美容師おすすめのヘアケアセット

「縮毛矯正した髪にパーマは当てれるのか?」を美容師が分かりやすく解説

「縮毛矯正した髪にパーマは当てれるのか?」を美容師が分かりやすく解説

美容師さんに「縮毛矯正した髪にはパーマはかけれない」って言われたんだけど、パーマはできないの?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

縮毛矯正した髪にパーマができなくなる原因と対策の解説

「縮毛矯正するとパーマをかけれない。」

矯正をかけたことのある女性なら一度は言われてたことがあるといっても過言ではないかもっしれません。

なぜ矯正するとパーマをかけれないのか?矯正毛の方はパーマをすることはできないのか?

そこで今回の記事では、美容師が教える縮毛矯正した髪にパーマができなくなる原因と、そんな状態でもパーマをする対策についてをお話していきます。

この記事で分かること

  • 縮毛矯正とパーマの相性が悪い論理
  • 縮毛矯正でもかけることができるパーマ
  • 美容師的アドバイス
 

「縮毛矯正」と「パーマ」の相性が悪い論理について

「縮毛矯正した髪にパーマは当てれるのか?」を美容師が分かりやすく解説

 きし
そもそもなぜ縮毛矯正とパーマの相性が悪いのか、についてお話していきます。

つま

矯正(ストレート)とパーマは正反対のスタイルをつくるものなので、相性は悪くて当然です。

なぜ縮毛矯正とパーマは相性が悪いのか、は当然ながら、ストレートとパーマが全くの正反対のスタイルをつくるからに他なりません。

ストレートにしたり、パーマにしたり、とってつけかえたり気軽にできるほど、美容技術はまだまだ発展しているわけではないからです。

ポイント

とくに、「縮毛矯正」という技術は強力かつ、髪への負担も大きいメニューの1つになっているために、矯正をかけたあとにパーマをしても中々思った動きをしてくれません。

縮毛矯正をした方だったら理解してもらえると思いますが、くせ毛を真っ直ぐなストレートヘアにするには、アイロン操作があります。

この矯正の薬液だけではないヘアアイロンを使った「熱処理」が強力となっています。

 

矯正とパーマはあまり交互に繰り返さないほうがいい

 きし
やはり、ストレートとパーマという正反対のスタイルをつくるため、髪の負担が大きくなっているため、できるだけ未来を考えたスタイルつくりをイメージする。

この記事の悩みポイントである「矯正をかけた後にはパーマはできない」というのは、正解であって間違いでもあります。

それは後述しますが、矯正をした後でもパーマをかけることはできます、しかし、髪に大きな負担にもなるため”しない方がいい”というのも確かです。

そのため、ストレートにしたり、パーマにしたり、交互には繰り返さない方がいいです。

ポイント

美容師がおすすめ

ベースとなるヘアスタイルを、ストレートヘアにするか、パーマヘアにするか、を設定しておき、気分によってヘアアイロンストレートにしたり、巻髪をつくって動きを出すのが一番ベストだと考えています。

正直なとこ、何もしないという一番髪への負担も少ないのですが、「傷んでいない」というのと「キレイに見せる」というのは全くの別物です。

何が言いたいかというと、傷んでいない髪がキレイに見えるものでもないということです。

まぁそれは置いといて。

髪への負担も少なくしつつ、パーマもストレートも楽しむ場合は、どちら一方にスタイルを決めておいて、状況に合わせてスタイリングがベストになるはずです。

 

縮毛矯正でもかけることができるパーマ

「縮毛矯正した髪にパーマは当てれるのか?」を美容師が分かりやすく解説

 きし
次に、縮毛矯正をしていてもできるパーマについてお話していきます。

つま

最近のパーマは進化していてかなり負担を減らしつつ、パーマに変えることもできます。

先にお伝えしますが、どちらのパーマも矯正しているストレートヘアをパーマヘアにすることができますが、

それぞれのパーマの本来の魅力を100%発揮することはできません。

つまり、パーマはできるものの、矯正が邪魔をしてイメージ通りにはパーマはできないことを念頭において読み進めてください。

 

上記でもお伝えしたように、縮毛矯正のアイロン操作が強力すぎて、普通のコールドパーマではほとんどパーマにならない、もしくはなったとしてもイメージ通りには100%ならないです。

【パーマの種類解説】「コールドパーマ」「デジタルパーマ」「エアウェーブ」を美容師が解説!【パーマの種類解説】「コールドパーマ」「デジタルパーマ」「エアウェーブ」を美容師が解説!

そんな矯正した髪にもできるパーマとは、縮毛矯正と同じような原理で行う「ホット系パーマ」なら可能です。

ホット系パーマならパーマスタイルも可能

 きし
ホット系パーマならば、縮毛矯正をしていてもパーマスタイルにすることは充分に可能です。

2つのホット系パーマについてお話していきます。別記事にもしているので詳しく知りたい方は記事を一緒に参考にしてくださいね。

デジタルパーマ

熱処理でかけるデジタルパーマはかなりおすすめです。

矯正とほぼ全く同じ原理でかけるため、かなり強力にかけられている矯正であってもパーマヘアにすることができます。

ただ髪への負担という意味では、矯正と同じかそれ以上はあると覚悟は必要となります。

デジタルパーマ

【デジタルパーマの仕組み】美容師が教える「デジタルパーマは傷みやすいのか」を解説【デジタルパーマの仕組み】美容師が教える「デジタルパーマは傷みやすいのか」を解説
エアウェーブ

空気の乾燥を使ったガラス化を利用したパーマです。

矯正と似た原理でかけるため、ある程度の矯正ならばパーマヘアにすることができます。

加えて細毛や猫毛などダメージになりやすいデリケートな髪に最小限の負担ですることができるパーマです。

ただデジタルパーマほどのパワーがないので、強力な矯正毛には不向きです。

エアウェーブ

美容師が「エアウェーブ」の特徴とデジタルパーマとの違いを解説美容師が「エアウェーブ」の特徴とデジタルパーマとの違いを解説
2つのパーマを紹介しましたが、たくさんの矯正毛をパーマにしてきた経験に基づいて、お話してみました。

もう一度言いますが、どちらのパーマも矯正しているストレートヘアをパーマヘアにすることができますが、それぞれのパーマの本来の魅力を100%発揮することはできません。

これは逆もしかりです。

どちらのスタイルにするか悩んでいる方はできるだけ、比率(比重)の多いヘアスタイルを選択して、すでに矯正をしてしまってパーマにしたいと考えている方は慎重に選ぶようにしましょう。

 

終わりに

【パーマの基本知識】美容師がパーマ理論分かりやすく解説!

 きし
縮毛矯正とパーマの相性についてまとめてみました。

つま

とくにくせ毛の方は矯正もかけたいけど、パーマもしたい、そんな方の参考になれば嬉しいです。
まとめ
  1. 縮毛矯正が強力すぎてパーマがかかりづらくなる
  2. 矯正とパーマを交互にしすぎないようにする
  3. ホット系パーマならかけることはできる

縮毛矯正が強力すぎて、パーマがかかりづらくなってしまいます。

パーマができないというわけではありません(髪の状態による)。

しかし、いくつかの注意点もあるので、髪の状態とヘアスタイルが重要になるので、美容師さんとコミュニケーションをとり、髪の状態を見極めましょう。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。