猫毛

美容師が教える「猫っ毛の特徴」と「猫っ毛とくせ毛との違い」

  • 猫っ毛はどんな髪?
  • 細毛とくせ毛は同じ?

こういった疑問にお答えします。

この記事の内容

猫っ毛の特徴について解説

あなたは自分の髪質に悩んではいませんか?

  • 髪が細い
  • 軟毛
  • 猫っ毛

こういう髪質の悩みは、「ボリュームがでない」「髪が絡まりやすい」「コテで巻いてもすぐにとれる」などなど、そんなお悩みを持った方はたくさんいます。

特にトップのボリューム問題に関しては多くの方が同じ悩みを感じていられます。

今回の記事では、美容師が猫っ毛や細毛の特徴について分かりやすくお話していきます。

ポイント
  • 猫っ毛の特徴
  • ”猫っ毛”と”くせ毛”の違い

猫っ毛で悩む方に向けて作りました。

 

見たい場所へジャンプ

猫っ毛の特徴

猫っ毛の特徴
きし
きし
まずは、猫っ毛の特徴についてお話していきます。
つま
つま
今からお話する猫っ毛の特長と自分の髪質と見比べてみましょう。

猫っ毛とは、正式には「細毛」のことです。髪が細くてくせ毛のように動きやすい髪のことです。

しかし、くせ毛のような広がりやボリュームがでるわけでなく、ハリコシがなくて柔らかい髪質のことです。

猫っ毛の特徴①:髪の細い・太いの目安

次に髪の細さの目安について。

  • 細い…0.05mm〜0.09mm
  • 普通…0.10mm〜0.12mm
  • 太い…0.13mm〜0.20mm

こういう風に数値で見ると、太い髪でも細く感じますが、人間の髪は全部で10万本以上もあるので、結果として髪がフサフサに見えます。

目視で太さを判断するのは難しく、視診・触診などをして判断しなけば適正な髪の太さはわかりません。

多くの人の髪を触ってきた経験上では、男性の方がしっかりとした太い毛であることが多く、女性は長くしなやかな普通の太さの毛であることが多いイメージがあります。

さらに、髪は1日に100本程度抜けていき生え変わりを繰り返します、これを「ヘアサイクル」と呼びます。

この髪のサイクルが乱れることによって、髪が細くなり、抜け毛や薄毛の原因となる場合があるので注意が必要となります。

これは間違ったヘアケア方法や頭皮トラブルが原因で発生します。

 

猫っ毛の特徴②:日本人よりも欧米人に多い

この猫っ毛は、日本人よりも欧米人に多いと言われています。

人種によって髪質は違うことが多く、上記に紹介した普通よりも細いのが猫っ毛になりますが、日本人の細めが、欧米人にとっての普通なのです。

 

猫っ毛の特徴③:くせ毛と猫っ毛は違う

猫っ毛とは例えで呼ばれているだけです。猫のように細くハリ・コシのない髪のことで、決してくせ毛のことではありません

くせ毛のように、動きがでてしまうからくせ毛と勘違いされることもありますが、くせ毛と猫っ毛では原因も対策も違いうので注意が必要です。

くせ毛は髪全体に動きがありますが、猫っ毛の場合では根本には動きはなくて中間から毛先にでることが多いです。そのためにボリュームが出にくいけどまとまりが悪いと悩まれる人がいます。

 

髪が細いと影響を受けやすい

猫っ毛のデメリットとしては、髪が細いためにさまざまな影響を受けやすいことにあります。もっと分かりやすく言うと「髪が傷みやすい」です

普通に比べて髪が細い分、髪の表面にあるキューティクルや、水分保持するコルテックスなどが少ないので、シンプルに髪の耐久度が低いのです。

 

番組の途中ですがCMです

ラサーナ プレミオール
プレミオールはかなりおすすめのヘアケアセットです。
シャンプーの特徴
  1. 高品質のヘアケア
  2. 頭皮にも優しい
  3. くせ毛や猫毛の方でも使える
  4. 21日間のお試しセットがキャンペーン中
厳選シャンプー&トリートメント

終わりに…

きし
きし
猫っ毛の特長についてお話しましたがいかがでしたか?
つま
つま
自分の髪の特長と照らし合わせてみてくださいね。
まとめ
  1. 髪が細くてくせ毛のように動く
  2. 中間から毛先にかけて動きがあるのが「猫っ毛」
  3. 根本から動きがあるのが「くせ毛」

これがざっくりとした目安になります。

さらに次の記事では、猫っ毛の原因について分かりやすくまとめていきます。

そんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。