最強のシャンプーランキング30選

「アホ毛」や「切れ毛」対策に縮毛矯正はできるのか?という質問に答えてみた!

3 min

普段はストレートですがたくさんアホ毛が出ているので悩んでいます。あと雨の日や水に濡れたら髪がうねったり普段以上にアホ毛のようなパサパサした髪がたくさん出てきます。こういう髪でも縮毛矯正はかけても大丈夫でしょうか?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

アホ毛対策に縮毛矯正はおすすめなのか解説

「スタイリングしていてもアホ毛がでてきてヘアスタイルが決まらない!」そう悩む人も少なくはありません。実際によく相談される内容の1つでもあります。

いくらキレイなストレートスタイルにしたり、キレイな巻き髪をしても、アホ毛が直らないと気分が下がりますよね。「どうにかしてこのアホ毛を直したい…」そんな時にはアホ毛を改善する、対策や方法を使うことで仕上がりがかなり変わってきます。

そこで、アホ毛に悩む方に向けて当記事では、アホ毛を抑える対策方法に縮毛矯正が最適なのか、美容師が分かりやすくお話していきます。

手っ取り早くあほげを抑える対策を見たい方はこちらをどうぞ。

あほげを抑える方法にはシャンプー洗い流さないトリートメントヘアマスクといったヘアケアが非常に効果的です。とはいえ全てをまとめるとボリュームが大きすぎるので、別記事にまとめています。ご自身の悩みに合わせてご参考ください。全てを理解するためには当記事を読み進めてください。

この記事の著者

美容ブロガー

きし かずき

Kazuki Kishi

PROFILE
プロフィール


運営者は、美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

あほげや切れ毛対策に縮毛矯正は最適か?

では本題でもある、アホ毛に縮毛矯正は最適かについてお話していきます。

きし

きし

やはり、最適かどうかは人によります。そのため、さまざまな視点でお伝えするので、自分に最適かどうか判断してください。

ゆきな

ゆきな

上記でお話した通り、切れた毛や切った毛、枝毛などが、乾燥やくせ毛によって広がる状態がアホ毛の正体です。

つまり、乾燥やくせ毛を改善することがアホ毛の対策に最適という判断になります。

ということは縮毛矯正はアホ毛対策には最適という考えになります。

とは言え、縮毛矯正をかければアホ毛が解消はされるが、そうなってくるとストレートヘア限定になってしまうことになります。

そのため、どうしてもスタイルによって変わるということになります。

縮毛矯正をするメリット

縮毛矯正をするメリットとしては、ストレートヘアに限定されてしまうといことが大きなポイントになります。

  1. ストレートヘアになりアホ毛がなくなる
  2. 乾燥やくせ毛によるボリュームが緩和される
  3. スタイルのまとまりが生まれる

結果としてはアホ毛を解消する有効な手段とも言えます。強制的にくせ毛だけでなくアホ毛もストレートにするので、表面にでてくる髪もキレイにしてくれます。

縮毛矯正をするデメリット

しかし、逆にデメリットとしてアホ毛を抑えるために強制をするにはスタイルが限定されてしまうことにもあります。

  1. ストレートヘアしかできない
  2. 丸みのあるヘアスタイルがしづらい
  3. 髪の負担にもなる
  4. ダメージが大きいと効果がない

デメリットを具体的にまとめてみましたが、メリットよりもデメリットの方が多いです。

さらにお話すると、ストレートヘアにしかできない上に、丸みのあるヘアスタイルがしづらくなり、髪の負担にもなります。

そうなってくると、「アホ毛を解消したいから縮毛矯正する」と安易に決めれるものではなくなります。

結論として…

結論としては、アホ毛対策としては縮毛矯正はピッタリなんじゃないかと考えています。とはいえ髪質や状態によってはしない方がいいとも言えます。

ゆきな

ゆきな

  • 髪質による
  • 髪の状態による
  • 髪のダメージ具合いによる
  • したいヘアスタイルによる

この中で、自分に合うのかどうかを検証すべきところです。

まとめると、アホ毛対策に矯正は最適にはなるが、したいヘアスタイルや、髪質や状態によっては最適ではないということです。

どちらを優先するかということですね。

個人的な見解としては、「とにかくアホ毛を優先して解消したい!」というならば矯正は最適ですし、かといってスタイルをあんなにしたい、こんなにしたいなどがあるのならば、違う対策を考えた方がいいとういことです。

ストレートパーマでは弱い

注意点としては、「縮毛矯正」と「ストレートパーマ」は違うことです。

  • 縮毛矯正は、髪を矯正してうねりやくせをまっすぐにする
  • ストレートパーマはパーマやボリュームを落とす

つまり、ストレートパーマにはアホ毛や切れ毛を対策するほどのパワーはないため、美容院・美容室で注文する際には気をつけましょう。

表面だけでも効果ある

矯正は最適とありますが、表面のアホ毛や切れ毛だけを対策するのもおすすめ。全体に矯正をしてしまうことでデメリットもありますが、表面だけならばデメリットも緩和されます。

当然メリットも弱くなりますが、対策としては十分すぎる効果があります。

矯正をする施術時間も、美容院や美容室での価格も下がるはずなので、違う方面でのストレスフルになります。

短いスタイルならスタイリングで直すのもあり

個人的な考えではありますが、くせ毛やうねりなどが気にならないなら、スタイリング剤、例えばヘアワックスやヘアスプレーで改善するのもありです。

矯正で改善するのは最適ではありますが、デメリットもあります。そのためスタイリングで直してしまうのも一つの手段です。

  • 揮発性の高いソフトワックス
  • 保湿性の高いソフトスプレー

などで、

などで、スタイリングすると即効性もあっていいです。もちろんシャンプーすると落ちるので毎日しなければいけませんが、慣れると30秒ほどでできるスタイリングです。

あとがき

「アホ毛対策に矯正は最適なのか」というと最適だと考えています。

きし

きし

とくに、ほとんどはくせ毛からの派生になっていることが多く、アホ毛の対策や予防になるはずです。

ゆきな

ゆきな

まとめ
  1. アホ毛の原因はくせ毛からの切れ毛が原因
  2. 縮毛矯正はアホ毛の予防と対策になる
  3. 結果的にアホ毛に最適

という感じになりました。

やはり、アホ毛の対策だけでなく、これからの予防にも繋がるといった意味でも、かなり最適だと考えています。

当然ながら縮毛矯正をするとストレートになるので、表面にでてくるアホ毛などは激減するはずで、かなりおすすめです。

とはいえ、ストレートヘア以外はできないため、したいヘアスタイルと相談しながらすべきなので、全てにおいて最適かと言われるとそういうわけでもないので、あくまでも一つの意見として参考にしてくださいね。

岸 和希

岸 和希

運営者

きしろぐ運営者。美容業界にて15年以上従事、累計500件以上の美容アイテムを使用。髪に関することが得意。、シャンプーや、トリートメントワックスなどのレビューもしています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事