美容師おすすめのヘアケアセット

「エクイアル」のシャンプー&洗い流さないトリートメントを美容師が解説!

「スタイルが崩れるのが早くなってきた。」

そう悩む30代を入ったあたりの女性が増えています、「髪が傷みやすくなった」や「くせ毛が多くなった」など髪のお手入れをしていても、感じる女性が多いです。

それに加えて、スタイルが思っていたよりも早く崩れてくるように感じるという悩みが多くなってきました。オージュアのラインナップに「エクイアル」という根本から毛先からしなやかにまとまるためのシャンプーがあります。

美容師が教えるオージュアの教科書【オージュア(Aujua)】美容師が「シリーズ毎の特徴」と「効果」を解説『最新版』

日本の女性は、年齢によって起こる髪の変化に悩んでいます。

今回、ご紹介するエクイアルでは年齢による髪の変化にまとまりをつくりやすいようにしてくれるヘアケア剤となります。この記事では「エクイアル」を使うことで、なぜ髪がまとまるのかを、分かりやすくお話します。

 

年齢と共に根本からシルエットが崩れてくる原因

 きし
カラーやパーマっておしゃれには必要だけど最近、ヘアスタイルが崩れやすくなった気がする…。

つま

そう悩む女性は少なくありません。まずは、年齢と共にスタイルが崩れやすくなるエイジング現象についてお話します。

まずは、年齢と共にスタイル崩れを起こしやすくなる原因についてお話します。

スタイルが崩れるイメージ図

髪内部にある「たんぱく質」の密度によってスタイルの持ちが変わる

イメージ図

髪の構造は、外側からキューティクル・コルテックス・メデュラで構成されています。エイジング現象では、コルテックス領域が重要になります。

コルテックス内には、たんぱく質がつまっており、外縁部の密度が高い部分と、内側の密度が低い部分の二重構造が存在しています。これが健康な人の髪のコルテックス領域(たんぱく質)です。

年齢と共に根本のたんぱく質は崩れ始めます

イメージ図

しかし、コルテックス領域にあるたんぱく質の密度が年齢によって変化し始めます。

加齢によって、髪にあるたんぱく質がどんどん減少していくことで、ヘアスタイルがキープする力が弱くなり、崩れる原因になるのです。

化学的ダメージが加わった毛先はさらに崩れスピードを早めます

イメージ図

さらに、根本に比べて毛先には化学的ダメージ(カラー・パーマ)が加わるために、根本よりもさらに、たんぱく質が減少していきます。

これによって、根本よりもスタイルの崩れが早く進行していきます。

年齢にともなう髪のシルエットの崩れ

イメージ図

根本の立ち上がりが倒れ始め、毛先が広がっていきます。くせ毛にも似た髪質の変化が現れるのが、「エイジング現象」なのです。

【エイジングヘア改善】美容師が教えるエイジング毛の原因や対策まとめ【エイジングヘア改善】美容師が教えるエイジング毛の原因や対策まとめ

 

髪内密度の構造をケアし、シルエットを整えてくれる

 きし
イミュライズよりもオールジャンルに使いやすいポジションになっているのがエクイアルです。

つま

イミュライズに続いてエイジングケアに特化しているアイテムです。
このアイテムの評価
水分量
(4.0)
まとまり
(4.0)
質感の良さ
(3.0)

年齢とともに変化していく髪のケアには、毛髪強度をケアしていく必要があります。そこで、オージュアのエクイアルがとても重要になります。

エクイアルでは、CMADKの毛髪内部への浸透を、浸透補助成分がコントロールします。

エクイアルの有効成分

【CMADK(毛髪に親和性の高いCMAD基を持ったケラチン)】

  • 毛髪と高い親和性を持つCMAD基の働きで髪に強く吸着します。
  • SS結合を持ち、毛髪に浸透して髪を保護することで、カラーやパーマによるダメージを抑制します。

【カミツレエキス(「根本用」浸透補助成分)】

  • 低分子量のポリフェノールであるアビゲニンを含む植物エキス
  • 成分の浸透しにくい毛髪の根本を中心に浸透し、CMADKの留まり方をコントロールします。

【タンニン酸(「中間〜毛先用」浸透補助成分)】

  • 天然由来の高分子量ポリフェノール
  • ダメージの大きい毛髪の毛先を中心に浸透し、CMADKの留まり方をコントロールします。

とくに、CMADKがエイジング毛に、必要なたんぱく質を補う重要な役割を果たしてくれます。

MEMO

CMADKとは、髪と高い緩和性をもつケラチンたんぱく質です。

ダメージ部分に浸透してくれ毛先まで均一にダメージを補修、髪が水分を蓄える状態に。

IMG 0748

減少していく結合の代わりに、たんぱく質同士を繋いでくれるとても重要な役割を持っているのです。

毛髪内密度をケアするメカニズム

たんぱく質の密度が年齢によって減少していきます。

さらに、化学的ダメージによって毛先のたんぱく質はさらに減少し、ヘアスタイルを維持がしつづらくなりますが、その髪にカミツレエキスとタンニン酸がアプローチをかけます。

エイジング毛にはエイジングケアをする必要があります。

 

「エクイアル」の良さをまとめると…

洗い流さないトリートメントコンテンツのまとめ

 きし
年齢とともにヘアスタイルが持続しにくくなってきたという人には「エクイアル」はおすすめです。

つま

年齢によって変化した髪に合わせた「エイジングケア」をしていきましょう。

年齢とともに変化していく髪のケアには、たんぱく質をケアしていく必要があります。

まとめ
  • たんぱく質をケアするエイジングケア
  • クエンチと似たポジションで中間
  • 細い髪でも太い髪でも使えるエイジングケア

エイジングケアとしては、イミュライズと類似しているアイテムです。

イミュライズとの違いは、エクイアルはポジション的にはクエンチと同じようなラインなので、オールジャンルで使えるアイテムとなっています。

最近では、髪質の変化で悩む女性はとても多く感じます。髪が健康な時にしていたことができなくなるのは当然だと感じますが、それに気づかない人もまた多いです。

髪の印象は人の7割以上も占めていて、年齢を重ねるほどにさらに印象が強くなると考えています。髪の重要性に気づき、いち早くエイジングケアを始めていきましょう。

髪もお肌も早めのケアが重要になります。「エクイアル」と「イミュライズ」は、ほんとおすすめです。

美容師が教えるオージュアの教科書【オージュア(Aujua)】美容師が「シリーズ毎の特徴」と「効果」を解説『最新版』

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。