【厳選ヘアケアセット】おすすめアイテム

「縮毛矯正をした後にトリートメントって大丈夫なの?」って疑問に答えてみる。

「縮毛矯正をした後にトリートメントって大丈夫なの?」って疑問に答えてみる。

質問なんですが、縮毛矯正をした後に髪を1日~2日は洗わないのが鉄則ですよね?で、縮毛矯正後にトリートメントをしている人とかいますが、なんであれは縮毛矯正した後なのに大丈夫なのでしょうか? 明らかに髪洗ってる感じなんですが…

1〜2日洗ってはいけないのに縮毛矯正してすぐトリートメントって大丈夫なんですか?回答よろしくお願いします

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

縮毛矯正後のトリートメントの疑問の解説

「縮毛矯正をした後にシャンプーをしないでください」

矯正をした方なら一度は言われたことがある言葉のはず。

シャンプーの中に含まれる洗浄成分が矯正したばかりのデリケートな髪には刺激が強くなるために、セオリーのようなものです。

しかし、シャンプーはダメだけど、トリートメントはダメじゃないの?と疑問を持つ人は実は少なくはありません。

そこで今回の記事では、縮毛矯正の後にトリートメントをする矛盾を感じている方のために矯正の後にシャンプーがなぜダメなのか、そしてトリートメントは?ということに美容師が分かりやすくお話していきます。

この記事で分かること

  1. 縮毛矯正の後にシャンプーがいけない理由
  2. トリートメントとの矛盾について
  3. 美容師的なアドバイス
 

縮毛矯正の後にシャンプーがいけない理由

「縮毛矯正をした後にトリートメントって大丈夫なの?」って疑問に答えてみる。

 きし
まずは、なぜ縮毛矯正の後はシャンプーをしない方がいいのかお話します。

つま

普段、矯正されている方はぜひ復習していってくださいね。

最近のシャンプーは進化しているため、かなり優しいものになっています。

とはいえ、汚れをとるために様々な成分で構成されています。もともとは頭皮を清潔に保つためのアイテムなので当然です。

何が言いたいかというと、頭皮の汚れをキレイにするためのパワーが矯正後の不安定状態の髪にダメージの原因になります。

縮毛矯正後は髪がデリケートになっている

つま

そもそも、なぜ矯正の後にシャンプーをしてはいけないのかというと、矯正の後の髪はとてもデリケートな状態になっているからです。

矯正を超シンプルに説明すると、薬剤で髪のpH(ペーハー)を強制的に”アルカリ性”に寄せ髪の中にある”結合”の切断します。

その後にヘアアイロンで熱処理にて髪を真直ぐにして、再び薬剤で切断した結合を繋ぎ合わせ、アルカリ性に寄せた髪を再び”酸性”に寄せていくという技術です。

つまり、髪にはかなりの負担になるために、矯正がした髪はキレイには見えていますが、実はとてもデリケートで不安定な状態になっています。

「でも一体何が不安定なのか」というと”結合”です。

切断や再結合をした結合はとても不安定な状態で、薬剤で繋いだといえども、やはり時間が必要で約48時間はあまり刺激のあることをしない方がいいのです。

そのため、できるだけ刺激を減らすことがセオリーとなっているのです。

シャンプーにある”界面活性剤”が髪の状態を不安定にさせる

 きし
主には、シャンプーにある界面活性剤という成分が髪の状態を不安定にさせます。

矯正の後の不安定な状態にシャンプーをすることによって、どうなるのかとうと、「ダメージ」や「スタイルの持ちの悪さ」に繋がります。

シャンプーに含まれる成分(主に界面活性剤)が不安定な状態の結合にダメージを与えてしまいます。

シャンプーをするリスクポイント

  • 矯正後48時間は髪が不安定
  • その間はシャンプーは控えた方がいい
  • ダメージ・スタイルの持ちの悪さに繋がる
とはいえ、シャンプーをしたからといって、すぐにダメージになったり、矯正した髪にいきなりくせがでるといったこともなく、あくまでも数ヶ月後に結果としてあらわれるが、実証のしようもないため、それほど危険性はないとも考えられています。

そもそも、2日間(48時間)シャンプーを我慢できるのか?

と言われると賛否両論です。

ぼく自身もかなり際どいところです。

そのため、あくまでも自身で妥協点をどこにおき決めるのかが大事になると考えています。

 

縮毛矯正の後にトリートメントは大丈夫なのか?

「縮毛矯正をした後にトリートメントって大丈夫なの?」って疑問に答えてみる。

 きし
では、本題でもある矯正後にトリートメントは大丈夫なのか?についてお話していきます。

つま

シャンプーはダメなのに、トリートメントはいいの?なぜ?って疑問に思っている方に向けてお伝えしていきます。

結論から言うと、トリートメントには全くといっていいほど刺激のあるような成分はないため、使うことに問題はないと考えていますし、実際に使ってきた経験上間違いないと言えます。

とはいえ、それ以外のダメージ要素もあるため、全くダメージがないわけではありません。

色々とまとめてみると…

ポイント

  1. トリートメントでは刺激が強い成分が入ってはいない
  2. サロンケアもほとんどが問題はない
  3. しかし、そもそも濡らさない方がいい
順番にお話していきます。

トリートメントでは刺激が強い成分が入ってはいない

つま

ヘアトリートメントには刺激の強いという成分が一切ないため、使うことに危険性はありません。

実は、トリートメントにも界面活性剤は入っていますが、それはシャンプーと違って洗浄成分のあるものではありません。

つまり、トリートメントには矯正後のようなデリケートな髪にも使えるものです。

しかし、そもそも濡らさない方がいい

 きし
しかし、そもそも”濡らさない方がいい”いうのも一つの見解でもあります。

非常に極論にもなりますが、髪を濡らさいのが一番です。

髪を濡らすことによって、以下のようなダメージのリスクを抱えることになります。

  • 摩擦が起こりやすくなる
  • 濡らすことでキューティクルが開きダメージに繋がりやすい
  • ドライヤーをかけないといけない
髪を濡らすことによって、表面にある”キューティクル”という皮のようなものが開くようになります。

このキューティクルは乾かすなど、熱処理を行うことによって閉じてくれて髪を守ってくれたり、髪の水分を逃さないようにしくれる役割がありますが、

不安定な矯正後の髪を、より不安定にさせてしまいます。

サロンケアは全く問題はない

つま

サロンケアとは、美容室でされるサロントリートメントです。
 きし
矯正の後にトリートメントを提案されることもあるはずですが、これは全く問題はありません。

サロンケアでは、矯正の後に残留している薬剤を除去してくれるものがほとんどです。

そのためダメージを減らすならすべきです。

しかも、髪をさまざまなダメージ的要因から守る役割もいいので、する機会があるのなら積極的にすべきだと考えています。

 

とはいえ、ここまでお話してみると我慢我慢ばかりの話になっていますが、実際には自分のラインを引いて決めるのが一番だと考えいています。

シャンプーはしたいけど、できるだけ危険だと言われることはしたくない、というのが本音です。

そのため、ぼくの場合はいくつかの提案をするようにしています。

  1. 48時間濡らさすこともせず我慢する
  2. 1日我慢して2日目からトリートメントをする
  3. 1日1回濡らしてトリートメントだけする
  4. 1日だけ我慢して2日目からシャンプーをする
  5. 1日目からシャンプーをする

この5つです。上から順にリスクが大きくなります。

結局のところ、してもとれるわけでもないので、矯正の持ちを少しでもよくしたい、ダメージにしたくない、という想いとのパワーバランスで決めると良いでしょう。

 

終わりに…

縮毛矯正コンテンツのまとめ

 きし
矯正後にする”シャンプー”と”トリートメント”の違いについてお話してみました。

つま

シャンプーは極力控えた方がいいですが、トリートメントは全く控える必要はなくむしろしてあげるべきヘアケアです。
まとめ
  1. 基本的には48時間は髪は丁寧に扱う
  2. 自宅でのシャンプーは基本的に控える
  3. 自宅でのトリートメントはしても問題はない
  4. とはいえ、極力しない方がいい
  5. 濡らすことに付属的なダメージが問題
  6. サロンケアは積極的にしたほうがいい

実際のところ、シャンプーはしたところで矯正がとれるというようなことはありません。

しかし、数ヶ月後の矯正の持ちが大きく変わります。

つまり、シャンプーはしてもいいけど、しない方が矯正の持ちが大きく変わるということです。しかし、トリートメントには全くそういった成分は入っていないので、安心して使ってください。

と、言いたいところですが、実は濡らすこと自体は控えた方が良いです。

とはいえ、これは極論です。

我慢できるか、我慢できないか、は人それぞれなのでその辺りはお好みでということになります。

最後に、縮毛矯正ヘアケアにおすすめする3つの記事を用意したので一読してみてください。

縮毛矯正をやめるorアイロンをやめる、というよりも、しつつも”ヘアケア”を学ぶほうがキレイになります。それぞれの恩恵もあるはずなので。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。