【厳選ヘアケアセット】おすすめアイテム

【メンズのセットとシャンプー】 シャンプーした方がスタイリングが上手くいく理由

【メンズのセットとシャンプー】 シャンプーした方がスタイリングが上手くいく理由

朝、髪をセットする際、水でバーっと濡らしてからセットをします。ですが、何か上手くできません。対して、風呂上がりにセットする時は、すごくセットが簡単に感じます。

風呂上がりだとなぜセットしやすいのでしょうか?毎朝風呂上がりの感じでセットしたいんですが、やはりシャンプーしなければいけないんでしょうか?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

シャンプーをした後がスタイリング(セット)しやすい理由について

男性ならば、毎日のヘアスタイリングをするという方は少くないはずです。女性のメイクと同じようにしてキレイなヘアスタイルをつくります。

しかし、髪の状態によっては、スタイリングがしやすかったり、しにくかったりすることがありますよね?

上記の疑問などは、美容師をしていると、よくある質問の一つでもあります。

そこで、毎日髪をさわる美容師がこういった疑問にお答えしていきます。

MEMO
  • シャンプー後ではなぜスタイリングがしやすいのか!?
  • シャンプー以外でのしやすい方法はないのか!?

こういった内容の記事になっています。

 

シャンプー後はなぜスタイリングがしやすくなるのか!?

シャンプー後はなぜスタイリングがしやすくなるのか!?

 きし
なぜシャンプー後にスタイリングがしやすくなるのかを分かりやすくお伝えしていきます。

つま

これは、髪が短いヘアスタイルが多く、スタイリングをよくする男性の方に多いです。

少し混乱してはいけないので、疑問点についてを軽くまとめてみます。

  • シャンプー後のスタイリングをすると上手くヘアスタイルを作れる
  • 夜にシャンプーをして、朝濡らすけどもシャンプー後のようなスタイリングが作れない
今回の記事のポイントとなるのは、なぜシャンプーをした後はスタイリングがしやすいのか!?

シャンプーをしなくても上手くスタイリングする方法はないのか!?についてです。

 

まずは「なぜスタイリングがしやすいのか」についてを具体的にお伝えしていきます。

そもそも、スタイリングをしやすい・しにくいを簡潔にすると、答えはシンプルで、

 

”髪のコンディションが良い”

 

これに限ります。

 

シャンプーをした後に髪の状態(コンディション)が良いために、スタイリングが格段に良くなるのですが、逆に一度時間をあくことによって髪の状態が悪くなるからです。

スタイリングが上手くいく理由

  • 髪がクリーンな状態になる
  • 水分状態が整えられる
  • 寝癖で髪が動く

さらに、上手くい・いかないを具体的にすると、それぞれの理由を具体的にすると、こういう感じになります。

 

髪がクリーンな状態になる

 きし
まずは、シャンプーをすることで、髪がクリーンな状態になります。

髪は普段、頭皮を守るためにありますが、汚れやホコリが付着しやすくもなっています。そのためシャンプーした後ではスタイリングした時に邪魔なものが一切ありません。

さらに、汗や皮脂といった頭皮から発生する汚れが髪のボリュームを潰してしまうことによって、よりバランスをつくりにくくなります。

 

水分状態が整えられてくせ毛が緩和される

 きし
シャンプーをした後では、髪の水分バランスも整えられて、くせ毛も緩和させることができます。

くせ毛の原因の一つには、”水分量の違い”というものがあります。

髪には「水分を保持するコルテックス」があります。

さらに、コルテックスには「オルソコルテックス」と「パラコルテックス」と呼ばれる2種類のコルテックスが、毛髪のうねりの外側と内側に分かれて存在しています。

コルテックスの種類と特性
 種類  特性  部分
オルソコルテックス 吸水性が高く、膨潤性も高い 外側
パラコルテックス 吸水性が低く、膨潤性も低い 内側

くせ毛は、2つのコルテックスの特性の違いが表れやすいために、うねりが生じます。

重力抵抗だけでなく、水分量も多いところと少ないところが一本の髪でも存在し、多いところと少ないところの水分量の違いにより、髪の重さも変わり、うねるのです

つまり、シャンプーをした後では、一番”くせ毛が緩和している”状態でもあるということです。

そのため、スタイリングをする時にも上手くつくることができます。

 

寝癖もなくてスタイリングしやすい

 きし
一度あいだに就寝が入ると、”寝癖”がつくので、スタイリングも一気にしにくくなります。

さすがに寝癖がついたままでスタイリングはさすがにないと思いますが、サーッと濡らすぐらいで完璧になくなるわけではありません。

やはりシャンプーをした後に比べると、キレイな状態には程遠く、スタイリングはやはり上手くいかないということになります。

 

シャンプーをした後のようなスタイリングにする方法

シャンプーをした後のようなスタイリングにする方法

 きし
次に、シャンプーを夜にして、朝にシャンプーせずに上手くスタイリングする方法についてをまとめてみました。

つま

毎朝スタイリングすると、シャンプーする・しないというのが、迷うところですよね。

正直なところ、シャンプーを夜して、朝もするのが髪のコンディションが良くなり、一番最適です。

しかし、シャンプーの回数が増えることで、頭皮への負担も増えるため、極力抑えたほうがいいです。ぼくは1日1回をおすすめしています。

かと言って、「朝シャンにすればいいのか!?」と言えば、スタイリングをしたまま就寝するのもおすすめはしていません。

そのため、夜にシャンプーをして、朝はシャンプーせずにそのままスタイリングする方法をまとめてみました。

しっかりドライヤーをかけて寝る

 きし
夜にシャンプーした後に、ドライヤーをかけて、髪をしっかりと乾かすことで寝癖がつきにくくなります。

乾かしておくと、寝癖がつきにくく、朝濡らすことなくスタイリングできることもあります。

MEMO

濡らさないと夜の乾いた状態でのスタイリングに限りなく近くなるためおすすめです。

 

髪を濡らした後に洗い流さないトリートメントをつけてみる

 きし
もし濡らした後でも、”洗い流さないトリートメント”をつけることで水分のバランスも整えられ、くせ毛が緩和されるのでおすすめです。

髪を濡らした場合でも、洗い流さないトリートメントをつけて、また乾かしていくと、上手くヘアスタイルがつくれます。

もちろんシャンプーをするほど上手くできるかと言えば、そうではありませんが、シャンプーほどの頭皮への負担はないでの、安心して使うことができます。

 

ヘアアイロンを使ってスタイリングする

 きし
最後におすすめするのは、ヘアスタイルを使ったスタイリングです。

毎日使っている方は別ですが、くせ毛を直すことができるのはかなり効果が高いです。

MEMO

とくに、前髪や顔周りをキレイにするだけでも”スタイリングが上手くいってる”ように感じることができます。

 

終わりに…

まとめ

 きし
シャンプーをした後ではスタイリングが上手くいく理由についてをお話してみました。

つま

おそらく女性にも男性にもいえることなのですが、男性のほうが影響は大きいので参考になるはずです。
まとめ
  1. シャンプーをした後が一番上手くスタイリングができる
  2. それは髪のコンディションが良いから
  3. 色々な工夫をすれば良くなる

まぁ、正直なとこシャンプーした”クリーンな状態”が一番スタイリングもしやすいんですが、ちょっと工夫すれば、限りなくその状態に近づけることができます。

とくにシャンプーの回数を増やすと頭皮への負担が増えるので、できるだけ状態を整えて就寝するか、朝の寝癖を改善するためにスタイリングするか、というのが重要になります。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。