2017/09/24

【絶壁頭、必見‼︎】ショートにする時に気をつけること

 




この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

先日、「絶壁頭だとショートはあきらめたほうがいい?」という質問がありました。

この質問は何気によくあります、そして先日に質問してくれたの絶壁頭の方を、ショートスタイルにしたので、その際の絶壁の方のショートカットの注意点をまとめてみました。

絶壁頭ってなに⁉︎

頭の凹凸がなく、丸みがなく長細いフォルムになってしまう頭の骨格のこと。丸みではなく、まっすぐと平行になっている頭。

絶壁頭に必要なショートのポイントについて

絶壁頭の問題とは、通常通りにカットをした時に頭のフォルムがそのまま髪に現れてしまいます。

しかし、それだとヘアスタイルのシルエットが崩れてしまい、ショートヘアができなくなります。

きし

しかしショートスタイルというのはどんな方にも似合せることができます。

つまりヘアカットの仕方だけで、骨格の修正ができます。

絶壁頭の人であっても、ショートスタイルに似合わせることができるのです。

バックの髪を大胆に削ること

バックを大体に削る

絶壁頭のカットでは、ボリュームをつくるよりは削るという考え方になります。

絶壁頭のボリュームをつくることはできても、維持するのが難しいです。大胆に削ることで現状をボリューム感にしていきます

つくるよりも削ることで、フォルムコントロールをしていきます。

サイドを残し気味にする

サイドを残し気味にする

サイドを残し、絶壁頭という骨格だけでなく輪郭の小顔作りなども重ねてできるので、オススメです。

前下がり気味に作ることでフォルムバランスも良くなります。長さを見ながら、その人に合わせカットしていきます。

耳に髪をかけたりするアレンジもできるのも魅力の一つ。

 パーマ技術もオススメ‼︎

カットだけではつくれないボリュームも作ることでより骨格の修正をすることができます。合わせて動きもつくれるのでショートヘアの幅が広がります。

まとめ

いかがでしょうか?

絶壁頭の方で似合うショート作りのポイントをまとめると・・・

  1. バックを大胆に削ぎ落とす。
  2. サイドを残し気味にカットする
  3. 前下がりのショートにすることで幅も広がる
  4. パーマ技術もオススメ
どんな方でも似合わせることができるので、ぜひ一度チャレンジしてみましょう‼︎

では。

次はこちらの記事↓

この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山で「地方美容師」の活きる道を開拓したいと思ってます。美容師という概念ではなく多方面にも動いていこうとしてます! 個人メディアも運営していて、ブログも毎日更新してます、見てくれると嬉しいです。

 

Copyright© きしろぐ , 2016 All Rights Reserved.