ミルボンスタイリング剤

ニゼル ドレシアコレクション「 グラスプ・トレイス・フリック」ワックスの特徴を分かりやすく解説

当記事はミルボンが取り扱う「ドレシアコレクション、グラスプ・トレイス・フリック」についての記事です。

ミルボン社のあつかうスタイリング剤の1つの「ドレシアコレクション」。

ヘアケア中心に取りあつかう美容メーカーミルボン社では、ジェミールフランブランド・ニゼルブランドを中心にさまざまなアイテムを排出しています。

今回お話するドレシアワックスの特徴としては、3種類の幅広いラインナップがあるので、女性だけでなく男性にも使えるスタイリング剤として、多くの髪質に合わせることができるスタイリング剤です。

ぼく自身も、さわってみて好印象なアイテムの1つです。

当記事では、美容師が使う専売のスタイリング剤のドレシアワックスの魅力を、分かりやすくお話します。

「ニゼル・ドレシアコレクション ワックス」とは?

きし
きし
今回は、ニゼルのドレシコレクションのワックスについてをお話します。
つま
つま
ドレシアワックスは、さまざまな髪質に合わせることができる万能アイテムです。

ドレシアワックスは、ニゼルのドレシアコレクションの「スタイリング剤」のラインナップとなります。

ドレシアコレクション・ワックスのラインナップ

  • ニゼル・ドレシアトレイスワックス(ソフト)
  • ニゼル・ドレシアグラスプワックス(ハード)
  • ニゼル・ドレシアフリックワックス(ウェット)

ドレシアワックスは、ソフト、ハード、ウェットに分かれており、好みによって使い分けることができます。

髪の長さによって使い分けれるために、ヘアスタイルによってことなります。

ハードタイプのグラスプワックスは、ドライワックスなのでメンズスタイルにも使えます。

ニゼル・ドレシアワックスの成分

魅力的なテクスチュア(動き)をつくることができるのが、ドレシアコレクションのワックスです。

3タイプの詳細をお話します。

出典

根元からメリハリのある立体感の出せるハードワックス

植物性ワックス(セット成分)配合。

植物から生成される天然由来のワックス成分、髪に動きと立ち上がりを作ってくれます。

揮発性のオイルが乾きを抑えてくれるので、手離れが良く、握り込んで揉み込んでつくるメリハリのある立体感がつくりやすくなります。

揮発性のオイルが乾燥したあと、アクリル系ポリマーが皮膜をつくりしっかりと立ち上がりをキープしてくれます。

出典

毛先にやわらかなまとまりをつくれるソフトワックス

指とおりが良く、毛先まで薄くのびて、やわらかなまとまりを表現。

マリンスクワラン(保湿成分)配合されています、マリンスクワランは鮫の肝油(かんゆ)から生成される天然由来の毛髪CMC類似脂質です。

髪のパサつきを抑えて、適度なツヤとやわらかさをつくります。

出典

ふわっと軽やかなヴェールをプラスしてくれるウェットジェルワックス

天然のミネラルパウダー(セット成分)配合。

植物の化石から生成した天然由来のミネラルを配合されており、髪にハリコシとふんわり感をキープしてくれます。

なめらかに伸びてくれるジェルワックスなので、髪が長くてもスタイリングがしやすいスタイリング剤となっています。

ドレシアワックスの使い方

使い方は至ってシンプルです。

出典

  1. 手の平によく伸ばします(石けんで洗うようにしっかりと伸ばす)
  2. 後頭部からつけていきます(下からつけていく)
  3. 全体にのばしてつける(下からつけていく)
  4. あとは表面につけていく
  5. 細かいところをつまみながら動きをつける

手に残ったドレシアワックスで、髪をずらしたりすることで可愛い動きをつくることができます。

ドレシアワックスの使用量目安

 使用量の目安 ショート・ボブミディアム ロング
ドレシアワックスパール 1個分パール 1.5個分パール 2個分

ドレシアワックスは、揮発性のオイルが全シリーズに入っているので、乾きにくいので髪が絡まりにくくて、使いやすいのも特徴の1つです。

ドレシアワックスのつけ方

できるだけ、ムラのでないようにしてつけてあげることで、より効果的になってくれます。

ドレシアコレクション・ワックスのラインナップ

ワックスのおすすめのラインについてもご紹介。

ドレシアコレクション・トレイスのすすめ

ソフトタイプなので、ショート〜の人におすすめ。

スタイリングの土台のベース剤としても使用できるので、どのヘアスタイルにもつかうことができます。

しかし、トレイスを使用するのであれば、これよりもジェミールフランシリーズのジェルクリームを使う方が良いです。

あわせて読みたい
「ジェミールフラン・ジェルクリーム」というスタイリング剤が素晴らしかったので分かりやすく解説当記事はミルボンが取り扱うジェミールフランについての記事です。 ミルボン社のあつかうスタイリング剤の1つの「ジェミールフラン・ジェ...

ドレシアコレクション・グラスプの特徴

ハードタイプなので、ショートからミディアムぐらいの人におすすめ。

揮発性が高いオイルを使っていると言えども、ロングには使うと絡まってしまうので、注意が必要です。

しかし、セットしている間は乾きにくいですが、乾くとしっかりキープしてくれるので、女性もおすすめですが男性にもつかうことができるのも、ポイントとなります。

さらにスプレーでキープすることも効果的

あわせて読みたい
【ドレシアコレクション「ヴェールスプレータイプ」】美容師がミルボンのスタイリング剤を解説! ミルボン社のあつかうスタイリング剤の1つの「ドレシアコレクション」。 ヘアケア中心に取りあつかう美容メーカーミルボン社では...

ドレシアコレクション・フリックの特徴

ちょうどトレイスとグラスプの間のトレイスよりぐらいのイメージのセット力です。

ジェルワックスなので、最近の流行のウェット感を簡単につくることができます。

フリックのみで使ってもかわいいですが、グラスプのあとに重ねてつけたり仕上げにでも使えるので、幅広いワックスになっています。

さらにウェット感が欲しい人はこちら

あわせて読みたい
【ドレシアコレクション ジェリー】ミルボンの ジェリーが使いやすぎるので特徴と使い方を解説!昨今のトレンドの1つでもあるウェットヘア。 ちょっと濡れた感じのスタイリングによって、動きもありながらバシッと決めたというようなス...

「ベース剤としてトレイスワックス」、「キープ力が必要ならばグラスプワックス」、「ツヤ感やウェット感が欲しいならばフリックワックス」がおすすめです。

ニゼル・ドレシアワックスはさまざまな人に合わせることができるスタイリング剤

きし
きし
ドレシアワックスについてをご紹介しましたがいかがでしたか?
つま
つま
女性だけでなく男性にもおすすめとなっている万能のワックスなので、おすすめですよ。
  1. ベース剤として使える「トレイス」
  2. フィニッシュ剤として使える「グラスプ」
  3. ツヤ感が欲しいのなら「フリック」
  4. さまざまな髪質に使用できます。
  5. トレイスを使用するならジェミールフランでも良いかも

 

とても、つかいやすいスタイリング剤となっています。

ヘアクリームとしても使えるトレイスと、スタイリング剤として使えるグラスプ・フリックは使い分けもしっかりされています。

ぼく自身では、グラスプを使用していますがかなり使い勝手も良いです。

ミディアムメンズにもおすすめです。

初心者〜上級者までおすすめとなるスタイリング剤「ニゼル・ドレシアワックス」は使う価値ありです!

ご参考ください。

ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。