ミルボン ワックス・スタイリング剤

【MILBON(ミルボン)全スタイリング剤】美容師がおすすめするワックス・ジェリー・スプレー

「ミルボン ワックス」のおすすめの選び方

「ミルボン ワックス」のおすすめの選び方
きし
きし
ミルボンの全てのスタイリング剤があなたの髪質に合うわけではありません。
つま
つま
髪質やヘアスタイルに合わせるワックスの選ぶポイントについてお話します。

ミルボンのスタイリング剤の特長をお伝えしましたが、豊富な種類のミルボンワックスを選ぶときに、気をつけるべきポイントというのもお話します。

  1. 「ソフト」か「ハード」
  2. 「動かす」か「まとめる」
  3. 「ドライ感」か「ウェット感」

これらのことを意識しながら選ぶと失敗は少なくなりますが、それでも実際につかったものでないと合っているかはわかりません。

経験を踏まえておすすめするのは…

ワックスを選ぶ5つのポイント
  1. ボリュームを抑えたい=「ファイバーワックス」
  2. パサパサする=「クリームワックス」
  3. 乾燥している=「ジェルワックス」
  4. パーマを活かす=「フォーム」
  5. スタイリングするのが苦手=「スプレーワックス」

これらをポイントにして選ぶと失敗が少なくなります。

 

ミルボンワックスを選ぶ時は美容師に相談するのもアリ

きし
きし
それでも、「自分ではどんなシャンプーが合うのか」というのは、よくわからないということもあります。もちろんワックスは自分の好みですが、美容師に相談して決めるのも一つです。

とくに、種類の多いミルボン製品は選ぶのが大変です。

そんな時は使い慣れている美容師に相談して任すのもおすすめです。

プロに任せるのも1つだし、アドバイスをもらうことでも視野が大きく広がりますよ。

 

番組の途中ですがCMです

ラサーナ プレミオール
プレミオールはかなりおすすめのヘアケアセットです。
シャンプーの特徴
  1. 高品質のヘアケア
  2. 頭皮にも優しい
  3. くせ毛や猫毛の方でも使える
  4. 21日間のお試しセットがキャンペーン中
厳選シャンプー&トリートメント

美容師おすすめのミルボン「全スタイリング剤」

美容師おすすめのミルボン「全スタイリング剤」
きし
きし
さまざまなミルボンのワックスを使ってきたぼくたちが分かりやすく紹介します。
つま
つま
実際に使っているのでお墨付きです!

豊富な種類のミルボン社製品を分かりやすくお話します。

5つの大きなカテゴリ
  1. ニゼル
  2. ドレシア
  3. ジェミールフラン
  4. モールディング
  5. その他

それぞれをご紹介していきます。

ミルボンスタイリング剤①「ニゼル」

きし
きし
うう10年以上も前からミルボンを支えているのがニゼルです。
つま
つま
美容師御用達のスタイリング剤でとても使いやすいものが多いです。

ミルボンの初期からあるスタイリング剤シリーズで、根強い人気があります。

 

ミルボンワックス「ニゼルエアナチュラル」
 種類 ファイバーワックス
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般

キープ力は高くないので、女性におすすめです。ルーズな質感がつくりやすいファイバーワックスです。

 

ミルボンワックス「ニゼル デザイナーズコレクション」
 種類 ミルク・ムース・マット
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般

キープ力はあまりないので、ツヤ出し毛先をキレイにする時に重宝します。

ムースタイプなのでパーマの人におすすめです。

テクスチュアクレイよりも少しキープ力が高いマットワックス。

 

ミルボンワックススプレー「ニゼルラフュージョン」
 種類 スプレーワックス
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ スタイル全般

上から、ツヤ出し、中間、ハードスプレーでとても使い勝手が良いスプレーワックスです。

 

ミルボンスタイリング剤②「ドレシア」

きし
きし
ドレシアシリーズはとても使い勝手のよいスタイリング剤が揃っています。
つま
つま
男性から女性まで使えるので、幅広い人気があるのがドレシアです。

 

ミルボンワックス「ドレシアスモーキードライ」
 種類 クリーム
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ パーマスタイル

パーマ用クリームで、ムースが嫌いな人におすすめできるスタイリング剤です。

 

 

ミルボンワックス「ドレシアジェリー」
 種類 クリーム
 キープ力
使いやすさ
 おすすめの長さ ショート〜ミディアム