【サイトマップ】おすすめ記事一覧
美容師のブログ

【生理中のヘアカラー注意】美容師が教える「月経」の女性のカラーがいけない理由

  • なぜ生理中のヘアカラーがいけないのか?
  • なぜ生理中の染まりは悪いのか?

当記事は、生理中のヘアカラーの危険性について分かりやすくお話していきます。

 

「生理中のヘアカラーのご使用はお避けください」

市販のカラー剤にも記載されている注意書きですが、同時に生理中は髪が染まりにくいということもよく言われますよね。しかし、

女性
女性
なぜ、生理中のヘアカラーはいけないの?

と疑問に思っている人も少なくありません。

そこで、美容師がこれからのヘアカラーのために、分かりやすくまとめました。

当記事では、生理中のヘアカラーがなぜいけないのか、どういうタイミングでするのがいいのかについて分かりやすくお話していきます。

 

髪を染める前に「生理(月経)」を知ろう

つま
つま
当然ですが、男性は生理自体の知識もないので、その理由を知らない人が多いです。
きし
きし
知らないからこそしっかりと調べなければと思い記事にしました!

男性でも分かるように生理の基本知識から、生理中のヘアカラーがいけない理由をお話していきます。

生理サイクルは4つの期間で構成される

生理サイクル
  1. 生理開始から5日前後までを「生理(月経)
  2. 5~12日前後までを「卵胞期
  3. 12~17日前後までを「排卵期
  4. 17~28日前後までを「黄体期

女性の身体は月のサイクルはこの4つでできています。

当たり前です、男性の場合は女性に気遣いが必要です。男性が女性に説明する時は「月経」とワードを使うと紳士的です。

それぞれ分かりやすくお話していきます。

  • 「生理(月経)」

生理に伴う性器からの出血や不快な症状が表れる期間で、大体3~7日間続きます。一般的な生理というのは、この期間のことを指します。

  • 「卵胞期(らんほうき)」

生理後の7日前後の期間のことで、卵巣で新たな卵子(卵胞)が作られ成長していく期間です。

受精卵を着床するための子宮内膜の組織も増殖して厚みを増します。

  • 「排卵期(はいらんき)」

卵胞期の後の5日前後の期間で、成熟した卵胞から卵子が飛び出し卵巣を出ていく「排卵」が起こります。

  • 「黄体期(おうたいき)」

排卵期の後の10日前後の期間で、排卵された卵子が精子と出会い結合(受精)し、受精卵が子宮内膜に着床する期間です。

これらが生理の基本になります。

 

なぜ生理中のヘアカラーはいけないのか?

つま
つま
生理中は女性ホルモンのバランスが崩れることから、肌荒れやニキビが出たり、ちょっとしたことで肌が赤くなったり痒くなったりします。カラダ全体の免疫力が低下することが原因となります。

お肌が敏感・免疫力が低下している時期にカラーやパーマをしてしまうと、毛根に液が浸透して炎症を起こしてしやすいため、生理中はカラーやパーマを避けるように言われる事が多いのです。

特にパワーの強い市販のカラー剤を使用する際は注意してみるようにしてください。

 

さらに生理中は、皮膚や身体が過敏になっているため、今まで使っていて大丈夫だったカラー剤やパーマ剤であってもアレルギーやかぶれなどを引き起こす可能性もあります。

その理由をお話する前に、まず髪を染めるメカニズムについて見ていきましょう。

 

髪が染まるメカニズム

きし
きし
ヘアカラーで染まる原理についてを理解することで生理中へのカラーがいけない原因が分かりやすくなります。

一般的なヘアカラー剤は、正式名称では「酸化染毛剤」と呼びます。

酸化染毛剤は、1剤と2剤の2種類の混合液で構成されていることがほとんどです。(中には3浴式ヘアカラーもあります)

酸化染毛剤の内訳では、1剤の成分は酸化染料とアルカリ剤2剤の成分は酸化剤(過酸化水素)となっています。

つまり1剤が色の調整2剤ではアルカリ剤のサポートをします。

>>ヘアカラーの仕組み

ヘアカラー剤|酸化染毛剤で髪が染まる仕組み かなりマニアックな記事ですが、美容師のアシスタントから素朴な質問を受けたので記事にしてみました。 とてもすぐに応え...

 

重要になるポイントとなるのは、体温が高いと早く染まり体温が低いと染まりにくいという特性があるという事です。

つまり、生理中にヘアカラーがいけない理由には、女性ホルモンの乱れによる身体の変化が理由に入ってきます。

 

生理中は髪が染まりにくい

つま
つま
先ほど少し触れましたが、体温の高い低いという事が大きく影響します。生理中は体温は低温期となりますので、染まりにくい期間になります。

女性ホルモンは2種類あります。

2種類の女性ホルモン
  1. エストロゲン(卵胞ホルモン)
  2. プロゲステロン(黄体ホルモン)

このホルモンが低くなったり高くなったりすることで、ヘアカラーに影響を与えます。

  • 「生理」・・生理から約1週間は両方のホルモンが一定に分泌、低温期に入ります
  • 「卵胞期」・・生理が終わり排卵前まで。エストロゲンの分泌量が増加、低温期から徐々に体温が上昇していく事から一番良好な状態です
  • 「排卵」・・排卵日前後はプロゲステロンの分泌が増加、排卵日に一旦体温低下後、高温期に入ります
  • 「黄体期」・・排卵後から次の生理までの期間。エストロゲンの分泌が減少 高温期で体温が最も高くなり、身体には一番負荷がかかってくる期間です

また、生理中は上記のホルモンの分泌バランスが崩れやすい不安定なので、染まりにムラがでやすいのです。

体温の変化が著しく大きい生理時には、ヘアカラーのムラが出やすくなるのです。

 

【次のページでは、いつ染めるとヘアカラーはキレイになるのかを分かりやすくお話していきます】

1 2
ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。