【厳選】おすすめヘアケアセット!
美容師のブログ

美容師が教える「iPhoneのデフォルトカメラ」でも美しくキレイな撮影方法

  • カメラをよく使うんだけど、サクッとキレイに撮影する方法はないかな?

当記事では、iPhoneのデフォルトカメラについてお話していきます。

 

美容師をしていると、iPhoneやAndroidスマホで最も使用するのは「カメラアプリ」ではないでしょうか?

実際にぼくは美容師をしていて、iPhoneでもっとも使うのがカメラアプリです。

スタイルを撮影したり、ヘアカラーを撮影したり、ブログの画像に使うために撮影したりと、さまざまに使用します。

女性
女性
iPhoneでもサクッとキレイに撮れないかなぁ?

と、お客様に相談されたのがキッカケでした。

そして、iPhoneを使用しているぼくはデフォルトカメラアプリ(標準)をかなり愛用しています。

美容師として、愛用しているカメラアプリの使い方やポイントを押さえれば、デフォルトカメラでもキレイに美しく撮影できるということを語ります。

 

当記事では、美容師が教えるiPhoneのデフォルトのカメラアプリでのキレイに撮影する方法について、分かりやすくお話します。

iPhoneのデフォルト(標準)カメラアプリについて

きし
きし
ぼくは、長年iPhoneを使用していますが、年々カメラの性能が上がっています。その性能を活かした撮影をするとスマホで撮影したとは思えないクオリティになってくれます。
つま
つま
まずはiPhoneのカメラアプリについてお話します!

まずは、デフォルトカメラについての基礎的な使用方法についてお話します。

 

iPhone標準カメラアプリの基礎的な撮影の仕方

カメラの基本①「iPhoneのカメラを起動する」

(iPhoneのカメラアプリの起動方法)

  • カメラアプリをタップする
  • 画面を左方向にスライドする事でカメラアプリが起動する

 

二つの方法があるので、自分にあった起動をしましょう。

もたついていると、シャッターチャンスを逃してしまう事もあるので、すぐに起動し撮影できるように工夫する事をおすすめします。

 

カメラの基本②「撮影をする」

「撮影」ボタンをタップする事で写真を撮影する事ができます。

 

カメラの基本③「iPhoneの音量ボタンでも撮影できます」

iPhone本体横の「音量のボタン」を押す事でも撮影する事ができます。

iPhoneを横向きにして撮影する際などは音量ボタンで撮影する事で、通常のカメラのように撮影する事ができます。

 

アプリ起動時にできる事について

デフォルトアプリと言ってもできる事はたくさんあります。

使いこなせば、一眼とまでは言わなくても十分なクオリティの写真を撮影することができます。

 

デフォルトカメラテクニック①「ズーム機能」

画面を「指でピンチ操作する事で画面をズームイン・アウト」ができます。

遠くの被写体を撮影する事ができます。しかし、iPhoneではデジタルズームなので画質はどんどん悪くなります

 

キレイに撮りたい場合は、あまり使わないようにして、自分自体を動かすようにしましょう。

被写体のピントが合いづらい時にはズームインしてから元の状態に戻すことで、自分が動かなくても、ピントが合ってくれるようになります。

 

デフォルトカメラテクニック②「AE / AFロック」

合わせたい所をタップするとAE (自動露出)/AF(オートフォーカス)といって被写体をロックしてくれ、これだけで被写体がキレイになります。

さらにロングタップする事で「AFロック」する事ができます。

「AFロック」をしておくと、iPhone自体を動かしてもAFは固定されるので便利です。

景色でなく、被写体を撮影する時にはAFロックをかけるとブレがなくなるので、キレイになりやすいです。

 

デフォルトカメラテクニック③「AE/AFロック後の明るさの調整」

AFを被写体に合わせると、光が収束しすぎて、逆に被写体がキレイに映らない時に使える機能です。

ピントを合わせた後に上下にスライドすると、明るくしたり暗くしたりもできます。

AFロック後に上下で明るさの調節をすることで、自分好みにもできるので、被写体とのバランスを上手くとりましょう

 

デフォルトカメラのさまざまな機能


ここでは「屋内」ではあまり使用する事のない機能のご紹介。

①フラッシュ切替

iPhoneにはフラッシュが内蔵されており、暗い場所や逆光での撮影時に被写体を明るく撮影することができます。

「自動」「ON」「OFF」の3つのモードがあり、[自動]では被写体が暗い場合などを自動的に判別して発光します。

[ON]は常に発行します、[OFF]は常に発光しないモードです。

iPhoneは場面ごとに自然な色のフラッシュを自動的に発光します。暗い部屋で人物を撮影するときの肌の色などが、より自然に再現されます。

しかし、基本屋内での撮影の場合はOFFにした方が良いです。

②HDR(ハイダイナミックレンジ)

HDR(ハイダイナミックレンジ)機能は明るさの違う3枚の写真を、バランスの良い1枚に合成してくれる機能です。

「明るい写真」+「中間の写真」+「暗い写真」=「ちょうど良い明るさの写真」になるのがHDR(ハイダイナミックレンジ)機能です。

シャッターを押した瞬間にしてくれるのだから、iPhoneはすごいですね。

とても便利な機能で、ON設定さえしてしまえば、あとは被写体にピントを合わせシャッターを押すだけです。

一度の撮影でそのHDR写真と通常写真の2枚がカメラロールに保存されますし、HDR写真のみ保存にもできます。

③Live Photos(ライブフォト)

「Live Photos(ライブフォト)」は、iPhone 6s/6s Plus以降での新機能です。

シャッターボタンを押す前後1.5秒ずつ、合計3秒間の映像と音声が保存されます。「Live Photos」の撮影は通常の写真の撮影と同じようにシャッターボタンを押すだけです。

ただし、写真を撮影する瞬間の前後1.5秒づつ、合計3秒の映像と音声が保存されます。そのため、シャッターボタンを押す前後で、iPhoneをしっかりとホールドしておく必要があります。

そして、当然容量は通常の写真の2倍以上かかります、容量を節約したい人は基本はOFFにしましょう。

④セルフタイマー

設定したいタイマー時間(3秒・10秒)をタップして選択することで、セルフタイマーを設定できます。

「シャッターボタン」をタップすることでカウントダウンが開始され、設定した秒数後に写真がバースト(連写)撮影されます。

⑤フィルター

計8種類のフィルターから好きなフィルターを選択することが可能です。

(左:フィルター一覧 右:クローム撮影)

おすすめは「クローム」です。暖かみもありとてもキレイに撮影できます。

フィルター選択後、再度「フィルター」アイコンをタップすることで、選択画面に戻ることができます。

⑥撮影モード切替

デフォルトを入れて計6種類の撮影の切替ができます。ビデオやスロー、パノラマなどさまざまなものがあります。

  • タイムラプス
  • スロー
  • ビデオ
  • 写真
  • ポートレート
  • スクエア
  • パノラマ

 

撮影した写真をすぐに確認する

iPhoneカメラ

下左にあるサムネイルを、タップするとすぐに確認する事もできます。

 

【次のページでは、デフォルトカメラの美しく撮影する方法についてお話していきます】

1 2
ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。