美容師おすすめのヘアケアセット

【クリープパーマとは?】クリープの特徴と従来のパーマとの違い

【クリープパーマとは?】クリープの特徴と従来のパーマとの違い

クリープパーマとはどのようなパーマですか?調べたのですが他との違いがよく分かりません(T_T)

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

クリープパーマと従来のパーマの違いの解説

パーマはとても魅力的なメニューの一つですが、同様に奥深いメニューの一つでもあります。

上記のような質問はお客様でもよくあるもので、分からない方も多いことです。

そこで、今回の記事ではクリープパーマについて美容師が分かりやすくお話していきます。

この記事で分かること

  • クリープパーマの特徴
  • クリープパーマのメリット
  • 従来のパーマとの違い
 

「クリープパーマ」について

【クリープパーマとは?】クリープの特徴と従来のパーマとの違い

 きし
まずは、クリープパーマについてお話していきます。

つま

クリープパーマとは、クリープという技術をパーマに取り入れてメニューの品質を上げたパーマのことです。

そもそもの「クリープ」とは?

クリープとは、長い時間経過させることにより、より形を固定させる現象のこと。クリープ変形とも言われます。

クリープパーマとは、一般的なパーマと実はそれほど作業工程や仕組みは変わりません。

はっきりとした違いには、パーマにおける1剤と2剤の工程の間に「時間」をおいてクリープ化させるというところです。

従来のパーマの流れ

  1. ワインディング(ロッドオン)
  2. 1剤塗布(アルカリ化)
  3. 中間水洗(酸性化)
  4. 2剤塗布
  5. ロッドアウト

パーマにおいては①にある「アルカリ化」がとても重要なポイントになります。

このアルカリ化をする時間を長く置くことによってクリープ化(またはクリープ変形)となります。

クリープ化させる手順としては…

  • 中間水洗してから時間を置く
  • 乾燥させてから時間を置く
  • 予め弱い薬剤(1剤)で長時間放置する

従来のパーマ同様にある程度アルカリ化させて、その後に中間水洗してから時間を置きクリープ化させる方法と、

中間水洗のタイミングで、水洗ではなく”乾燥”させることによって、髪のアルカリ化の進行を著しく弱体させて、時間を長く置くことによってクリープ化させる、

そして、予め弱めの薬剤(1剤)で長時間(30〜40分)放置することによってクリープ化させる方法、

この3つの方法があります。

これは当然ながら、髪質やダメージ度合い、したいヘアスタイルによって調整をします。

あとは美容師さんの好みなどによっても変わります。

 

クリープパーマの特徴

 きし
クリープパーマの特徴についてもお話していきます。

クリープパーマの特徴としては…

  • やわらかい質感になる
  • 通常のパーマよりもスタイル崩れが少ない
  • スタイルの定着が強い
  • パーマの施術時間が長い
などがあります。

率直に答えると、従来のパーマよりもクリープ化させる時間をプラスαするので、単純に品質の高いパーマと言えるメニューです。

つまり、パーマのスタイルはしたいもので、「カール」や「ウェーブ」などがある上に、パーマの持ちが良くなったり、柔らかい質感のパーマというのが特徴の一つとなります。

クリープパーマってどんなパーマがあるの?

なんて質問もありますが、「クリープパーマとは従来のパーマに比べて時間はかかるけど長持ちしやすい(やわらかい)パーマ」というのが正解です。

 

クリープパーマと従来のパーマの違い

【クリープパーマとは?】クリープの特徴と従来のパーマとの違い

 きし
従来のパーマとの違いについても分かりやすくお伝えしていきます。

つま

上記でもお話したように、シンプルに「品質の高いパーマ」とも言えます。

クリープパーマというからには、何か大きな違いがあるのかなとも思われがちですが、この時間によってクリープ化させるかだけの違いなんです。

従来のパーマとクリープパーマの違いとは、「時間を置く」「クリープ化させる」だけの違いとなります。

その他に関しては、ロッドや薬液などが変わることはほとんどありません。クリープ化しやすい薬液や、クリープ化させるということも想定してロッドを変えたりもありますが、それは美容師的視点の意見です。

だったら、クリープ化とか分けずに全てのパーマにクリープ化を入れれば良いんじゃない?

と思うかもしれませんが、クリープ化が必要ない場合もあります。

それが、健康な髪や、多少な少ダメージ毛です。

こういう方の髪にはクリープ化させずとも、アルカリ化を長くすることでも充分にキレイなパーマヘアにすることができます。

何が言いたいかというと、

髪質やヘアスタイルに合わせて通常のパーマとクリープパーマを使い分ける

のが重要になるとういことです。

 

クリープパーマはどんな方におすすめか

 きし
では、クリープパーマはどんな方におすすめするのか?についてもまとめていきます。

クリープパーマは、とにかく品質が高いパーマということで、前提としてはパーマをかけたことのある方が大半となります。

全くパーマのかけたことのない方にすることはほとんどありません。

もしかしたら従来のパーマでも全然事足りるかもしれませんからね。

こんな方にクリープパーマがおすすめ

  • できるだけパーマの持ちを長くしたい
  • 柔らかい質感にしたい
  • ダメージを少なくしたい
  • 定期的にパーマをかける
  • ヘアカラーも良くする

などが上がってきます。

つまり、個人的には「髪を大切にしたい」というような方にはおすすめになります。

 

終わりに

【パーマの基本知識】美容師がパーマ理論分かりやすく解説!

 きし
クリープパーマについてをまおとめてみました。

つま

髪の状態やヘアスタイルによっては、使い分けるとは言いましたが、ヘアカラーをよくする方なんかもクリープパーマもおすすめです。
まとめ
  1. 通常よりも「時間」をプラスαしている
  2. 品質の高いパーマがクリープパーマ
  3. 髪のダメージがあったり定期的にパーマをする方にはおすすめ

クリープ化というのは、技術というよりも見極めがとても重要になるので、自分の髪質やヘアスタイルを理解、コミュニケーションをとった上で美容師さんにしてもらいましょう。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。