おすすめのヘアケアランキング詳しくはこちら

かきあげ前髪におすすめのヘアワックス&スプレー!人気スタイリング剤7選!

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

  • かき上げ前髪におすすめのスタイリング剤ってある?
  • どんなワックスを使えばいいの?
  • かき上げ前髪にしたくて、前髪を伸ばしたんだけど上手くスタイリングができなくて…。

というお悩みもチラホラあるので、かき上げ前髪初心者さんから、かき上げ前髪上級者の方にも役に立てるスタイリングテクニックについてお話していきます。

MEMO

今回の記事では大きく3つのトピックで分けていきます。

  • かきあげ前髪におすすめのヘアワックス
  • かきあげ前髪におすすめのヘアスプレー

かき上げ前髪の「スタイリング」に特化したコンテンツにしていきます。

当記事は、かき上げ前髪におすすめのヘアワックス(スタイリング剤)について、分かりやすくお話していきます。

おすすめシャンプ

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

目次
スクロールできます

運営者 / 美容師

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

美容師

廣瀬 幸奈

Yukina Hirose

hair make lonlo代表。奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

hair Designer

谷本 昌浩

Masahiro Tanimoto

美容室Re:berta チーフディレクター。和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら。主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

 

「かきあげ前髪」とは?

きし

この数年で一気に需要が多くなった「かきあげ前髪」と呼ばれるバングスタイル。

廣瀬

女優さんだと、「中村アン」さんが印象的で残っています。

かきあげたあとに髪が自然とふわっと立ち上がるように、ボリュームのある長め前髪が「かきあげ前髪」と呼ばれます。

MEMO

「大人女子」「ワイルド」「ボリュームアップ」などさまざまなメリットを生み出してくれるヘアスタイルの一種です。

しかし、流行からチャレンジするお客様の中からも、「上手くかき上げ前髪が再現できない…」とういお声もあってこういう記事をつくっています。

目次に戻る

スタイリング剤の選び方

きし

何気なく使っているスタイリング剤、でも実は「よく分かっていない人」は少なくありません。まずはスタイリング剤の基本から知りましょう。

廣瀬

自分に相性の良いアイテムを選ぶ前の参考にしてくださいね。

パーマやヘアカラーなどいろいろと髪のおしゃれが楽しめる時代から、ドライヤーやコテ、アイロンなど自分で気軽にスタイリングを楽しめる時代になりました。

でも楽しめる時代だからこそ、ヘアスタイルへの欲求(クオリティ)が高くなり、いつしかスタイルを再現してそして維持するのは、自然に髪を乾燥させただけでは難しいものばかりになっています。

そのためにスタイリング剤というのは必需品となっています。そんなスタイリング剤は、タイミングや使用量、またそもそもの「スタイリング剤自体」によっても、その効果は大きく変わってきます。

高い保湿力があるモノもポイント

【フィヨーレ】「クリエイティブデザイン」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

高い保湿性は、くせ毛のようなうねりを緩和しつつ、いいテクスチュアにしてくれます。水分量やシリコン・ポリマー要素が大きいと髪質を無視してスタイリングすることができますが、スタイリング時では問題なくとも、時間が経つことでスタイルが壊れてしまうことが多いです。

セット力やキープ力だけでなく、髪質だけでなくパーマも最大限活かしてくれるスタイリングが「保湿性のあるスタイリング剤」ということになります。

このポイントを意識することで、髪質を活かしたスタイリングがしやすくなります。

髪に負担をかけないのも重要

【イリヤ】「スパイキー グリークス23」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

スタイリング剤と言っても、種類はかなり多くあり、同じアイテムでも、セット力やキープ力は違ってきます。ヘアスタイルによっても変えてあげるのがベストです。

揮発性と速乾性というものがあり、簡単に言うと「乾くのが早い」と髪に負担になってしまうため、揮発性があり剤自体の伸びがいいアイテムを使うのがベストです。

シャンプーで落としやすいか

パワーがあるものは、男性やベリーショートの方に好まれる傾向にありますが、デメリットに「快適に使えない」「シャンプーで落としづらい」などがあります。

もちろんプロダクトやシリーズにもよりますが、傾向が多いです。

猫毛では、キューティクルが薄く、ダメージになりやすいため、スタイリング剤ではシャンプーで落ちやすいものを選びます。

快適に使えるプロダクトを選ぶ

スタイリング剤では、多少の違いはあるものの、成分構成などは似たようなものが多く、違いがあるとすればプロダクトの差がかなり大きい。

へアワックスや、ムース、ジェリーなどさまざまスタイリング剤に加えて、固さ(ソフト・ハード)があります。

スタイルに合うものを選ぶ

スタイルに合うものを選ぶ

スタイリング剤は闇雲に選べばいいと言うものではなく、髪質に合ったものを選ぶ必要があります。

そこでいくつかのポイントを話します。

 ワックスを選ぶ3つのポイント
  • 「ソフト」か「ハード」
  • 「動かす」か「まとめる」
  • 「ドライ感」か「ウェット感」

「ソフトか?」「ハードか?」

これは大体イメージできますが、セット力・キープ力・パワー、など選びやすい目安になります。

基本女性ならソフト、男性ならハードといったイメージ。

とはいえ両方用意して、自分の髪質に合わせて、硬さを調整するのが一番失敗はありません。最近の傾向では、どちらかというよりも自分なりに調整をするのがベストだと考えています。

例えば、ぼく自身はスタイリング剤を4種類持っています。ソフトワックス、ハードワックス、ジェリー、ハードスプレー、などです。

もちろん、全てを毎回使用するわけではありませんが、気分によって使い分けたり、髪の状態や、天候の状態によって使い分けたりします。

POINT
  • 質感を変えられる
  • 髪の状態によって変えられる
  • ヘアスタイルによって変えられる
  • スタリングがしやすくなる

複数、使うのがベスト

個人的には、スタイリング剤といっても複数使いもおすすめ。

ヘアスタイルで一番のネックなポイントはスタイリングの難易度の高さです。美容師が作るように家では上手くできないという悩みをよく聞くことがあります。

スタイリングが不慣れな方では上手くつくること中々に大変です。

そこで上手くいく「コツ」となるのは、スタイリング剤の「種類を使い分ける」「重ねて使う」ことによって、スタイリングが格段にしやすくなります。

つまり、1つ(1種類)のスタイリング剤だけでなく、数種類(もしくは数個のスタイリング剤)を使うことによって、美容室で作るようなスタイルを再現することができます。

ワックスをベースに、ウェット系スタイリング剤(ジェリーやジェル)、ムースなど用意しておくことで、一つのスタイリング剤だけでなく、いくつか使用することで上手くスタイリングしやすくなります。

例えば、「ツヤを出す」「まとまりをつくる」「キープする」を一つのスタイリング剤でしてしまわなくても、それぞれ一つずつ用意しておくことで、快適に使えるし、幅広く対応できます。

二つあっても、三つあっても、使う量は同じなので、無駄にはなりませんからね。

目次に戻る

おすすめのヘアワックス

きし

それでは、おすすめのヘアワックスについてご紹介していきます。

かきあげ前髪を完成させたらヘアワックスなどで根元をくしゃっと揉みこむようにセットしましょう。

かきあげ前髪のスタイルをキープを持続させるならヘアワックスは必須と言っても過言ではありません。

ヘアスプレーに比べて髪の中にまでしっかりとスタイリングすることができるのでキープしたい方はヘアワックスがおすすめとなります。

MEMO

ヘアワックスは少しやわらかいテクスチャー(動きやすい質感)で、ふんわり仕上がるというのをメインにチョイスしています。

NAKANO(ナカノ)スタイリング ワックス 3Fライトハード

【ナカノ】「ナカノスタイリングワックス(ファイバータイプ)」を美容師が実際に使ったレビュー記事

一言でいうと

男女ともにおすすめのファイバーワックス!

  • ファイバー6種+クリーム4種の計10の豊富なラインナップ
  • ヘアカラー退色予防成分を配合
  • 消臭、ダメージ補修効果

ファイバータイプとクリームタイプの2つのラインナップからなるプロフェッショナル用のスタイリング剤です。プロ好みの性能(手のひらでの伸びの良さ、程よいひっかかり具合など)や仕上がり感(ふんわり、ドライな感じなど)を再現しやすいヘアワックス。

実際の使用感

【ナカノ】「ナカノスタイリングワックス(ファイバータイプ)」を美容師が実際に使ったレビュー記事

実際に使ってみましたが、髪への伸びがよくて、サラッとした質感、ヘアワックスとしての使用感はトップクラスでした。

ファイバーワックスはたくさんありますが、これだけホールド力がチョイスできるラインナップは超貴重です。

見た目のデザイン性も高く、使用する内容も良いワックスはかなり有用レベルで幅広い髪質やヘアスタイルに使うことができるはず。

廣瀬

ガチガチのスタイリングもできるし、ナチュラルなスタイルもつくることができるため、男性からロングの女性にまでおすすめできるスタイリング剤になっています。

さらに、これだけの内容にありながら価格も安く、使いやすくなっています。

ジェミールフラン ジェルクリーム+

【ミルボン】「ジェミールフラン ジェルクリーム」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

一言でいうと

ナチュラルなツヤ感で使用感バツグン!

  • 髪同士を点で止める「コネクトクレイ」配合
  • 髪同士を密着させる成分「ホールドクレイ」配合
  • メリハリのある束感をキープ

スタイリング剤なのにベタつかず、スタイリングをしていないような自然なスタイルをを作ることができます。自然ながらもメリハリのある束感をキープすることができるのでヘアアレンジにも使えるアイテムです。

実際の使用感

【ミルボン】「ジェミールフラン ジェルクリーム」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

実際に使ってみましたが、ワックスでもなくヘアクリームでもなく、ちょうどよいポジションのアイテムなので、個人的にはかなりおすすめできるアイテムでした。

ヘアアレンジ前や、ガッチリスタイリング前、コテ(ヘアアイロン)前などにも使えるため、マルチで使えるスタイリング剤という印象。

廣瀬

私自身にも使用していますし、お客様にも使っていますが、かなり使いやすいです。とくに気に入っているのはワックスをつけている感がないところです。

STYLE ME(スタイルミー)ミディアム ソフトワックス

【ナンバースリー】「スタイルミー」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

一言でいうと

スタイリング剤が苦手って方におすすめのワックス!

  • 洗い流しやすく、頭皮、髪・手肌に優しい新処方
  • ウォータープルーフ
  • ボタニカルケア処方

8つのフリー構成で髪や肌に優しい仕様になっています。さらに、デオドラント効果(消臭)も期待できる特殊なスタイリング剤なので、男性だけでなく女性にもおすすめできるアイテムになっています。

実際の使用感

【ナンバースリー】「スタイルミー」のヘアワックスを美容師が実際に使ったレビュー記事

実際に使ってみましたが、さすがの素材の良さだけでなく使用感も良いアイテムになっています。

デザイン性の良さにシンプルなボトル、ワックスも手に優しく仕上がりも上々、個人的にはかなり良さそうな感じ

廣瀬

ヘアワックスですが、ガチガチに固めるという感じではなくナチュラルで仕上がりにしたい女性やミディアムショートの男性におすすめというようなアイテムになります。

十分すぎるほどのクオリティと品質の高さを感じることができるヘアワックスでかなりおすすめできるレベルになります。

TEXTURE CLAY(テクスチュアクレイ)

【ニゼル】「テクスチュアクレイ」のヘアワックスを実際に使ったレビュー記事

一言でいうと

ナチュラルなスタイリングをつくるファイバータイプ!

  • 軽い質感で根本から毛流れをつくれる
  • まとまりを作りやすいファイバーワックス
  • 揮発性も高く、快適使用できる

軽くて根本から毛先にまで使えるファイバーワックスでまとまりや動きをつくるためのアイテム。ウェーブスタイルの空気感のある束っぽい質感や、動きも表現もすることができます。

実際の使用感

実際に使ってみましたが、使用感が非常に高くて、ヘアスタイルをホールドする力が弱い分、絡まりやすい髪にでも使うことができます

テクスチュアクレイの使用例

  • ロングヘアのパサツキを抑える
  • 巻髪前のベース剤(まとまりアップ)
  • 絡まりやすい髪の指通りをキレイにする

このようにセット力以外でマルチで役立つヘアワックスになっています。

廣瀬

個人的には、セット力を求めない女性全般におすすめできますが、それ以外にもミディアムくらいの男性のベース剤の役割としてもおすすめです。

このアイテムの使用感の良さというのは、個人的にはマルチに使える万能ワックスだと考えています。

目次に戻る

おすすめのヘアスプレー

きし

へアスプレーは、かきあげ前髪のスタイルをつくるに欠かせないスタイリング剤の1つです。

廣瀬

とくにミディアム〜ロングの女性にとってはワックスよりも重要なアイテムになっているのです!

スプレーは基本的に3つの使い方があります。

  1. スタイリングをキープする
  2. ワックスの代りにスプレーワックスにする
  3. ツヤ出しをする

それを含めた上でも、スプレーの魅力というのは、

狙ったところにつけることができる

です。

ワックスのように手にとる必要もない上に、失敗がすくない上にロングの女性の絡まりなどもありません。

そのため、女性のスタイリング初心者にもおすすめできるスタイリング剤です。

スプレーが苦手とい人も結構多いですが、最近のスプレーはさまざまなスタイルに合わせることができる万能なスタイリング剤なのです。

スプレーの種類一覧
  • ハードスプレー
  • アレンジスプレー
  • グロススプレー

おすすめ女性のヘアスプレーを紹介していきます。

COTA(コタ)

スタイリングスプレーW

コタのソフトスプレーのミストは細かい形状になっていて、ツヤがかなり出るので矯正毛におすすめです。スタイルの仕上がりにかけることで一気にキレイになります。

ミルボン ニゼル

ブライトアップヴェール

広範囲のスプレーなので、ロングヘアでも使いやすいツヤ出しです。一緒にまとまりも良くなるので、ヘアアイロン前でも後でも使える使いやすいスプレーです。

N.(エヌドット)

ニュアンススプレー

napla (ナプラ) N.ニュアンスヘアスプレー3 180g

軽めのストレートスタイルにおすすめなのがこのスプレーです。ツヤ出しよりも動きのあるまとまりのでるスプレーです。ツヤも出すこともでき、まとまりもつくることができるスプレーです。

おすすめシャンプー

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

目次に戻る

かきあげ前髪をキープする方法

ここまでは、ナチュラリーなスタイリングにおすすめの剤でしたが、ガチっとキープするならば、ハードスプレーで、ガチッと固めてしまえば、1日キープすることもできます。

  • ブローやアイロンでフォルム作り
  • ヘアワックスで立ち上げやまとまりをつける
  • ハードスプレーでガチッと固めてしまう

こういった手順でも、いい感じにスタイリングできるはず。

ポイントは、ヘアワックスまでで形をつくってしまうことで、ナチュラルなスタイリングなのにキープできるというところです。

おすすめのハードスプレーはこちら。

おすすめのスタイリング剤

アルティメットスプレー

アルティメットスプレー 200g

固定力の高いハードセットポリマーで、激しい動きでもスタイルをくずすことなく、スタイルが長時間キープ。速乾性にも優れ、セットしたフォルムをダレさせることなく固定します。操作性に優れる、水分量を抑えたきめ細かな霧がかきあげ前髪との相性ばつぐんです。

目次に戻る

あとがき

きし

もちろん、一人一人毛流れやくせ毛の状態は違いますし、全ての方に当てはまるわけではありません。ただ、美容師をしていてほぼ全ての方が当てはまることは実証済みです。

まとめ
  1. しっかりとスタイリングしたい人はヘアワックス
  2. サラッとしたナチュラル感が欲しい人はヘアスプレー
  3. 両方するのもアリ

かきあげ前髪をするための必要な知識をまとめてみました。

最初にもお話しましたが、テクニックも重要ですがそれよりも大事になるのが「慣れ」です。

いくら簡単であってもやり続けて慣れていかないとマスターすることはありませんからね。

これから「かきあげ前髪」をしてみようっていう方も、現在「かきあげ前髪」を楽しんでいる方にも参考になれば幸いです。

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次