最強のシャンプーランキング30選

美容師が教える「白髪が生えにくい身体」をつくる9つの改善方法

3 min
この記事の内容

白髪が生まれにくい体質つくりを解説

「白髪が生えにくい体質」そんな体質があるのをご存知でしょうか。

白髪は、メラニン色素を生成しているメラノサイト欠失による事が原因とされています。

しかし、なぜメラノサイトが欠失するのか?

多くの人が、加齢だけが原因という認識を持っていますが、実はさまざまな要因から起こり、結果として白髪になってしまいます。

  1. さまざまな要因によってメラノサイト欠失
  2. メラノサイト欠失によってメラニン色素が生成されなくなる
  3. 白髪が発生

当記事では、さまざまな要因によってメラノサイトを欠失を改善・予防することによって白髪になりにくい体質作りをしようというテーマでつくっております。

きし

きし

日々の積み重ねによって、健康でキレイな髪作りになります。

この記事の著者
この記事の著者

ブロガー

きし かずき

Kazuki Kishi

ブロガー

ゆきな

Yukina

プロフィール


運営者は、美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー洗い流さないトリートメントスタイリング剤(ワックス)ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

白髪が「生えにくい体質」をつくる

きし

きし

実は、白髪の生えにくい体質があります。

あるというか、むしろ白髪の生まれにくい体質はつくることにあります。

白髪が生えにくい体質というのは、健康な身体をつくることにあります。

遺伝や加齢は仕方ないにしても、今からでも十分に試す価値のあるものだと考えます。

9つのポイント
  1. バランスの良い食事
  2. 身体をほぐして血行促進
  3. 身体のデトックス
  4. デジタルデトックス
  5. アロマテラピーでリラクゼーション
  6. 運動でストレス発散
  7. 睡眠時間で効果的に休息
  8. 飲酒は控える
  9. 喫煙はやめる
きし

きし

さらに、これらのポイントは加齢や遺伝に対しての対策にも効果的なので、白髪が気になっているもしくは気になる前から取り組むことをおすすめします。

髪の栄養はバランスの良い食事から

きし

きし

健康な髪のためには、髪の成長にとって必要な良い栄養素が頭皮に運ばれる必要があります

髪にとって良い栄養素というのは、ビタミンやミネラルそして髪の構成成分であるタンパク質です。

逆には過剰な糖分や脂肪分は、頭皮の血行を悪化させ皮脂の過剰分泌を引き起こすこともあります

野菜や果物が少なくカロリーの高い偏った食事を続けていると不健康になり、抜け毛の原因になることもあるので注意が必要となります。

とくにおすすめの食べ物

  1. 海藻類
  2. 亜鉛
  3. ビタミンA
  4. ビタミンB
  5. カルシウム
  6. たんぱく質
  7. フルーツ

栄養は食物からカラダを通り、髪に行き渡ります。できるだけ髪に良い物を摂取する工夫をしましょう。

カラダをデトックスする

きし

きし

体内に溜まった老廃物を排出させることが大事です。

1日に2㍑の水分補給を目安に、摂取すると老廃物との入れ替えをすることができます。

水だけでなく炭酸水もデトックス効果が高くておすすめです。

定期的にカラダの中をリセットすることで髪を健やかに成長させることができると言われています。

デジタル・デトックスも効果的

情報をシャットアウトして、ストレスを開放することも大事になります。たくさんの情報によって、人は知らず知らずのうちにストレスを溜めてしまっています。 スマートフォンの電源を切り、テレビを切りデジタルデトックスも白髪対策には効果的です。

アロマテラピーによって身体のリラクゼーション

美容にも効果があるとされ、自分の好きな香りで心身ともにリラックスのひとときを。 寝る前や、仕事や勉強の合間に好きな香りを取り込むことで、カラダのなかからストレス発散につながっていきます。

「運動をする」

きし

きし

運動をすることで、カラダの血行や血流だけでなく頭部への血行や血流も良くなります。運動することや、ストレッチは髪にとって効果が高いアクションの1つなのです。

女性にの大敵でもある冷え性は良いことが一つもありません、周りの環境をかえることよりも身体を強くすることから始めると良いとされています。

最近、女性に多いヨガや、ベリーダンス、ボクササイズなどもおすすめです。

血行・血流が良くなるのは、栄養が届きやすくなりますので髪が伸びやすくなります。ポイントは無理なく、体に負担が少なく、さらに楽しくできる運動がいいということです。

「質の高い睡眠をとる」

きし

きし

短くても、その短時間の睡眠を良質なものにするだけで、グッとカラダが楽になります。結果として身体の血行や血流が良くなります。

睡眠を良質にする6つの事
  1. 「食事の時間」を注意する
  2. 「カフェイン」は量には気をつける
  3. 「身体」をあまり冷やさない
  4. 「目」をリラックスさせる
  5. 「耳」をリラックスさせる
  6. 「鼻」をリラックスさせる

髪の成長を促進するには、睡眠がとても大切になりますが、良質な睡眠をとるためには身体の状態を睡眠をとりやすいものにする必要があります。

これらのことが髪のことにも繋がるので睡眠の時間や、良質のものにする工夫をしましょう。

飲酒の量を控える

きし

きし

お酒は量によって影響は変わります。適量のアルコール摂取ですと、血液循環は良くなって頭皮の血行も良くなり健康な髪を維持できます。

ワイン、ビール、日本酒などコップ一杯程度なら毎日の飲酒は良いとされています。

ところが、アルコールを飲み過ぎると血液の循環は悪くなり、頭皮に必要な栄養分が届かなくなります

その結果、頭皮が不健康になり髪も栄養不足でボロボロになり、白髪の原因になります。

喫煙はやめる

きし

きし

これは言わずもがな。喫煙は血液の濃度を変化させ、身体全体を悪くさせます。

喫煙に関しては身体に良いことは1つもありません、百害あって一利なしです。

できれば禁煙をやめるか、無理ならば本数を減らすようにしましょう。

目次に戻る

あとがき

きし

きし

白髪のできにくい体質作りは健康なカラダつくりです。

まずはできそうなことから始めて行きましょう。

まとめ
  • バランスの良い食事
  • 身体をほぐして血行促進
  • 身体のデトックス
  • デジタルデトックス
  • アロマテラピーでリラクゼーション
  • 運動でストレス発散
  • 睡眠時間で効果的に休息
  • 飲酒は控える
  • 喫煙はやめる

これらのことは、白髪になる前からでも有効ですし白髪が生えてきてからも効果的です。

さらに、髪だけでなく身体の健康面においても多大なる恩恵を受けるはずなので、やっておいて損のないことばかりです。

白髪出たら白髪染めという対策も大切ですが、内からキレイにすることも意識してみましょう。

こちらの基本コンテンツを読むと理解度が深まります。

関連記事