【サイトマップ】おすすめ記事一覧
オージュア

「オーセナム」のシャンプー&洗い流さないトリートメントを美容師が解説!

 

「スタイルが崩れるのが早くなってきた。」

そう悩む30代を入ったあたりの女性が増えています、「髪が傷みやすくなった」や「くせ毛が多くなった」など髪のお手入れをしていても、感じる女性が多いです。

それに加えて、スタイルが思っていたよりも早く崩れてくるように感じるという悩みが多くなってきました。年齢とともにまとまらない髪が生えてくる要因の1つとして、地肌のカルボニル化の進行というのがあげられます。

オージュアのラインナップに「オーセナムという弾力のある健康的な髪を育む地肌をつくるシャンプーがあります。この記事では「オーセナム」を使うことで、どのような効果があるのかを分かりやすくお話します。

【オージュアの教科書】美容師ソムリエが教える特徴と成分の全シリーズまとめオージュア(Aujua)の特徴や成分を、ソムリエが教えるシリーズの記事です。特徴からそれぞれのシャンプーの成分や使用感を分かりやすく紹介します。...

年齢とともにまとまらない髪が生えてくる要因

つま
つま
カラーやパーマっておしゃれには必要だけど最近、ヘアスタイルが崩れやすくなった気がする・・。
きし
きし
そう悩む女性は少なくありません。まずは、年齢と共にスタイルが崩れやすくなるエイジング現象についてお話します。

年齢とともに抗酸化力(体の免疫力)が低下し、地肌に活性酸素が蓄積しやすくなります。

蓄積することによって、カルボニル化が進行します。

活性酸素の攻撃を酸化といいます。この酸化をカルボニル化

カルボニル化とは活性酸素そのものや酸化した脂質などが、たんぱく質を変質させる現象のことです。

それに対して、たんぱく質が糖と結合して変質する現象が糖化といいます。

両方とも皮膚の黄ぐすみに繋がると言われており、近年ではカルボニル化の方が黄ぐすみへの影響が大きとも言われています。

年齢による抗酸化力の低下

(スタイルが崩れるイメージ図)

30代をさかいに、どんどん低下します。

40代を迎えるころには、活性酸素を消化するほどの抗酸化力はないために、蓄積されていきます。

蓄積した活性酸素によって地肌がカルボニル化

年齢に伴う地肌のカルボニル化度

(イメージ図)

図にあるように、年齢に伴いカルボニル化度はどんどん向上していきます。

地肌角質細胞のカルボニル化

カルボニル化している細胞が緑色に光ります。

地肌に蓄積した活性酸素に影響されて、地肌だけでなく髪もカルボニル化します。

これによって、まとまらない髪が生えてくるようになるのです。

毛髪のカルボニル化

カルボニル化している細胞が緑色に光ります。

地肌に活性酸素が蓄積していくことによって、地肌だけでなく髪もカルボニル化が進行します。結果として、まとまらない髪が生えてきて、髪のシルエットの崩れをおこしやすくなる。

(イメージ図)

そして、根本の立ち上がりが倒れ始め、毛先が広がっていきます。

くせ毛にも似た髪質の変化が現れるのが、髪の「エイジング現象」です。

「オーセナム」はクリアで弾力のある健やかな地肌から健康的な髪を生やす

つま
つま
地肌のエイジングケアにはオーセナムがおすすめです。
きし
きし
年齢によって変化した地肌に合わせた「エイジングケア」が必要になります。
水分量
 まとまり
質感軽め
香りジャスミン グランディ フローラム
こんな人におすすめ地肌のエイジングケアです。女性の頭皮トラブルのある人におすすめです

地肌をクリアにするメカニズム

イメージ図

アンジェリカエッセンスが地肌の奥深くまで浸透し、活性酸素など外的要因から地肌を保護することで地肌力を高めます。

エイジングケアとは、髪だけでなく地肌にもケアをする必要があります。

オーセナムは、特殊タイプで炭酸シャンプーとルーセントオーラ(洗い流さないトリートメント)のみのラインナップです。

つまり、マスクやトリートメントのラインがないために、他のエイジングケアとの組み合わせが必要になります。

おすすめは、オーセナム+エクイアルです。

「エクイアル」のシャンプー&洗い流さないトリートメントを美容師が解説! 「スタイルが崩れるのが早くなってきた。」 そう悩む30代を入ったあたりの女性が増えています、「髪が傷みやす...

オージュアシャンプー「オーセナム」

オージュア炭酸シャンプー「フォーミングマスク」

オージュア洗い流さないトリートメント「ルーセントオーラ」

まとめ

きし
きし
年齢とともに髪に弾力がなくなってきたという人には「オーセナム」はおすすめです。
つま
つま
年齢によって変化した髪や地肌には、その人に合わせた「エイジングケア」をしていきましょう。

年齢とともに変化していく髪のケアには、たんぱく質をケアしていく必要があります。

まとめ
  1. 地肌をケアするエイジングケア
  2. クエンチよりも軽いポジション
  3. 細い髪でも太い髪でも使えるエイジングケア
  4. オーセナムは炭酸シャンプーとアウトバスのみ

オーセナムについて、まとめてみましたがいかがでしたか?

髪のエイジングケアと言えば、「イミュライズ」と「エクイアル」をご紹介しましたが、地肌のエイジングケアは「オーセナム」になります。

地肌のエイジングケアは、髪と同じぐらい重要なるか、むしろこれから生えてくる髪の毛には地肌のエイジングケアの方が重要になるのかもしれません。

オーセナムは炭酸シャンプーがメインになるので、マスクやトリートメントはイミュライズやエクイアルと組み合わせるようにしましょう。

【オージュアの教科書】美容師ソムリエが教える特徴と成分の全シリーズまとめオージュア(Aujua)の特徴や成分を、ソムリエが教えるシリーズの記事です。特徴からそれぞれのシャンプーの成分や使用感を分かりやすく紹介します。...
ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。