【サイトマップ】おすすめ記事一覧
美容師のブログ

【枝毛とは?】美容師が教える特長や原因とヘアケア方法について

  • 私の髪って枝毛?
  • 枝毛のケア方法は?

当記事は、枝毛についての基本情報について分かりやすくお話していきます。

 

ほとんどの女性が悩むといっても過言ではないのが「枝毛」です。

女性
女性
枝毛がすぐできてしまうから、あまり枝毛にならないようにしたい…

という悩みを相談されることがよくあります。

実は、枝毛にはたくさんの種類があり、枝毛の原因を知ってから、対策を立てることできれいなツヤのある髪にすることができるんです。

そこで、今回の記事は、「枝毛って何?」って人から読めるように、枝毛についてのことを超分かりやすくお話していきます。

 

枝毛の種類について

きし
きし
まず知ってほしいのが、枝毛には色々と種類があるということです。
つま
つま
枝毛は名前の通り、髪の毛が枝分かれしていることをいいますが、さまざまな種類があるんです。

最初にお話するのは、「枝毛は1種類ではない」と言うことです。

枝毛には4種類に分けられています。

それぞれを図解にしてみました。

枝毛の種類について
  1. スタンダードな枝毛で髪が折れている状態
  2. 最も分かりやすくて、髪が細かめに枝分かれしている状態
  3. 髪が半分にぱっくりと枝分かれしている状態
  4. 髪が割れたり枝分かれしている特殊な状態

これらの枝毛になる原因には、いくつかあります。

①②が非常に多い枝毛の種類で、③は髪が太めでしっかりしている人に多いです。④の枝毛の症状が枝毛の症状が複数重なってでるので、一番状態が悪い枝毛になります。

髪質やダメージによって「枝毛の種類」がある

これらの枝毛は、髪質やダメージ度合いによって枝毛の種類が分かれます。とくに細毛の人はダメージを受けやすく、髪が枝分かれしてしまいやすいので、枝毛になりやすいです。

例えば、細毛がダメージを追うことで①のような折れてしまいます。太毛がダメージを追うことで③のような枝分かれの枝毛になります。

このように髪質やダメージの仕方によって、さまざまな枝毛ケースがあるといえるでしょう。

枝毛と切れ毛(きれげ)の違いについて

枝毛については、よく相談されますが「枝毛」と「切れ毛」を間違えているということがありますが、実は枝毛と切れ毛は全然違います。

でもこの違いは、とてもシンプルなんです。

髪が切れているか、髪が切れていないか。

これだけです。

上記の枝毛の種類の①②③が悪化することで④になり、さらにダメージが大きくなると、切れ毛になります。

 

枝毛の原因は「ダメージ」

きし
きし
次に枝毛の原因についてもお話します。
つま
つま
枝毛の原因は「ダメージ」によるものがほとんどです。

枝毛になってしまう原因には、髪への負担である「ダメージ」がほとんどになります。

そして、枝毛の原因はダメージによるものですが、そんなダメージにもいくつかの種類があります。

枝毛の原因になる「5つのダメージ」

ダメージの種類
  • 紫外線のダメージ
  • 熱のダメージ
  • 摩擦のダメージ
  • カラーのダメージ
  • パーマのダメージ

この5つのダメージによって、髪に負担となり、髪は形状を維持することができなくなり、枝毛になってしまいます。

これらの外的要因によって髪はダメージになり、さらにダメージが増えるたびに「ダメージホール」という空洞が生まれ、枝分かれするだけでなく髪が割れたりする特殊な枝毛にもなってしまうのです。

洗い流さないトリートメント

そして、枝毛が増えることによって、髪の形も変形しヘアスタイルとしてのまとまり自体が悪くなります

これらのさまざまな「ダメージ」によって「枝毛」になってしまうということです。

 

枝毛の改善予防

きし
きし
一緒に枝毛の改善予防についてお話していきます。
つま
つま
できることから始めてくださいね。

先に伝えておくと、一度枝毛になってしまうと治すことや直すことはできません。髪は不滅細胞のため、一度形状が変化してしまった枝毛を元に戻すことはできません。

そのため修復するのではなく、ダメージを受ける前に「予防する」ということが重要になります。

かと言って、「じゃぁカラーやパーマやブローが枝毛の原因になるんだったら、しない方がいい?」っていうと、元も子もありません。

髪への負担になりますが、髪をキレイに見せるためには、カラーやパーマはブローは必要になりますからね。

そんなダメージの予防対策には3つあります。

  • シャンプーでヘアケア
  • マスクでヘアケア
  • アウトバスでヘアケア

順にお話していきます。

シャンプーでヘアケア

シャンプー
きし
きし
シャンプーでのヘアケアは効果的です。シャンプーによっては髪をキレイにしながらもダメージ予防もすることができるのです。

個人的には、市販シャンプーよりもサロンシャンプーをおすすめしています。

僕の考える「サロン専売品」と「市販品」違いは、

サロンシャンプー=

髪にいいけど価格が高い

市販シャンプー=

価格は安いけど髪には良くない

つまり、価格が高いシャンプーには髪や頭皮に良い成分が構成されており、どちらを求めるかによってお客様は選択することができます。

美容室で購入したシャンプーでも、安くて髪が少しきしむようになればそれはもはや市販シャンプーだし、

ドラッグストアやネットで高価なシャンプーを購入して、髪をキレイになればそれはサロンシャンプーだと考えています。

ダメージ

毎日するシャンプーも負担の大きいものになれば、それだけスタイルのまとまりの悪さに直結するのです。

そして、世の中にはたくさんのシャンプーがありますが、単に価格や成分だけで選んでしまうと、あなたの髪に合う成分が配合されていない可能性があり、むしろ逆効果です。

髪にあったシャンプーを使うことで、ダメージ予防になります。

>>サロンシャンプーランキング

マスクでヘアケア

ヘアマスクの使い方
きし
きし
ヘアマスクの必要性についてもお話します。ヘアマスクはすぐにでも使うことをおすすめすアイテムです。

ヘアマスクの必要性は単純に「髪がキレイになる」ということです。

さらに、「ダメージヘアが気になるからマスクを使いたい…」というご相談を受けたことがありますが、実はダメージヘアではすでに手遅れです。一番の必要性なのが

”髪をダメージから守る”

ということにあります。

マスクによって、髪のまとまりがつくのは、上記でお話したダメージホールを防いでくれる役割もあるからなのです。

洗い流さないトリートメント

これは欧米人との比較しているグラフです。日本人は欧米人に比べ、コレステロール値が半分以下にまでなっています。

これらは髪を守ってくれる数値と言ってもよいものです。

そのためヘアマスクは女性にとって必需品といってもいいアイテムなのです。

>>ヘアマスクランキング

アウトバスでヘアケア

洗い流さないトリートメント
きし
きし
ダメージから髪を守るために、洗い流さないトリートメントをつけます。

ダメージを予防するためには、洗い流さないトリートメントが必須になります。

髪につけたままにするアウトバスタイプなので、つけておけば直接のダメージから髪を守ってくれるガードの役割になってくれます。

そして、個人的な洗い流さないトリートメントの1番のメリットというのは、いつでもどこでも好きなタイミングで、トリートメントをつけることができることなのです。

ドライヤー前や、出かける前など、髪の広がりが気になってきた時だけでなく、髪のコンディションが気になってきたりしたときも、使うことができます。

それだけでなく、質感をコントロールして、扱いやすく思いどおりの髪に導くという役割もあるので、スタイリング剤が苦手な方も代用品として使えるのが洗い流さないトリートメントなのです。

>>洗い流さないトリートメント

 

最後に

きし
きし
「枝毛」について分かりやすくお話しました。
つま
つま
よくブローやアイロンなど使う人は必見の内容です。

枝毛の種類は色々あり、予防改善もたくさんあります。

「枝毛がすぐできてしまうから、あまり枝毛にならないようにしたい…」という悩みを相談されることがよくあります。

枝毛が多くなるとスタイルのまとまりも悪くなってしまい、キレイにスタイリングもできなくなります。

正しいヘアケアと予防対策で今ある髪を守って、サラサラヘアを目指しましょう

ABOUT ME
岸 和希
美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。