【厳選ヘアケアセット】おすすめアイテム
ミルボン ワックス・スタイリング剤

MILBON(ミルボン)の全スタイリング剤|美容師がおすすめするワックス・ジェリー・スプレー

  • ミルボンのスタイリング剤ってどのくらいあるの?
  • どれが一番おすすめ?

こういった悩みについてお答えしていきます。

記事のポイント

ミルボンの全スタイリング剤のまとめ

前回の記事では「ミルボンの洗い流さないトリートメント」をまとめたので、今回はスタイリング剤をまとめました。

女性ならば「ミルボン」というメーカーを聞いたことがあるはずです。

もともとは美容室専売として販売されていましたが、種類の多さから市販のドラッグストアでは、どこにでも置いているよささしへほさそせ「」うになりました。

女性
女性
ワックスやスプレーとかいっぱいありすぎてどれがいいの?

という人も少なくありません。

そこで、美容師を10年以上して培った経験を活かしてミルボンのスタイリング剤を分かりやすくまとめてみました。

当記事は、ミルボンシリーズのスタイリング剤20種類以上の経験を活かして、全スタイリング剤を分かりやすく紹介していきます。

 

ミルボンについて

きし
きし
まずは、ミルボンについて説明していきます。
つま
つま
ミルボンは、たくさんの人が利用でしている有名なヘアケアブランドです。

正式社名「株式会社ミルボン」。英文社名「Milbon Co., Ltd.」。化学工業。昭和35年(1960)「ユタカ美容化学株式会社」設立。同40年(1965)現在の社名に変更。本社は大阪市都島区善源寺町。業務用頭髪化粧品メーカー。

ミルボンとは1965年以降、ヘアサロン専用ブランドとしてさまざまな商材をヒットさせている美容メーカー社です。

ミルボンのシャンプーはもともと、美容室でしか購入できない美容室専売品でした。

しかし、最近では楽天などのネットでも販売されており、元々がヘアサロン専売品ということもあるために、品質も高く「髪質が改善した・まとまりがよい・ボリュームがアップした」などの口コミが多い、美容師だけでなく一般にも人気の美容メーカーがミルボンなのです

そこで美容師が感じるミルボン社のスタイリング剤の特徴を話します。

ミルボンスタイリング剤の特長①「ワックスの種類が豊富」

きし
きし
ミルボンのスタイリング剤はとにかく種類が豊富なのが特徴です。

スタイリング剤はさまざまな種類があります。

  • ファイバーワックス
  • マットワックス
  • クリームワックス
  • ジェルワックス
  • スプレーワックス

などなど、そのスタイリング剤の種類をすべて網羅しているとうのが特長でもあります。

女性は種類が多いと、色々なものを試してみたくなってしまうので、種類の多さというのとても強い武器となります。

飽きさせないとのは魅力の1つということです。

ミルボンスタイリング剤の特長②「デザインが魅力的」

きし
きし
アイテムのデザインって超重要です。中身も重要ですがボトルの見た目で選ぶという人もいてます。

ミルボンワックスのボトルは手にフィットしたり、色にもこだわりがある高級感のある容器によって使う人の気持ちを高揚させてくれます。

美容師が使いやすいように設計させてもいるので、普段何気なくするシャンプーをワンランクあげてくれるのも超魅力的です。

ミルボンスタイリング剤の特長③「好まれやすい香り」

きし
きし
ミルボンワックスは、フルーツや花など女性が好きな香りを採用しているため、香りも人気の一つです。

髪に使うアイテムは好きな香りで選ぶ女性は少なくありません。

それほど、香りというのは大きな魅力になります。

その香りがあなたの香りになりますからね。

香りにより、アロマテラピー効果もあるので、髪だけでなくメンタルケアにも繋がるので、香りはやはり良いものを選びたいですよね。

 

【次のページから「ミルボンの全スタイリング剤」をご紹介】

1 2
ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。
性におすすめシャンプーラサーナ プレミオールシャンプー女性にかなりおすすめするヘアケアセットで、髪を高保湿するシャンプーです。
  • くせ毛やロングヘアの女性におすすめ
  • 高保湿・高品質のヘアケア
  • お試しのコスパが最強!!

 

詳細を見てみる

 

性におすすめシャンプー

意外にも少ないメンズにおすすめできるシャンプー。効率的にも効果的にもおすすめできるシャンプー。

  • 低刺激・優洗浄のメンズにおすすめシャンプー
  • リンス要らずで効率的
  • 育毛+ヘアケアにも効果がある万能シャンプー!!

 

詳細を見てみる