美容師のブログ

生理中のヘアカラーには注意!|美容師が教える生理中のカラーがいけない理由

  • なぜ生理中のヘアカラーがいけないのか?
  • なぜ生理中の染まりは悪いのか?

当記事は、生理中のヘアカラーの危険性について分かりやすくお話していきます。

 

「生理中のヘアカラーのご使用はお避けください」

市販のカラー剤にも記載されている注意書きですが、同時に生理中は髪が染まりにくいということもよく言われますよね。

しかし、実際に、

女性
女性
なぜ、生理中のヘアカラーはいけないの?

と疑問に思っている人も少なくありません。

そこで、美容師がこれからのヘアカラーのために、分かりやすくまとめました。

 

当記事では、生理中のヘアカラーがなぜいけないのか、どういうタイミングでするのがいいのかについて分かりやすくお話していきます。

 

髪を染める前に生理(月経)を知ろう

つま
つま
当然ですが、男性はその理由を知らない方がとても多いです。
きし
きし
知らないからこそしっかりと調べなければと思いました!

男性でも分かるように生理中のヘアカラーがいけない理由をお話していきます。

生理サイクルは4つの期間で構成される

生理サイクル
  1. 生理開始から5日前後までを「生理(月経)
  2. 5~12日前後までを「卵胞期
  3. 12~17日前後までを「排卵期
  4. 17~28日前後までを「黄体期

それぞれ分かりやすくお話していきます。

 

「生理(月経)」

生理に伴う性器からの出血や不快な症状が表れる期間で、大体3~7日間続きます。一般的な生理というとこの期間のことを指します。

「卵胞期(らんほうき)」

生理後の7日前後の期間のことで、卵巣で新たな卵子(卵胞)が作られ成長していく期間です。受精卵を着床するための子宮内膜の組織も増殖して厚みを増します。

「排卵期(はいらんき)」

卵胞期の後の5日前後の期間で、成熟した卵胞から卵子が飛び出し卵巣を出ていく「排卵」が起こります。

「黄体期(おうたいき)」

排卵期の後の10日前後の期間で、排卵された卵子が精子と出会い結合(受精)し、受精卵が子宮内膜に着床する期間です。

 

これらが生理の基本になります。

 

【次のページでは、なぜ生理中のヘアカラーがいけないのか分かりやすくお話していきます】

1 2 3
ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。