美容師おすすめのヘアケアセット

「縮毛矯正」をすると”ヘアカラー”しづらくなる原因と対策について解説

「縮毛矯正」をすると”ヘアカラー”しづらくなる原因と対策について解説

縮毛矯正をしたら、ヘアカラーが入りにくくなりますか?思っていた色にならなかったのですが…。

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

縮毛矯正とヘアカラーの相性が悪い原因と対策

くせ毛に悩む女性のほとんどは”縮毛矯正”をします。

しかし、それだけでは終わりません。やはり”ヘアカラー”もしたくなるのが女性だし、それがおしゃれというものです。

しかし、上記のような質問があるように、縮毛矯正とヘアカラーはとても相性が悪いものになっています。

なぜ、縮毛矯正とヘアカラーは相性が悪いのか?

縮毛矯正をしていたらヘアカラーはできないのか?

こういった疑問について美容師が、できるだけ理解しやすいようにお伝えします。

今回の記事では、失敗ために縮毛矯正とヘアカラーの相性の悪い原因と対策を分かりやすくお話していきます。

この記事で分かること

  • 縮毛矯正とヘアカラーとの相性が悪い原因
  • ヘアカラーをするテクニック
  • 美容師的アドバイス

 

縮毛矯正とヘアカラーが相性が悪い原因

「縮毛矯正」をすると”ヘアカラー”しづらくなる原因と対策について解説

 きし
まずは、なぜ縮毛矯正をすると”ヘアカラー”が染まりにくくなるのか?という原理についてお話していきます。

つま

縮毛矯正と同じくヘアカラーの原理も知る必要があります。

一般的なヘアカラー剤は、正式名称では「酸化染毛剤」と呼びます。

酸化染毛剤は、1剤と2剤の2種類の混合液で構成されていることがほとんどです。(中には3浴式ヘアカラーもあります)

目的としては…

  • 明るく染める
  • 暗く染める
  • 色を染める
  • 白髪を染める
などに使われています。

酸化染毛剤の内訳では、1剤の成分は酸化染料とアルカリ剤2剤の成分は酸化剤(過酸化水素)となっています。

アルカリカラーには、毛髪のメラニン色素を分解し、髪色を明るく(脱色)する働きがあり、そのあとに染料が髪に浸透し内部で結びついて染色(酸化重合)します。

ヘアカラーの混合液が髪に塗布されることで、化学反応が発生するようになって髪の色が変化してきます。

これがヘアカラー剤の染まる原理となりますが、この2つの仕組が縮毛矯正した髪には作用しづらくなります。

”脱色”や”染色”がしづらくなる

つま

縮毛矯正をすると、この2つの脱色や染色がしづらくなります。

ヘアカラーにおいて最も重要になる仕組みがこの2つです。

  1. 髪を明るくするなら”脱色”
  2. 髪に色を入れるなら”染色”

このいずれも縮毛矯正をするとしづらくなります。

その原因とは、縮毛矯正の時に行われるヘアアイロンによる”熱処理”が原因となります。

縮毛矯正の”タンパク変性”が原因

 きし
縮毛矯正をする時に使われるヘアアイロンによる”熱処理”が、髪の”タンパク変性”を引き起こします。これが原因となります。

ぼく達はお客様にお話するときによく”卵”の話を例えにだします。

実は、髪のほとんどは”たんぱく質”で構成されているために、卵とよく似ている、つまり…

「生卵を目玉焼きにする過程」と「髪をヘアアイロンをする過程」

はとても似ているのです。

目玉焼きを作る時は、フライパンを加熱して、温まると生卵を落とし、様子を見ていきます。強火であれば300℃近くあり、弱火なら200℃を下回ります。

ものの数分で卵黄は固まり、卵白は白くなります。さらに様子をみていくと徐々に黒くなり、どんどん硬く変形していきます。

何が言いたいかというと、これが髪に起こるタンパク変性になります。

熱する前の生卵に醤油をおとすと、白身の中まで醤油は浸透しますよね?しかし目玉焼きにすると浸透どろこか醤油を弾きます。

これは髪にも同じことがいえ、

  • 醤油=カラー
  • 目玉焼き=矯正後の髪

ということになるます。

まとめると、縮毛矯正した髪はタンパク変性によって硬くなり、ヘアカラーなど薬剤を弾いてしまうということなのです。

これが、矯正した後にヘアカラーが染まりにくい原因になります。

 

縮毛矯正をしている髪にヘアカラーをするテクニック

「縮毛矯正」をすると”ヘアカラー”しづらくなる原因と対策について解説

 きし
では、矯正した髪にはヘアカラーすることができないのか、といえばそういうわけでもありません。

つま

矯正した髪にも染める方法をいくつかお伝えしていきます。

上の方では原因についてお話しましたが、今度は縮毛矯正をした上はヘアアイロンによって、タンパク変性がおきてヘアカラーの効果がうすくなります。

とはいえ、全くヘアカラーができないわけでもなく、あくまでも”脱色しにくい状態”という表現が一番近いと考えます。

脱色しにくいというのは、要は明るくなりづらいということです。

例えば、8レベルのヘアカラーを矯正している髪にした場合、8レベルどころか6レベルほどにしか脱色できません。

何がいいたいかというと、矯正している髪は脱色ができないとうわけではなく、非常に脱色がしづらいということになります。

それを考えたところ、美容師的なアドバイスとしては3つ。

2つの対策と1つの注意点

  • ”リタッチカラー”で自然に明るくさせる
  • ”クリア(ライトナー)”を使う荒業もあるが…
  • ”ブリーチ”はNG

順番にお話していきます。

”リタッチカラー”で自然に明るくさせる

 きし
まずは、”リタッチカラー”で自然に明るくさせる。リタッチカラーとは、根本から新しく生えてきた髪だけを染めるテクニックです。

リタッチカラーは美容室専用のテクニックですが、縮毛矯正のようにダメージ毛orダメージ予備軍でもある髪の状態にはおすすめです。

「ヘアカラーしたいのに根本だけだったら、色は変えられないじゃない!!」

と言われそうですが、まさにその通りです。

色を変えずに、自然に明るくするのを待ちます。

どういうことかと言うと、髪は何もしていなくてもダメージになるのです。

ドライヤーの熱ダメージやヘアアイロン、シャンプーの摩擦や日々のお手入れ、紫外線や大気にふれるとかなんかでも…。

とはいえ、仕方ないので逆に、そのダメージを利用することによって髪を明るく見せることです。

髪はダメージになることによって、内部にあるメラニン色素が流出してしまい、ヘアカラーでする”分解(脱色)”に近い作用を起こします。

ポイント

  1. 1〜3ヶ月に一度にリタッチカラーをする
  2. 我慢することで自然に明るくなるのを待つ
  3. ダメージが最小限で矯正とカラーの共存がしやすい
  4. 希望の明るさになったら調整で全体にカラーをする

注意点としては、リタッチカラーをこまめにしないと色のムラがとんでもないことになります。

 

”クリア(ライトナー)”を使う荒業もあるが…

つま

クリア(ライトナー)を使って、明るくなりにくい矯正の髪を強制的に明るくするという荒業もありますが、ダメージになりやすいので注意です。
実は脱色はしにくいと言いましたが、矯正毛は染色は入りにくいものの脱色ほどではなく、簡単にいうと”色を明るくするのは難しいが、色を暗くするのは比較的簡単”というわけです。

まずはじめに、ライトナーで色を明るくします。ライトナーに関しては別記事にもしているので参考にしてください。

【ヘアカラーのクリア剤】美容師がクリアについて分かりやすく紹介【ヘアカラーのクリア剤】美容師がクリアについて分かりやすく紹介

脱色はしづらい状態なので、いつもどおりに明るくなるわけでもありませんが、できるだけ明るくなるようにします。

その明るくなった髪を暗くして希望の色付近まで調整します。

ポイント

  1. ライトナーでできるだけ明るくする
  2. その後希望の髪色まで落として調整する
  3. 髪の状態が大事

とはいえ、明るくするということは、ダメージにもなるし、色持ちも悪いのでどうしても明るくしたいなんて時にだけ使うようにしましょう。

あとは髪の状態によってオーバーダメージにもなる可能性もあるので注意が必要です。

 

”ブリーチ”はNG

 きし
最後に、基本的にはブリーチはNGです。前にも後にも”縮毛矯正”をすると考えているならしないことをおすすめします。

「ライトナーで明るくするんだったら、ブリーチで明るくする方が確実なんじゃない?」

という質問もいただいたことがありますが、

結論からいうと、

  • ブリーチ毛に縮毛矯正はかからない
  • 矯正毛にブリーチするとオーバーダメージになりビビリ毛になる

からです。

なぜかというと、ヘアダメージによって髪への負担が大きく、かつ矯正(ブリーチ)をする上での薬剤のパワーに髪が耐えれないからです。

別記事にもしていますので詳細はそちらを参考にしてください。

「ブリーチしている髪に縮毛矯正はできないのか?」という話

 

終わりに…

縮毛矯正コンテンツのまとめ

 きし
矯正とヘアカラーの相性の悪さを分かりやすくお話してみました。

つま

矯正とヘアカラーの共存は難しく、よく考え、髪の状態を見極めて施術する必要があります。
まとめ
  1. 矯正のタンパク変性が原因によってカラーがしづらくなる
  2. リタッチカラーがおすすめ
  3. ブリーチは基本NG

少しづつ明るくするというのが、美容師的にはおすすめで、正直なところどちらもキレイにというのはかなり難易度が高い感じになっています。

やはりどちらを優先させるかというのがかなり大事になります。

その上では、やはりヘアケアというのは大きなポジションを占めているので、髪は大切に扱うようにすることをおすすめします。

最後に、縮毛矯正ヘアケアにおすすめする3つの記事を用意したので一読してみてください。

縮毛矯正をやめるorアイロンをやめる、というよりも、しつつも”ヘアケア”を学ぶほうがキレイになります。それぞれの恩恵もあるはずなので。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。