【白髪隠しに最適】THROWコンシーラーがファンデーションタイプでめちゃくちゃ使える

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

THROWスロウカラーにはカラーリング以外にもアイテムがあります、白髪隠しのスロウコンシーラーというアイテムです。

白髪隠しとは、ヘアカラーとヘアカラーの間の繋ぎを担うことができるアイテムの1種です。カラーリングではないために染まるのではなく「塗る」だけで洗えば落ちるというデメリットはあるものの、隠すことができる便利アイテムです。

THROWスロウカラーにはそんな便利アイテムもあるので、スロウコンシーラーの解説をしていきます。

スロウ ヘアカラーコンシーラー


(毛髪着色料/コンパクトケース/専用パフ入/11g)

ヘアカラーをして数週間後くらいから気になる、顔の周りや分け目の伸びてきた白髪を簡単にカバーできるので、次のヘアカラーまで快適にお過ごしいただけます。

白髪を染めている方の大きな悩みというのは、白髪が目立つ早さが一番です。(早い人ならば染めてから1週間〜2周間ほどで気になる)

そのスパンでカラーリングをすると、髪や頭皮を痛めてしまう恐れもあるので中々手を出せずにいますが、そんな時にはこういうアイテムを使うことで、簡単に解決することができます。

カラーの種類

  • ライトブラウン レギュラー
  • ブラウン レギュラー

THROWスロウコンシーラーを実際に使ってみた

スロウコンシーラー白髪隠し

実際にスロウコンシーラーを触り心地も確認してみました。

スロウコンシーラー白髪隠し
スロウコンシーラー白髪隠し

開けてみると、とにかく高級感に感動します。さわり心地のクリア感や、重量とかちょうど良いのも魅力です。

スロウコンシーラー白髪隠し

中はこんな感じに、白髪隠しと鏡とバフです。

スロウコンシーラー白髪隠し

もはや白髪隠しにしておくのはもったいないくらいのデザインとクオリティです。

スロウコンシーラー白髪隠し
スロウコンシーラー白髪隠し

 

今回、使用しているのは「ブラウン レギュラー」ですが、ほんのりとブラウン茶色みは、とてもナチュラルで美しい仕上がりになります。

ここまで白髪隠しにこだわるのかというくらいのレベルに感動します。

最強の白髪隠しアイテム

スロウコンシーラーを実際に触ってみて、かなり好印象だったので良いところをまとめてみました。

ファンデーションタイプなので塗りやすい

白髪隠しには様々なタイプがあります、スティックタイプ、トリートメントタイプとありありますが、ファンデーションタイプはとくに少ないです。

そんなファンデーションの良いところは、とにかく使いやすいということ。なじみのあるファンデーションのバフは質感も、使い心地もまさにそのものです。

 

女性は使いやすいはずです。

手が汚れない

スティックタイプにくらべかなり使いやすいです。バフ付きがこんなにも良いとは・・。

バフがあるので何回でも塗り直しができるために、手が全く汚れないのです。白髪隠しを使っていると分かると思いますが、手につくと中々とれないのです。

しかし、そんな手間もなくなります。

おしゃれなので持ち運びがしやすい

上記にもあるように、高級感があり誰に見られても恥ずかしくありません。

「そんなの白髪隠しに関係ないじゃん」と言われそうですが、むちゃくちゃ重要です。どこにでも持っていけるのです。旅行先にでも、レジャー先にでも、いつでもどこでも持っていけます。

やはり、白髪とはデリケートな部分になるので「白髪」というワードが入っていないのは、シンプルに使いやすい用に感じますね

そして、中々取れない仕様

白髪隠しにとって重要なのは、汗をかいてたり、多少濡れた程度ではとれないかどうかです。

IMG 5649
スロウコンシーラー白髪隠し
(左:何もしていない 右:コンシーラー数回塗りまりました)
手にもつけてみましたが、全く問題なくて洗っても中々とれなかったです

頭皮は他の部分に比べ皮脂の分泌量が多めになっているのでちょうど良いくらいだと思います。

鏡付きが地味に嬉しい

スロウコンシーラー白髪隠し

地味にですが、鏡があるのが嬉しいです。自分でつけるときに鏡があるとつけやすさが増します。

個人的には、この鏡だけでも買う価値があるぐらいです。

まとめ

白髪隠しに最適だと感じた「スロウコンシーラー」ですが、ネックとなるのは通常のものと比べると少し高額ということぐらいでしょうか。美容メーカーの開発なので高額なのは仕方ないと言うしかありませんね。

それを差し引いても、魅力に感じるのであれば手に入れる価値のある商材だと感じます。

何よりもおしゃれなので、持ち運びがしやすいので、お化粧直しにも使えるので、どこにでも持っていけて、どこでも使えるというのは超魅力だと感じます

そう考えると、いくつか数種類の白髪隠しを持っておいても損はないと思います。お出かけ用のお供にぜひ。

お試しあれ。

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2017 All Rights Reserved.