おすすめのヘアケアランキング詳しくはこちら

白髪染めはどのくらいの頻度が限界?ヘアカラーをするベストな間隔を美容師が伝える

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

ヘアカラーをするにはさまざまな目的があります。

この記事は、白髪染めをするのはどのくらいの頻度がいいのかということについてお話していきます。

タイトルにもあるように白髪染めの場合はどのくらいの頻度でするのがベストなのか。

きし

白髪は気になるけど、ヘアカラーのしすぎは頭皮や髪にも影響はあります。できるだけ初心者の方にも分かりやすくお話します。

染めたのに1ヶ月もすればキラキラと気になりだし、かと言って気になる度に染めるのも時間もかかるし、経済的にもつらい。

そんな方のために、白髪染めをキレイにするための情報として、ヘアカラーをする時の参考につくってみました。

なお、「美容師がおすすめする白髪染めシャンプー」について下の記事にまとめているので、合わせて参考にしてください。

関連【美容師監修】本当に染まる!おすすめの白髪染め用シャンプーランキング5選!

おすすめシャンプ

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

目次
スクロールできます

運営者 / 美容師

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

美容師

廣瀬 幸奈

Yukina Hirose

hair make lonlo代表。奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

hair Designer

谷本 昌浩

Masahiro Tanimoto

美容室Re:berta チーフディレクター。和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら。主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

 

ポイントとなるのは「白髪率」と「ダメージ」

ポイントとなるのは「白髪率」と「ダメージ」

白髪染めの頻度でポイントなるのは、「白髪率」と「髪・頭皮のダメージ」

これらは人(白髪率・ダメージ度合)によって異なるので、自分に合った白髪染めの頻度を見つけるというのが重要になります。

その中で最低限のポイントについてお話します。

白髪を優先させるのは2ヶ月までの頻度が最適

白髪を優先させるのは2ヶ月までの頻度が最適
きし

白髪の場合は個人差がとても大きいですが、色と同じくして1ヶ月〜2ヶ月ぐらいが最適な頻度となります。

白髪と色の違いというのは、色が「周期」で白髪が「頻度」だということです

色はキレイにする事が目的になりますが、白髪の場合はカバーをするということです。

白髪を優先させる場合はリタッチでOK

一度、白髪を染めれば色によって変わりますが、3〜6ヶ月ほどは白髪がでてくることはありませんが、新しく生えてくる部分はそうはいきません。

1ヶ月もすれば生え際から、キラキラと目立ってきます。

そのために、白髪は1〜2ヶ月までが最適な頻度となります。あまりしすぎると、頭皮の乾燥にも繋がるので注意が必要になります。

髪と頭皮のダメージを優先させる周期は3ヶ月〜

髪と頭皮のダメージを優先させる周期は3ヶ月〜
きし

へアカラーをした髪は、1度は髪の組織を分解しているために、かなり傷んだ状態です。

さらにヘアカラー後は残留アルカリというものがあり、髪にダメージを蓄積してしまいます。

そのためトリートメントなどの、ヘアケア・スカルプケアなどの適切なケアをする必要があります。

POINT

髪は、1か月に約1cm伸びます、伸びてくるたびに染めてしまうと、色はキレイになり、白髪もカバーすることがきます。しかし、ダメージは蓄積されてしまいます。 そのために、蓄積するダメージの量を減らすための適切な頻度は3ヶ月〜となるでしょう

ヘアカラーにおける、髪のダメージは回復することができません。

しかし、頭皮のダメージは回復させることができます。

頭皮を図にしたものですが、1番表面にある表皮の角質層から、どんどんダメージになります。

MEMO

ヘアカラーによって、角質層が削れていきますが、期間によって再生していきます。頭皮を痛ませないようにするにはある程度の期間をあけることも重要になるのです。

ヘアカラーのダメージを優先させる場合は、頻度を考えて行いましょう。

よく「簡単に染めれた!」や「思っていたよりも傷むことがなかった!」など、最初は好印象で簡単にキレイになってしまう反面に、後で痛い目を見るという‥‥

さらに続けていくと、「髪が硬くなる」「色が濁る」など原因になります。

でも、そんなに間隔空けてたら白髪が目立っちゃうじゃないって方のために、白髪染め以外でのカバーの方法もお伝えします。

自宅ではカラーシャンプーで白髪をぼかす

自宅ではカラーシャンプーで白髪をぼかす
きし

自宅では、基本的には白髪染めをおすすめはしていません。個人的にはカラートリートメントをおすすめしています。

ヘアカラートリートメントは傷まないということが最大のメリットです。

カラートリートメントとは、塩基性カラーと呼ばれるもので、ジアミンフリーなカラートリートメントは高いパワーはないものの、頭皮にも髪にも優しい仕様となっています。

なので、パワーのあるサロンカラーを基本として、サポートとしてカラートリートメントを使うのが色持ちもキレイで、白髪もキレイに染まり、かつダメージも少なくなるのです。

「白髪隠し」によってカバーもできる

「白髪隠し」によってカバーもできる
きし

外出やヘアアレンジなどで気になる部分があるようでしたら、白髪隠しもおすすめです。

分け目ポイントや、アレンジした時の顔周りなどには少ししてあげるだけで、大分変わります。

ちなみにマーカータイプやマスカラタイプよりも、ファンデーションタイプの方が質感がドライで馴染むのでおすすめです。

THROWヘアカラーコンシーラー

アイテムの特徴

このアイテムは何よりもおしゃれなので、持ち運びがしやすいので、お化粧直しにも使えるので、どこにでも持っていけて、どこでも使えるというのは超魅力的な白髪隠しです。

目次に戻る

あとがき

あとがき
まとめ
  1. 白髪を優先させるなら2ヶ月に1度
  2. ダメージを優先させるなら3ヶ月に1度
  3. リタッチメニューでダメージを緩和することができる

白髪を染める時は、もちろん白髪を染めるというのが1番の目的になります。

しかし、時には頭皮や髪を休ませてあげるために、リタッチにしたり、白髪染めの頻度を調節したりすることによって、髪や頭皮の健康に繋がるのでおすすめですよ。

カラートリートメントや、コンシーラーなどのアイテムも、有用です。

白髪染めだけが全てではないので、自分に合ったやり方を考えてみましょう。

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次