2017/09/23

【20年ぶり】親子が共同作業した話

 

この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@bwave_kishi)です。

「20年ぶり」親子の共同作業について

親子

行きつけの居酒屋ってありますか?

ぼくには【月に一度】通っている居酒屋があります。ぼくがというか、家族が通っている居酒屋ですね。そこに連れて行ってもらってからの常連です。

そこにいつも良くしてるママさんがいて、この間のコンテストの鉛筆デッサンの話をしたら、「欲しいっ!」なんてことを言ってくれるもんだから、嬉しくなってコピーして持っていきました。

こちらの記事↓

とっても喜んでくれて、しかも光栄にもお店にも飾ってもらうことになりました。

んで家族でご飯を食べている時に・・・

20年ぶりぐらいに親子の共同作業

デッサンを額縁に飾ってくれることになったから、額縁にデッサンを入れる事になったのですが、父と2人での共同作業でした。

約20年ぶりの共同作業。20年ぶりだから意思疎通が全然とれてなくて、お互いどんくさい(笑)

自分の父は、そんなに褒めてくれたりするタイプの人ではないから、優勝したこんな時でも褒めてくれなかったんです。「美容師なんだからカットとかで優勝しろよ」みたいなこと皮肉ばっかり言ってましたね。「美容師のデッサンも難しいんだぞ」とかって思っていたんだけども、

そんなこと言いながら、嬉しそう額縁に飾っているの姿は、なんかやってて良かったなぁ‥‥なんて思いました。

なんか色々と良かった「共同作業」

親子

なんかデッサンと居酒屋で共同作業したのですが、色々と良かったです。
一緒になにかするとかって中々なくて、弟は父と同じ仕事をしているので、たまに羨ましく思う時もありました。

でもこんな感じで、なんて言っていいかわからない感じで、うまく伝えられないのですが、「なんか良かったなぁ」って思えました。

デッサンも喜んでもらえたし、飾ってもらえたし、20年ぶりの親子の共同作業は良かったなって話でした。

居酒屋なんで、たくさんの人の心に残ってくれたらいいなぁ。これでお酒なんか飲んでくれたら嬉しいかも。来年はカットの方もがんばろう。

ふふふ。

今日はこんな感じで。では。

デッサン

 

 
Site map


チェックエントリー

シャンプー剤の教科書

くせ毛の教科書

スタイリング剤

洗い流さないトリートメント



 
この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

Copyright© きしろぐ , 2016 All Rights Reserved.