【厳選】おすすめヘアケアセット!
薄毛予防・対策

キレイなハゲと汚いハゲの違い|美容師が教える薄毛対策としない方がいいスタイル

男の一生の悩みと言えば、「薄毛」

薄毛にならないように、いかに努力していくかが一生の努力です。じゃぁ薄毛になった人はどうしたらいいのか?

男性
男性
薄毛になってきたけど、もうダメなのかな・・

と、簡単にあきらめないで下さい。

実は、薄毛にはカッコイイハゲとカッコよくないハゲがあり、薄毛であっても簡単にあきらめる必要はないのです。つまり「キレイなハゲ」と「汚いハゲ」があるのです。

当記事では、「キレイなハゲ」と「汚いハゲ」の違いについて、分かりやすく美容師がお話します。

薄毛について

きし
きし
まずは、ハゲや薄毛についてお話します。
つま
つま
女性が最も嫌うのが薄毛についてです、しかし薄毛にも「良い薄毛」と「ダメな薄毛」について知ってくださいね。

なぜこんなにも日本人はハゲを嫌うのか?

そもそも論でとてもスケールの大きい話になってしまいますが、日本人の女性(男性も?)はハゲをとくに嫌う傾向にあります。

女子が最も嫌う見た目のランキングにも・・

  • ハゲ
  • デブ
  • 毛深い
  • 歯が汚い
  • その他

などなど、男性というよりも、清潔・清潔感についてのシビアな意見が多い印象です。

しかし、ここで少し物申したい!

「ハゲは仕方ないじゃないか!」

と申したい。

確かにハゲになるまでの一連の流れは、髪を粗末にしていたかもしれません!

ワックスつけたまま寝ていたかもしれない!シャンプーをちゃんとしていなかったかもしれない!キチンと髪をケアをしなかったかもしれない!でも、大事に大事にしていても、ハゲてしまう人もいるのです。

これはもう仕方ない事なのです。

こういう記事を、書いているぼく自身も薄毛への不安を抱いているのです。

ある日、1人の女性からの一言が胸に突き刺さりました。

「薄毛やハゲの人でもカッコいい方はいてますよ」

これは素晴らしいアドバイスです。

ならば、キレイでかっこい薄毛になろうではないか。

キレイな薄毛のなり方について研究し始めました。

薄毛の種類について

まず、知る必要があるのは薄毛の種類について。

  1. M型薄毛
  2. O型薄毛
  3. U型薄毛

薄毛には、大きく分けて、3種類の薄毛があります。

M型薄毛

ハゲ

正面から見ると、アルファベットのMのように見えるため、M型と呼ばれています。髪の両サイドが後退していった状態の薄毛です。

日本人はM型よりも、頭頂部が薄くなる「O型薄毛」や、生え際が後退して額が広くなる「おでこからの薄毛(U型)」が多く、M型は外国人(白人)に多いと言われています。

このように、人種によって薄毛の進行パターンが異なることからも遺伝やホルモン、食生活の影響はとても大きいのです。

O型薄毛

ハゲ

頭頂部あたりの、髪の中心箇所から円形に薄毛が進行している状態です。

なかなか気づきづらく、かなり進行するか、周囲から指摘されるまで気づかなかったりします。

このタイプは、帽子をかぶるなど、頭頂部を蒸らすと悪化が進みます、薄毛が気になって帽子をかぶって隠す方もいらっしゃいますが、悪影響になります。

U型薄毛

髪の生え際、特に真ん中あたりから後退していきます。

アルファベットのU字を逆さにしたような状態から、U型と呼ばれます。

初期段階のU型薄毛は、髪型を変えておでこを見えないようにする(本来、後ろにある髪を前にもってくる事)と、目立たなくすることもできます。

悩んでストレスになり、それが薄毛の原因になるといった悪循環にもつながりますので、隠せることはかなりのメリットです。その上でしっかりとした対策をしましょう。

 

これらが薄毛の種類になります。どれが良いといって選べるわけではありません。しかし自分がどの薄毛の型なのかを知るのも重要になります。

なぜ薄毛になってしまうのか

薄毛やハゲと言っても、さまざまな種類があります。

  1. AGA(男性型脱毛症)
  2. FAGA(女性男性型脱毛症)
  3. 年齢別脱毛症
  4. 脂漏性脱毛症
  5. 粃糠性脱毛症
  6. 円形脱毛症
  7. 分娩後脱毛症(ぶんべんごだつもうしょう)
  8. 皮膚疾患による脱毛症

 

それぞれの薄毛の種類にもちゃんと原因がありそれに合わせた対策があります。

あわせて読みたい
抜け毛が気になりだしたあなたへ!薄毛の様々な症状と脱毛症の予防改善対策まとめ男性のお客さまからの質問で最も多いのが薄毛についてです。 美容師には、さまざまな目的があります。 髪をキレイにする ...

上記の3種類の薄毛は、「AGA」という男性の薄毛の症状についてのことです。

AGAについても少しお話します。

AGAとは?

男性の薄毛で、悩む症状の多くはAGAです

このAGAの症状は、髪が抜けて髪の本数が少なくなる状態ではなく、太く長い髪が細く短い毛に生え換わる状態のことを言います。

ちなみに、髪が抜けて毛の本数が少なくなる症状の代表例は、「円形脱毛症」です。

きし
きし
円形脱毛症の人がAGAの頭皮ケアをしても効果は薄いはずです。つまり自分の薄毛の症状を把握し的確にケアをする必要があります。

まずは自分の薄毛の状態を確認し原因について理解しましょう。

AGAは「男性ホルモン」が原因

AGAの主な原因が男性ホルモンによるものです。

 

男性ホルモンと聞くとどんなイメージをお持ちですか。

  • ヒゲが濃い
  • 体毛が濃い
  • 筋肉ムキムキ
  • 男性的思考・言動

 

極端な例ではありますが、このような意見が多いです。

しかし、男性ホルモンということだけが原因で発症する症状というわけでもなく、性ホルモンと女性ホルモンのバランスの変化から身体に変化が起きるのです。

男性ホルモンは悪いもの?

男性ホルモンとは悪いものなのでしょうか。

実は、男性ホルモンにも役割というものがあるのです。

  1. 筋肉をつくる
  2. 骨をつくる
  3. 体毛を促進させる
  4. 前向き思考をつくる
  5. 決断力を高める
  6. 免疫力を高める
  7. 脂肪を抑える

 

などなど。

つまり、男性ホルモン自体が悪いものではないということです。

男性ホルモンが身体にもたらしてくれる効果

男性ホルモン(テストステロン)は健康や免疫力、筋力といったフィジカルだけでなく、チャレンジ精神といった前向き思考・ポジティブシンキングを生み出してくれるのが「男性ホルモン」なのです

では、なぜ同じホルモンを持っていても薄毛で悩む人とそうでない人がいるのでしょうか。

それは男性ホルモンと女性ホルモンのバランスなのです

フサフサの髪を持っている人は、両方のホルモンバランスが良い状態にあるということなのです。

つまりホルモンバランスの調整をすることがとても大切になります。

ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが原因

薄毛の原因は、テストステロンがジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンに変化することが原因とされています。

実は髪というのは毎日抜けていくものです。

1日に抜ける髪はおよそ50~100本ほど[です。

しかし、不必要なものが自然と抜ける抜け毛と違い、必要なものまで抜けてしまうの抜け毛が「薄毛」の原因となります。

その循環となっているものが「ヘアサイクル」というものです。

(ヘアサイクルの図)

 特徴
 成長期 成長期に毛根が成長し、新しい髪が生えます。2〜6年ほど成長し続けます。
退行期 退行期は毛根がだんだんと小さくなっていき、髪を成長させる活動が鈍くなっていく段階です。
休止期 休止期は髪の成長がとまり、毛根が眠っている状態です。 およそ3~4ヶ月ほどで再び成長期に入ります。

AGAでは、ヘアサイクルの成長期間を短くしてしまい、成長しきっていないままに退行期に移ってしまうのです。

結果としてサイクルの間隔が短くなり、髪全体が薄毛になるのです。

つまり、DHTが主な原因となり抜け変わるたびに髪がどんどん細くなり髪全体が薄くなっていくのです。

これが男性が悩む薄毛(AGA)の原因となります。

あわせて読みたい
【AGAとは?】男性型脱毛症という薄毛の原因と改善方法 男性のお客さまからの質問で最も多いのが薄毛についてです。 美容師というのにはさまざまな目的があります。 髪をキ...

 

【次のページでは、キレイな薄毛と汚い薄毛の違いについて分かりやすくお話していきます】

1 2
ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。