • 寝ぐせ
  • 重力

などなど様々なことがあります。

自然乾燥をしているかたも多くいらっしゃるようんですが、これらの影響を脱出するためには、ドライヤーで乾かすことが必須となります

さらに乾かすことで髪全体にまとまりとツヤ感が向上するために、スタイリングが長持ちしたりします。

ヘアスタイルは乾かし方で決まる

ヘアスタイルを構成する上で、大切になるのはもちろんカットやカラー・パーマにはなりますが、その他に大事なことというのが乾かすことドライ&ブローなのです。


極端な話ですが、多少カットなどがおかしくなっていようがスタイリングをキレイにしていれば、良いスタイルというのはつくることができます。

 

逆にどんな良い技術をもってしても、スタイリングが上手くいかないとスタイルとしては格好良くありません。

そのためにぜひ乾かすことドライ&ブローの重要性を知ってください。

タオルドライは入念にする

タオルドライ
タオルドライ1

まずは髪を乾かす前にしっかりとタオルで水分をとりましょう。

頭皮と髪から水分をはさみ優しく押さえるようにしてい、水分を吸収しましょう。ふく時は、頭皮➔毛先という順にふいていき毛先の水分までしっかりとりきりましょう。

チェックポイント

  • できるだけ優しくふいてあげる
  • 水分をしっかりと取りきる
  • 根本〜毛先の順にふく

洗い流さないトリートメントアウトバスTRで髪の保護をしよう。

ドライヤーはスタイリングに必須ですが、決して万能ではありません。熱はダメージにもなるのでダメージになる前に予防としてアウトバスTR洗い流さないトリートメントをつけてあげましょう。

まずは1プッシュほどだし、手の平に伸ばします、その両の手のひらで髪をはさみ、優しくすべらすようにして何度も髪を整えます。多少の残っている感じで表面を撫でるようにしてつけるとツヤ感もアップします。

チェックポイント

  • 全体にまんべんなくつける
  • ここでもできるだけ優しく
  • 最後にクシでといてあげると効果的

根本から乾かす

乾かす

まずは根本のほうから乾かしていきましょう。

乾かす流れとしては

  1. 根本
  2. 前髪
  3. 中間
  4. 毛先

この順になります。

こうしておくことによって効率的に効果的にスタイリングをすることができます。

髪というのは濡れている時に1番素材としては真っ白の状態となりますが、髪が乾くにつれて、環境による外的要因が加わり髪の状態が変化します

外的要因とは

  • くせ毛
  • 乾燥
  • 重力
  • 湿度

ということになります、つまり先にこれらの対策として乾かす必要があり、外的要因は根本が大きく関係しているために根本から先に乾かす必要があるのです。

さらに、根本から乾かすことで乾く時間も短縮できるために効率化にもなるのでおすすめです。

チェックポイント

  • 根本近くから乾かすようにする
  • 手の甲で頭皮をカバーしながら乾かす
  • 根本を乾かすときから全体のスタイルをイメージする

左右に乱しながら分け目をなくす

わけm

根本から乾かす時に、左右にふったり前後にふったりと縦横無尽に乾かすことで髪に自然なボリューム感がつくられます。

これはボリュームがあるないに関わらず必要なことでバランスがキレイに整うことになります。

チェックポイント

  • 前後左右にふって乾かして分け目を消す
  • 根本乾かす時に分け目を消すように意識しましょう
  • 根本は100%乾かしましょう

ボリュームを抑えたい場合は上から乾かす

ドライヤー

ボリュームを抑えたい場合と表記していますがこの他にも、

  • 枝毛を抑えたい
  • ロングヘアー
  • くせ毛が気になる

こういった悩みがある人にも効果的です。

基本は下を向いて乾かすようにしましょう。できるだけ頭よりも上にドライヤーがある状態をつくるとボリュームが収まってくれます。

ボリュームを出したい場合は毛流れに逆らうようにして乾かす

ボリューム

このようにして毛流れに逆らったり、ボリュームをつくるようにして乾かすことでよりスタイルをつくることができ、スタイリングが上手くいくようになります。

向けたい方向に「手をつくる」

乾かす時にはハンドブローというものがとても大事になります。

そして自分のスタイルに合った手の形がポイントになります。

(左から、引っ張る、内に入れる、髪を巻く)

このようにして毛先をハンドブローするために手の形がポイントとなります。

自分のヘアスタイルに合ったブローの仕方を覚えましょう。

仕上げは冷風で

仕上げに冷風をあてることによって、髪のキューティクルが引き締まりツヤ感やまとまりがアップします。

最後は必ず冷風で全体にはんどぶろーをしましょう。

ドライヤーも大切なポイント

ドライヤーにも様々な種類がありますが、いくつかポイントをご紹介。

ドライヤーを選ぶおすすめのポイント

  1. コスト
  2. 風量
  3. 髪へのダメージ度合い


ぼくがおすすめするドライヤーもご紹介します。ぼくがおすすめするのは「復元ドライヤー」です。

きし

復元ドライヤーのポイントとなるのは『育成光線』というエネルギーです。

 

育成光線とは、人体の細胞と共振共鳴作用をおこす6〜20μmの波長のこと。つまり通常のドライヤーみたい熱風で水分を蒸発させるわけではなく育成光線で共振共鳴をおこし気化させるということ

髪への負担は驚くほど少ないのでとにかくおすすめです。

まとめ

簡単な乾かし方についてをレクチャーしてみましたがいかがだったでしょうか?実際にしてみるとスタイリングが驚くほどしやすくなるので、あなたの今のヘアスタイルの魅力がさらにアップします。

すぐにでも実践できる内容になっているので、ぜひチャンレジしてみてください。

少しでもたくさんの人の髪のサポートになれば幸いです。

ぜひ、参考に。

 
Site map


チェックエントリー

シャンプー剤の教科書

くせ毛の教科書

スタイリング剤

洗い流さないトリートメント



 
この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.