2017/09/22

【いまどきの白髪染めについて】すごいキレイに染まるというのを「スロウ」を使って思った件

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

最近、スロウのグレイカラー(白髪染め)のラインであるコンフォートも、よく使うようになってきたので使用感も含めて書いていきたいと思います。

一番感じることは・・



スロウの「白髪染めの凄さ」もっと知るべき

だと感じます!

品質は当然のごとく高く、それだけでなくデザインや、使い心地、コスパなどにも優れている剤、それがスロウですが、グレイカラー用のコンフォートラインもとてもキレイな仕上がりになります。

スペックが高いところに注目

そんなスロウの白髪染めのスペックを高いところにも注目です。ベーシックのスロウに比べ、白髪を染めるのがベースになっている分、もちろん赤みを削る力は弱くなっているものの、十分なクオリティになります。

白髪を染めるためには三大原色の赤・青・黄の三色が必要になり、赤みを削る力が弱くなってしまいます。
従来の白髪染めとの違いは、

やはり「赤み」を削るところ。

しかし、スロウの白髪染めのスペックは十分に高くパフォーマンスが高いです‼︎

きし

さらには彩度も色濃いのも魅力のひとつです。

▼処方 スロウ CA/06

ベーシックなアッシュカラーを処方。スロウの醍醐味と言えばアッシュです。そして、少し濃いカラーにしていきます。

仕上がり

スロウスロウ

いかがでしょうか?白髪染めとは思えぬほどの彩度の高いアッシュカラーに仕上がってくれました。

白髪染め特有の『濁り』っぽいのがあまり感じられずに、とてもツヤのあるカラーになってくれました。

白髪の記事もご参考ください。



最後に

  1. 「赤み」を削るので、アッシュの発色がキレイ
  2. グレイカラー(白髪染め)なのに、結構明るく仕上がる
  3. 毛先もダメージもあまり感じずに、しっとりとしている

スロウの白髪染めの凄さをもっと知ってほしい話でした

ぜひ、参考に。

ではでは〜

スロウ

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2016 All Rights Reserved.