【厳選】おすすめヘアケアセット!
美容師のブログ

フルーツハーブさんざし(サンザシ)について|美容師が教える美容ドリンクの特徴や飲み方を紹介

  • さんざしって何?
  • 髪にいい美容ドリンクってあるの?

当記事は、フルーツハーブさんざしという美容ドリンクについてお話していきます。

 

最近、話題にある「さんざし」という美容ドリンクがあるのをご存知でしょうか?

美容室でもおすすめしている美容ドリンクにさんざしが、身体だけでなく髪にもおすすめなのです。

女性
女性
髪を内からキレイにすることってできるの?

という人におすすめになるのがこの「さんざし」です。

髪にとっても重要になる成分のポリフェノールを摂取しやすい飲み物で、味も飲みやすいだけでなく、さまざまな組み合わせができることから、とても人気のある美容ドリンクとなっています。

 

当記事では、美容室でもおすすめしているフルーツハーブ「さんざし」の特徴と効果について、分かりやすくお話します。

 

さんざし(サンザシ)とは?

きし
きし
まずは、そもそもの「さんざし」という果実についてお話します。
つま
つま
さんざしって、あまり聞き慣れない果実ですよね?この機会にさんざしについて知りましょう。

もともとは漢方で使われていた果実のことを「さんざし」といいます。

「血液」「血管」に効果が高く、ポリフェノールがたくさん入っている健康と美容に良い果実なのです。

ポリフェノールの量は赤ワインのなんと約5倍にもなります。実は、ポリフェノールを含む食物は数少なくてとても貴重なんですよ。

(果実食品のポリフェノール/カテキン含有比率)

 食品  カテキン含有量(mg)  食品名  カテキン含有量(mg)
洋梨 5〜20 ブルーベリー 10〜20
10〜20 リンゴ 20〜75
赤ワイン 100〜150 さんざし(果物) 200〜800

少量を摂取するだけでも、カラダに良くて、髪にも良いものになります。

ポリフェノール多く含む数少ない果物

ポリフェノールは、抗酸化作用を高めて血液をサラサラにしてくれる美容効果があります。

さらに、髪に対しての育毛効果や薄毛予防・抜け毛予防にも繋がります。

抗酸化力について

呼吸によって1日に500ℓ以上の酸素を体内に取り入れているといわれています。

その酸素を使って食事で摂った栄養素を燃やし、エネルギーを作り出していますが、この過程で取り入れた酸素の約2%が強い酸化作用を持つ酸素のことを活性酸素と言います。

もともと活性酸素には、体内に入ってくるウイルスや細菌を退治するという大切な役割があります。

ところが必要以上に増えてしまうと、健康な細胞まで酸化してしまうのです。この活性酸素を取り除いてくれるのが「抗酸化力」なのです。

きし
きし
ぼく達は、生きるために呼吸して体に酸素を取り込んでいます。この活性酸素は身体の細胞を傷つけてしまう作用がありますが、反面で身体にとっては不要な細胞を排除してくれる働きもあります。

つまり、身体のバランスをとってくれるのも「抗酸化力の役割」となります。

ぼく達の身体は、活性酸素抗酸化力のバランスによって成り立っているというわけです。この抗酸化力を高める成分がさんざしには多く含まれています

もし、ポリフェノールの摂取量が少ないと・・

  • 体内の細胞や内蔵の老化に繋がる
  • シミやシワの原因に
  • 花粉症の悪化
  • 口臭の原因
  • 太りやすい体質に

このような悩みを起因することになります。

ポリフェノールをとらないと、身体を錆びつかせてしまう「酸化」という現象がカラダに起こります。

身体の部分の老化をに繋がり、細菌も増えさまざまな異状の原因にもなるのです。

さんざし(サンザシ)はコレステロールを抑える

身体に欠かせないコレステロールですが、多すぎると動脈硬化の原因になってしまいます。
さんざしは、コレステロールの値を低下させる効果があると期待されていますので、適度に摂取するとよいでしょう。

現代人の食生活や生活習慣では、ついつい摂り過ぎてしまいがちなコレステロールですが、サンザシの効果で無理なく予防していきたいですね。

 

【次のページではさんざしが飲みやすいポイントや飲み方についてお話していきます。】

1 2
ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。