【サイトマップ】おすすめ記事一覧
スキンケア

美肌にする生活習慣13選|美容のプロが教える肌をキレイにする方法

  • スキンケアって化粧水や乳液をつけておけばいいの?
  • それそれ以外のケアはあるの?

当記事は、スキンケアに必要な生活習慣のお話をします。

 

コスメアイテムでするスキンケアよりも重要になるのは「お肌の環境」です。

女性
女性
とりあえず、お肌にいいコスメアイテムを使っていればいいんでしょ?

というのは、正解でもあって間違いでもあります。

いくらスキンケアをしてもお肌の環境が悪ければ、コスメの真価が発揮されることはありません

 

お肌の環境よくするために、必要になるのは高い水準の生活習慣です。

コスメを効果的に活かすためには、スキンケアで重要になる生活習慣を見直しましょう。

当記事では、スキンケアに役立つ改善すべき生活習慣についてを分かりやすくお話していきます。

 

スキンケアに必要な13の「生活習慣」

つま
つま
スキンケアに役立つ改善すべき13の生活習慣があります、できることから実践していきましょう!
つま
つま
コスメを使う前にはできるだけ改善でしておくことでより効果的にスキンケアすることができるのです。

身体の不調や、生活サイクルの乱れはお肌の調子に直結しています。

つまり生活習慣とは、身体トラブルを改善することです。

トラブル一覧
  1. 便秘
  2. 冷え性
  3. 貧血
  4. むくみ
  5. 生理不順
  6. ホルモンバランスの乱れ
  7. ストレス
  8. アレルギー
  9. 睡眠時間
  10. 甘いもの食べ過ぎ
  11. 脂っこいもの食べ過ぎ
  12. タバコ
  13. アルコール

これらのトラブルを改善することが、スキンケアでは大切になります。

それぞれの改善すべき生活習慣とトラブル別にお肌にでる症状について、分かりやすくお話していきます。

 

美肌をつくる生活習慣①「便秘」

便が腸内に溜まると毒素が発生し、ニキビや吹き出物、肌あれ、ハリ・ツヤ減少、シミの原因になります。

またターンオーバーが遅くなり、肌あれを起こしたり、ツヤやハリも悪くなります。

身体をあたためる習慣をつけて、水分・食物繊維・乳製品を多く取りましょう!

 

美肌をつくる生活習慣②「冷え性」

冷え性は万病の元とも言われ、頭痛、腰痛、肩こり、不眠、便秘く、すみ、たるみ、乾燥、ハリ・ツヤ減少などさまざまな症状を引き起こします。

血行が悪くなっているため栄養がいきわたらずお肌にもたくさんの悪影響を及ぼします。

身体全体の血行をよくする入浴・半身浴や、簡単な体操・ストレッチなどスポーツがとても効果的です!

 

美肌をつくる生活習慣③「貧血」

貧血からは、貧血からは、くすみ、乾燥、シワなどの症状が生まれます。

鉄分不足から、体内でヘモグロビンが作られないために、酸素が運ばれないためカラダの細胞がエネルギー不足になります。

代謝が悪くなり肌が老化してしまいます。

鉄はお肌の弾力に必要なコラーゲン生成にも関わっているので鉄不足=弾力不足になりシワになります。日本人女性の半分は貧血もしくは予備軍と言われています。

鉄分はたんぱく質、ビタミンCと一緒に食べると吸収が良くなり、相乗効果が期待できます。レバーや貝類、青魚、ほうれん草、海藻類がおすすめです!

 

美肌をつくる生活習慣④「むくみ」

むくみからは、代謝の低下。冷え性や塩分過多、筋力不足など原因はさまざまです。

マッサージなど肌のお手入れとともに、表情筋ストレッチやツボ指圧で水分排出を助けましょう。

ぬるめのお風呂につかって血液循環を良くしてくれ、汗として余分な水分やナトリウムを排出させるのも効果的です。

塩分を控え、カリウム豊富な野菜・アボカド・ナッツ類・バナナなどを取りましょう!

 

美肌をつくる生活習慣⑤「生理不順」

生理不順からは、ニキビ、肌あれ、シミ、乾燥。月経開始の週〜排卵前の週は、肌が比較的安定して調子が良いです。

しかし、排卵後の週〜月経前の週は、肌が比較的不安定になり脂っぽくなって、ニキビ・吹き出物が出やすくなったり、肌あれしやすくなります。

ほてりを感じることもあります。

 

美肌をつくる生活習慣⑥「ホルモンバランスの乱れ」

生理不順と同様、ニキビ、肌あれ、シミ、乾燥。女性ホルモンには2種類あり、このバランスが乱れるとお肌トラブルがおきます。

  1. エストロゲン(卵胞ホルモン)…お肌の弾力に関わる細胞に働きかけ、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進させます。
  2. プロゲステロン(黄体ホルモン)…皮脂の分泌を活発にすることが知られています

規則正しい生活を心がけてストレスを溜め込めないようにしましょう。大豆などが摂取がおすすめ!

 

美肌をつくる生活習慣⑦「ストレス」

ストレスからは、くすみ、ニキビ、肌あれ、シミ、乾燥、ハリ・ツヤ減少。過度のストレスを受けると、血管の収縮、男性ホルモンの増加、免疫機能の低下などが起こります。

そのためお肌の生まれ変わりが不調になり、肌表面のバリア機能も低下します、この時に肌荒れを起こしやすく治りにくい状態にしてしまいます。

また血管の収縮により肌に取り込まれる酸素や栄養が減少し、生き生きとした肌が保ちにくくなります。

好きな音楽を流したりアロマを炊いたりリラックスをする環境が大切になります

 

美肌をつくる生活習慣⑧「アレルギー」

アレルギーからは、乾燥、赤ハレ、かゆみ、かぶれ。体調が今ひとつすぐれない状態になるときの生活習慣や時期、食べ物を自分できちんと把握するようにしましょう。

しっかりお肌を保湿しバリア機能が働くようにすることが大切になります。

卵、鯨、鮭などの青魚甲殻類、お酒を控えましょう。洗顔の際は優しく洗い上げバリア機能アップのために、しっかりと保湿するようにしましょう。

 

美肌をつくる生活習慣⑨「睡眠時間」

睡眠時間からは、くすみ、ニキビ、肌あれ、シミ、シワ、クマ、乾燥。お肌の生まれ変わりのために最も必要になるのが「睡眠」です。

睡眠不足になると男性ホルモンの分泌が促進されてしまうため、皮脂分泌が過剰になりニキビや吹き出物が出やすくなります。

夜の22時〜2時のお肌のゴールデンタイムと呼ばれ、成長ホルモンの分泌が活発になるので、この時間には眠るように心がけましょう。

 

美肌をつくる生活習慣⑩「甘いもの食べ過ぎ」

甘いもの食べ過ぎからは、くすみ、たるみ、シワ。酸化よりも老化を招くと言われるのが「糖化」です。

糖化とは、食事などによって取り込まれた糖が体内にあるたんぱく質と結びつき、体内に蓄積する現象のことです。

この糖化したたんぱく質はコゲようなもので肌の血管を老化させます。

お肌の糖化が進むとターンオーバーが遅れ、キメが荒くなり、シワ、くすみ、たるみの原因になります。

さらに「糖」は抗酸化成分とくっつき抗酸化能力の低下も招きます。

食事は野菜から食べ、海藻類も多く摂取しましょう。

玄米、大根、ひじき、干し椎茸、おから、ワカメ、ブロッコリー、豆類、ごぼうなどの食品も血糖値が急激に上がらないので糖化予防になります。

 

美肌をつくる生活習慣⑪「脂っこいもの食べ過ぎ」

脂っこいもの食べ過ぎからは、たるみ、シミ、シワ、乾燥。油っぽい食事を続けていると、脂肪を分解するビタミンBやビタミンB6が不足して分解しきれなくなった脂肪分が皮脂として過剰に分泌されやすくなります。

この場合、ビタミンが不足している状態なので、肌の免疫力も衰え細菌にも弱くなっている状態となります。

吹き出物が出やすい荒れたお肌になってしまうので注意が必要です。

油ものを控え、ビタミンをしっかりとるようにしましょう。

 

美肌をつくる生活習慣⑫「タバコ」

タバコからは、たるみ、シミ、シワ、乾燥。血管の収縮を起こして血液の流れを妨げるため、酸素や栄養分が体全体に行きわたりにくくなります。皮膚の温度が低下し、ターンオーバーが悪化します。

シワやたるみ、かさつきの原因にもなります。

またタバコの煙の成分が女性ホルモン生成に必要な酸素を抑制し、老化を引き起こす活性酸素を発生させます。

これが酸化つまり「サビ」です。細胞が老化すると、シミやシワなどの皮膚の老化の原因にもなります。

 

美肌をつくる生活習慣⑬「アルコール」

生理不順と同様、ニキビ、肌あれ、シミ、乾燥。

アルコールを分解する際に出てくる「アセトアルデヒト」と言う物質が、肌の細胞のDNAを傷つけてしまうので、ターンオーバーが乱れてしまいます。

またアルコールの睡眠のサイクルを狂わせてしまうので、どんどん顔に疲れが見えてきてしまいます。

赤ワインに含まれるポリフェノールは、肌の老化の原因を作る活性酸素を抑えてくれるので、アンチエイジング効果が期待できます。ビタミンやミネラルも豊富なので迷ったら赤ワインを飲むがお勧めです。

また日本酒にもフェルラ酸と言う抗酸化作用があるので、赤ワインと同じくアンチエイジングに役立ちます。

 

まとめ

つま
つま
13の素肌つくりに必要な習慣をまとめてみました、できることをたくさん増やせるように頑張ってくださいね。
つま
つま
私も普段全てをできているというわけではありませんが、半分以上はできているように心がけています。

お肌をキレイにするためには、

コスメアイテム<お肌をキレイにする生活習慣」です!

スキンケアは、お金で買えることができますが、お肌をキレイにする生活習慣は買うことはできません。

もちろんスキンケアも大事なものですが、お肌をキレイにする生活習慣はもっと大事になるので、キレイな素肌を手に入れるために頑張りましょう。

ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。