髪に関わるさまざまなことに特化した美容師ブログ

きしろぐ

月別カテゴリー

初めて人へ!髪に関わる役立つ記事・読みたい記事が分かる「髪知識の厳選サイトマップ」はこちら







デジタルパーマでヘアスタイルを「1年持たせる秘訣」

 
  2017/09/22
WRITER
 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

今回のテーマは、

パーマで1年ぐらい持たせる秘訣

ヘアスタイルの効率を最大限に発揮する方法です。

しかし1年持たせるということは、当然ながら1年はヘアスタイルが変えれないということです。

デメリットになりえる事なので、そちらも踏まえた上で自分のライフスタイルと重ねてからしてみましょう。

そして、長持ちさせるために必要なことをまとめました。

まずはパーマの種類はデジタルパーマがおすすめ

パーマには二種類あります。

「コールドパーマ」と「デジタルパーマ」

薬液とパーマロッドのみでパーマをかけていく「コールドパーマ」と、

薬液とパーマロッドに加え熱変性でパーマをかけていく「デジタルパーマ」があります。

しかし、長くもたせようと思うと、圧倒的にデジタルパーマがおすすめです。

熱変性で、できるだけ超合金並みに固定させるほうが持ちが良いと断言できます。

補足 熱変性とは⁉︎

熱変性とは。髪に適度な熱を加えることで髪の形状をかえた状態で固定し矯正すること

パーマはなぜとれていくのかを理解しましょう。

髪は普段から伸びていきます。おおよそになりますが、1日0,3㎜。1ヶ月1㎝。髪も日に日に重くなり、加えて重力もかかってくるのです。

そしてパーマは横に動きます。

つまりは重力に逆らい横に動こうとするのですが、重力や重さに負けパーマがとれていきます。

ヘアスタイルはセミディ〜ロング

重力に負けないためのパーマをつくるためには髪のパーマをかけている部分を多く作ることが重要になります。

おすすめはロングのAラインスタイルです。

縮毛矯正は絶対にNG

これは120%NGです‼︎これをしている時点でパーマ力は半減。もしくはかけれないケースも少なくないので注意しましょう‼︎

それではヘアスタイルのご紹介。

事前状態

パーマオン

髪に優しい微熱をじっくりあてていきます。ロングの場合は毛先がデリケートなので慎重に施術します。

仕上がり

まとめ

  1. パーマの種類はデジタルパーマ
  2. ヘアスタイルはセミディもしくはロングのAラインスタイル
  3. 縮毛矯正はかけない事

ヘアスタイルは割合がとても大事です

パーマをかけてある割合を、極力多くしておくことで伸びてきた時の髪をカバーさせる事ができます。

ロングでパーマを多くかけておくと伸びてきても重力にも負けない効率を見せてくれます‼︎

ヘアスタイルは固められてしまいますが、そういうニーズの方もいらっしゃるので、とにかくパーマを長持ちさせたいって方には超おすすめのまとめです‼︎

超合金並みに固めたヘアスタイルは、効率・コスパは最高です‼︎

スタイルは変えれませんが。

ぜひ、参考に。

こちらの記事も良ければご参考ください。

ではでは〜。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
和歌山で美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。
詳しいプロフィールはこちら






オージュアのサイトマップ

 

サロンカラーのサイトマップ

 










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© きしろぐ , 2016 All Rights Reserved.